コラム/インタビュー

2020/05/26

スカイプ面接のやり方って?用意するもの・手順・注意点などを解説!

コロナの影響で急激に一般的になったスカイプ面接。以前は外資系企業が海外の本社から採用試験をするための手段という印象でしたが、昨今の状況を受けて日本企業も取り入れ始めています。

この急激な変化に、「直接会って話すものと思っていたのにオンラインでなんてどうやったら良いか分からない……」と悩む方もいるでしょう。実際、準備をおろそかにしてしまうとうまくいきません。

しかし、慣れてしまえばとても便利なのも事実。遠方まで移動しなくて良く、用意するものも少なくて済みます。時代はどんどんオンラインに切り替わっていますし、もし苦手意識があるならここで断ち切りましょう。

本記事ではスカイプ面接について、その概要や準備・用意するもの、適した場所・服装、当日の流れと手順、注意点とコツをお伝えします。

スカイプ面接とは

そもそもスカイプ面接とは何なのでしょうか。

スカイプとは、アプリをインストールしたパソコンやスマホ同士であれば、世界中どこにいてもオンラインで会話できるサービスです。インスタントメッセージやファイルも送れ、全て無料で使用できます。

このアプリを使った面接のことを、スカイプ面接といいます。通常の面接との大きな違いは、当然ながら面接官と就活生が直接顔を合わせない点です。

スカイプ面接で聞かれる内容は対面と同じ

スカイプ面接で聞かれる内容は、基本的に対面と同じです。事前に用意すべきものも同様ですので、自宅だからと気を緩めず、周到に準備しておいてください。

通常の面接での選考と違う点があるとすれば、グループ面接はあまりなく、基本は1対1です。思う存分アピールしましょう。

スカイプ面接で準備・用意するもの

さて、実際にスカイプ面接をするとなると、そのための準備が必要となります。

それを怠ったせいでスカイプ面接が受けられないなどの状況になってしまっては元も子もありません。確実におさえておきましょう。

アカウント(スカイプID)

まずは、スカイプIDと呼ばれる自分のアカウントです。これがなければスカイプは始められないので、すぐに作っておきましょう。スカイプIDは自動的に割り当てられ、自分で指定したり登録後に変更したりはできません。

取得のおおまかな手順は以下の通りです。

①スカイプのアプリをダウンロード
こちらのウェブサイトからダウンロードできます。パソコンとスマホを選ぶ画面では、自分が使用する予定のデバイスを選択してください。

②ファイルを解凍してインストール

③電話番号かメールアドレスを入力し、手順通りにアカウント(=スカイプID)を作成

アプリを入れているだけでは通話できませんのでご注意ください。インストールした際にアカウント作成までしてしまうのがおすすめです。

もちろん、すでにアカウントを持っている人はそのまま利用できます。

マイク・イヤホン

マイクとイヤホンもスカイプ面接用に準備しておきましょう。多くは組み合わせてヘッドセットとして売っており、1,000円台でも購入できます。

「自分のパソコンにはマイクもイヤホンも付いているから必要ないのでは?」と感じるかもしれません。

しかし一般的に、内臓されているものよりも外付けの方が高性能なため、面接をスムーズに進められます。スカイプ面接を受ける機会は一度や二度ではないでしょうし、社会人になっても遠隔で会議を行う際に利用する場合がありますので、買ってしまうのも手です。

たとえばあなたが面接官だとします。そのとき、相手の学生が「あまり良く聞こえないこともあるようだが仕様だから仕方がない」という態度なのと、「あまり良く聞こえない可能性に備えてマイクとイヤホンを準備しておいた」という態度だったら、どちらを採用したいと思うでしょうか。きっと後者の方ですよね。

たかだかスカイプ面接と感じるかもしれませんが、ここへの向き合い方ひとつ取っても仕事に対する姿勢が浮き彫りになるものです。せっかく良い内容を話しても聞こえなければ意味がなく、万全の態勢で臨めるようにしておきましょう。

また、スカイプ面接は多くの場合30分~1時間程度かかります。イヤホンの方が聞こえがいいぶん無駄に集中力が削がれずに済みますので、そういった意味でもおすすめです。

パソコン

スカイプ面接を受けるにはパソコンがおすすめです。準備できるようであればしておきましょう。

スマホでもスカイプは使えますが、スマホを手で持ちながらスカイプ面接を受けていると画面が揺れ、面接官が内容に集中できない可能性も。

どこかに立て掛けるなどしても、何かのはずみで傾いたり倒れてしまうかもしれません。安定感のあるパソコンだと安心です。

パソコンがない!スカイプ面接はスマホOK?

準備の段階でパソコンが必要とお伝えしましたが、持っていない人もいますよね。パソコンが家になく、学校のパソコンで就活をしていた場合は、「スカイプ面接用に買わなければならないのかな?」と考えるでしょう。

はたしてスカイプ面接はスマホOKなのでしょうか。

結論としては、スカイプのアプリを問題なく使えるならデバイスは何でもOKです。パソコンを持っていないから受けられないということはありません。しかし、基本的にはパソコンを推奨します。

企業側は学生もパソコンを使用すると考えているのが一般的です。また音声や画像の安定性や、画面が大きく面接官の表情の変化が分かりやすい点でもパソコンがおすすめ。

しかしパソコンは高い買い物ですし、各々さまざまな事情があると思うので、今後も使うと思えば用意すれば良いくらいの考え方で問題ないでしょう。

もしパソコンを用意できず、スマホでスカイプ面接を受ける場合には、スマホを手で持って面接を受けるのは厳禁です。手で持って面接を受けると、画面が揺れたり、自分を写すことに必死になったりと、話している時の仕草や表情が伝わりにくくなってしまいます。

スマホを手で持って面接を受けて、画面が揺れるなどしていると、企業によっては準備不足と判断される場合もあるかもしれません。

このような事態を防ぐため、必ず事前にスマホを三脚などで固定しておきましょう。スカイプを立ち上げ、自分のバストアップが写るくらいの角度で調整してください。

スカイプ面接の場所は自宅の部屋がベスト!

スカイプ面接の場所は自宅の部屋がベストです。窓が薄い場合は、できるだけ外の騒音などが入らない場所を選びましょう。

また、スカイプ面接で問題となりやすいのはインターネットの接続不良です。もっとも安定しているのは有線での接続なので、LANケーブルがあればそちらを使って下さい。

ない場合はルーターの近くなど、電波の強い場所にしましょう。当日になって慌てないよう、必ず事前にインターネットが安定してつながる場所を見付けておいてください。

スカイプ面接に適した服装は?

スカイプ面接に適した服装は、もちろんリクルートスーツです。あるいは、企業の指定の服装があればそちらに従いましょう。

画面越しでそんなに見えないからいいやと思わず、通常の面接同様きれいなジャケットとシャツを着用しましょう。自宅で行うとなると何となく気持ちがだらけてしまう人もいるかもしれませんが、髪型もぴしっと決めてください。

パンツやスカートは写らないから別にいいかな?と思う気持ちも分かりますが、面倒くさがらずにはきましょう。パソコンのカメラとはいえ性能は年々上がっており、相手には思いのほか細かい部分まで見えているものです。また広角レンズの場合は普通に写ってしまう可能性もあります。

部屋着で受けていて万が一見えてしまったら大変ですので、下も必ず着替えておいてください。

スカイプ面接当日の流れ・手順

それでは実際にスカイプ面接をするとなった場合、当日の流れや手順はどのようになるのでしょうか。順を追ってご説明します。

1:身だしなみを整える

スーツや髪型は整っているか、鏡でチェックしましょう。女性はメイクの状態も確認してください。

2:10分前までにはスタンバイする

スカイプ面接開始時間の10分前には、身支度とスカイプの準備を整えてスタンバイしましょう。このくらいのタイミングですと、心に余裕を持って臨めます。

3:メッセージを送る

スタンバイできたらメッセージを送り、挨拶をしてこちらがスタンバイOKなのを伝えます。

あまり早くても相手を急かしてしまいますので、スカイプ面接開始時間の5分くらい前がちょうど良いでしょう。

4:スカイプ面接を開始する

メッセージを送ると、面接官からもスタンバイOKの返信が来ます。そちらを確認したら、通話を発信しましょう。

場合によっては面接官の側から着信があるかもしれません。そのときは普通に電話を取り、スカイプ面接を開始してください。

慣れない人にとって最初は難しいかもしれませんが、通常の面接と同様、明るく元気にはきはきと話すのがコツです。

5:面接を終了する

通常の面接と同じく、面接官に時間をもらったことへの感謝を伝えて終了しましょう。

スカイプ面接が終わっても、切る瞬間まで面接官はあなたを見ています。最後まで気を抜かないよう注意してください。

スカイプ面接で気をつけることは?注意点やコツを紹介

実際の手順を説明してきましたが、スカイプ面接だからこそ気を付けなければならないことはあるのでしょうか。本章では、注意点やコツをご紹介します。

開始時間の10分前にはログインしておく

開始時間の10分前にはログインしておきましょう。あるいは何分前にログインすると指定がある場合は、その時刻の10分前にはスタンバイ完了しておいてください。

気持ちの面だけでなく、物理的な事情もあります。長らく立ち上げずにいて久し振りにログインした場合、突如システムのアップデートが始まるケースも。早めなら万が一そのようなことが起こっても焦りません。

またスカイプ面接開始時刻ちょうどにログインしてしまうと、面接官の方が先に入っている場合があります。面接官の後で入っただけでも遅刻ととらえられてしまう可能性がありますので、早めにログインしておくと安心です。

言うまでもありませんが、スカイプ面接開始時間やログイン指定時間は早めに確認しておいてください。

プロフィール写真と表示名を変えておく

就活にふさわしいプロフィール写真と表示名に変えておくのも大切です。

日常的にスカイプを使っている人は元から設定してあると思いますが、就活に支障のない写真や表示名になっているかチェックしておきましょう。

基本は自分の写真で設定するのが望ましく、ペットや好きな芸能人などにしている人は直してください。自分の写真にしても、あまりふざけていると人格が疑われます。面接は第一印象で決まると言いますが、スカイプ面接において面接官が最初に目にするあなたの姿はプロフィール写真です。

直したいときは、自分のプロフィール画像をクリックするとデバイス内のアルバムが表示されるので、その中の任意の写真を選ぶと新しいプロフィール写真になります。

スカイプIDは自動的に割り当てられるため変更できないとお伝えしましたが、表示名は任意で変更可能ですので、本名に変えておきましょう。プロフィール画面の編集ボタンで更新できます。

音量やカメラの設定を事前に済ませておく

音量やカメラの設定を事前に済ませておくのも大切です。まず音量については、小さいと当然ながら相手の声が聞こえず円滑に進みません。少し大きめくらいに調整しておきましょう。

カメラの設定はあなたの印象を左右するカギとなります。できるだけ何も写らない背景を選んでください。採用試験にふさわしくないものが画角内に写り込んでいないかもチェック。

また光の当たり方にも注意しましょう。顔に影がかかっていると暗い印象を与えますし、顔色が悪く見えると不健康ととらえられてしまいますので、自然な明るさを演出してください。可能であれば、斜め前から太陽光を受ける角度にカメラを設置するのがおすすめです。

面接中はカメラを見て話す・聞く

スカイプ面接中は、徹底してカメラを見て話したり聞いたりしましょう。

一般的に、終始カメラ目線でいるのには慣れていないと思います。すると、ついつい相手が映っている画面を見がちになる傾向が。

しかし、スカイプ面接では画面から受け取る情報が全てです。通常の面接でも面接官の目を見るようにと言われますが、それ以上に注意しましょう。また、少し前傾姿勢にするとヤル気を演出できます。

メモを用意している場合もあるかもしれませんが、あまりメモばかりを見ていると「この学生は目を見ないで話すのだな」という印象を与えてしまいます。言わずもがな、メモを読み上げながら話すのはNGです。通常の面接でそんなことはしないですよね?オンラインになっても基本は同じと考え、目線に気を付けましょう。

SNSなどの通知をオフにしておく

SNSなどの通知がオフになっているか確認しましょう。

オンのままですと、話している間に「ピコリン♪」と余計な電子音が鳴り、それは相手にも聞こえてしまいます。また時報のピピッという音や、切り忘れたアラームが発動した音なども同様です。会話が途切れる原因になりますので、気を付けましょう。

とりわけ危険なのがLINEの通知。スタンプや短文が連続で送られてくると、そのぶん何度も音が鳴ってしまいます。

こういったことが起こると、会話に重なって聞こえにくくなるだけでなく、面接に臨む態度から疑問を持たれる可能性がありますので、必ずオフにしてください。

デバイスは十分に充電しておく

事前にデバイスは十分に充電しておいてください。

経験のある人は分かると思いますが、オンラインでつないでいるとかなりのスピードで電池を消費します。残量がぎりぎりになってしまい、焦って「早く終われ……」などと思いながら面接をしていると態度にも表れてしまいます。

集中できる環境作りのためには、必ず事前に100%にしておきましょう。可能であれば、スカイプ面接の間もずっと充電しながら受けるのがおすすめです。

音声が途切れた時は素直に言う

音声が途切れた時は素直に言うようにしてください。

それを言いづらいと感じるがために、適当にあいづちを打ったり想像で回答したりすると、話がかみあわずに信用度が下がってしまう場合があります。

オンラインで行っているので、通信が途切れてしまうのは仕方のないことです。もっと言えば、通信不良は自分の側でなく企業側で起こっている可能性もあります。

もし聞こえなかったときは、「恐れ入りますが、いま音声が遠くなってしまったため、○○のところからもう一度お話しいただいてよろしいでしょうか?」と気軽に言ってみましょう。

スカイプ面接対策や練習に就活エージェントを利用しよう!

ここまでスカイプ面接について解説してきましたが、慣れていないから事前に練習したいと感じる人もいると思います。

そこで活用したいのが就活エージェント。一人一人に専属のキャリアアドバイザーが付き、ES添削や志望動機のまとめ方などを教えてくれ、就職先もあっせんしてくれるサービスです。それだけでなく面接の練習もしてもらえます。

現在はコロナの影響でカウンセリングもオンラインのみとしているところが多いですが、逆にオンラインだからこそスカイプ面接の練習もできます。対策したい人にはチャンスです。

学生は全て無料です。ぜひ利用してみてください。おすすめを2つご紹介しますので、どこがいいか迷ってしまう人はまずこちらに登録してみましょう。

JobSpring

JobSpringは、AIマッチングとキャリアアドバイザーのチーム体制で手厚いサポートが受けられる就活エージェントです。

キャリアアドバイザーが気さくで話しやすいというクチコミが多いので、気軽に相談してみましょう。就活で知っておきたいWEB面接の対策ポイントも教えてもらえます。

キャリアチケット

キャリアチケットは、多数の学生を見てきたキャリアアドバイザーが、受かる面接ノウハウを教えてくれる就活エージェントです。

内定率が1.2倍になる面接対策プログラムが用意されているので、面接に不安がある人は一人で悩まず、ぜひ相談してみてください。

まとめ:初めてのスカイプ面接でも緊張せず普段どおり臨もう

今回はスカイプ面接について、その概要や準備・用意するもの、適した場所・服装、当日の流れと手順、注意点とコツをお伝えしました。

スカイプ面接は通常の面接よりも簡単に受けられるものの、直接顔を合わせないことによる注意点があるとお分かりいただけたのではないでしょうか。

事前に揃えておかなければならないものがあり、見せ方を良くするにはカメラの細かい調整も必要なので、早めに準備をしておいてくださいね。

とはいえ、誠意を持って本番に臨むのは通常の面接と同じです。スカイプ面接だからといって気負わず、普段どおりに自分をしっかりアピールしましょう。