コラム/インタビュー

2020/05/12

例文付き!自分の強みの効果的な表現方法や分析の仕方とは?

あなたは自分の強みを理解していますか?

「あなたの強みを教えてください」、あるいはちょっと言い換えて「あなたの長所を教えてください」と、ほとんどの企業がESや面接で聞いてきます。

この質問がされるとわかっている以上、事前に回答を用意しておかない手はありません。強みは一番のアピールポイントといえますから、適切な回答ができれば、企業から高評価をもらえるでしょう。

本記事では、自分の強みを見つける自己分析の方法と、効果的な答え方を解説していきます。

企業が「自分の強み」を聞く意味とは


「あなたの強みは何ですか?」という質問に対して、多くの就活生は、ただ自分が自分で優れていると思うところを答えがちです。
間違いではありませんが、適切でもありません。面接官の意図を汲み取った回答になっていないからです。
そこでまずは、企業が強みを聞いてくる理由を解説します。以下のポイントを押さえたうえで内容を組み立てていきましょう。

会社に入ってどんな活躍ができるかイメージするため

1つ目は、会社に入った後にどんな活躍ができるのかをイメージするため。

企業は採用活動を通じて、未来の戦力を獲得しようとしています。ですから、応募者の将来像は、企業側にとって非常に重要なのです。

あなたの強みが、どんな業務でどう発揮されるのかイメージしやすい回答をすると、面接官も具体的な将来像を想像しやすくなるでしょう。

人となりを知るため

2つ目は、人となりを知るためです。

当たり前ですが、入社後は多くの社員と協力しながら仕事を進めることになります。なので面接官は、あなたの性格や特徴が社風と合っているのかを選考段階で確認します。

どんなスキルや情熱を持っていたとしても、会社の風土とあっていなければその力は発揮されにくいです。この点をクリアするために、社風や従業員の傾向を事前にリサーチしておくことが重要といえます。

面接で聞かれる「自分の強み」への答え方とは

次に、「あなたの強みは何ですか?」と聞かれたときの、答え方のポイントをいくつか紹介します。

特別な能力や経験でなくても良い

1つ目は、特別な能力や経験でなくても良いので、自信をもって話せる内容にすることです。

強みが活きた経験を話すときに、何かの大会で優勝した話や、研究で賞を受賞した話をしないといけないと考えていませんか?

そんな必要はありません。優勝できるのも表彰を受けるのも、本当にごく一部だけ。過去の成績に引け目を感じず、あなた自身が積み重ねてきた努力や、周りに与えてきた影響を振り返ってみましょう。

あなたが自信をもって話せる経験こそ、あなたの強みなのです。

志望企業に適応した特徴や持ち味を説明する

2つ目は、志望企業に適応した特徴や持ち味を説明することです。

求める人物像が各企業で異なるように、どんな強みを持った人が欲しいのかも多種多様。各企業がどんな人を求めているのかを意識して、あなたの強みの中で最適なものを伝えましょう。

例えば、コミュニケーション能力を求める企業に対して、コツコツした作業ができる緻密さをアピールしてもあまり響きません。それよりも、人とのつながりや、コミュニケーションに関する強みを伝えたほうが効果的です。

このように、志望企業に合った強みを見つけて伝えるのがポイントです。

エピソードをもとに特徴や持ち味を表現する

3つ目は、エピソードをもとに特徴や持ち味を表現することです。

面接において、何を伝えるにしてもエピソードが重要になります。「粘り強さが強みです」や「周りを巻き込むのが長所です」とだけ伝えても、実際にどのような場面で発揮され、どんな影響があったかの裏付けがないと信ぴょう性が生まれません。

面接では、自分の強みに付け加えてその強みが活きたエピソードも話しましょう。

業務での活かし方を伝えよう

最後は、業務での活かし方を伝えることです。

先述の通り、企業は入社後の働きぶりを知りたがっています。そこで、自分の強みが仕事でどう活きるのかをあなたから伝えて、企業にイメージしてもらいましょう。

また、自分の強みの業務への活かし方を伝えることは、入社後のビジョンまで抱いている点で面接官に好印象を与えるので、忘れずに話したいところです。

自分の強みは何?自己分析の仕方とは


続いて、自分の強みを見つけるための自己分析の仕方を解説します。

身近な人に自分の強みを聞く

1つ目は、身近な人に自分の強みを聞く方法です。

この方法は、自力ではなかなか自分の強みがわからないという人におすすめ。なぜかというと、客観的な意見がもらえるからです。自分自身の主観的な意見だけでなく、周りからの客観的意見も取り入れることで、気づいていなかったあなたの強みを知れます。

日ごろから一緒に過ごす時間の長い友人や先輩は、あなたのことをよく知っているはずです。積極的に、自分の強みは何か聞いてみましょう。

過去の体験から見つける

2つ目は、過去の体験から自分の強みを見つける方法です。この方法のコツは2つ。

1つは、他者から過去に言われた言葉を思い出すことです。部活の仲間やバイト先、友人などから褒められたり、感謝されたりした経験はありませんか?周囲の人から評価されるような時には、あなたが周りに良い影響を与えていたはずです。その経験から、あなたの強みを探ってみましょう。

もう1つは、実力から考えることです。強みというと「行動力」や「協調性」といった性格の部分を考えがちですが、スキルも立派な強みです。例えば、英語の勉強を頑張ってきてTOEICのスコアが950点あるならば、その英語力は立派な強みになります。

企業が求める能力や資質を調べる

3つ目は、企業が求める能力や資質を調べる方法です。

自分の強みが見つからない場合は、逆に「企業がどのような人材を求めているのか」から逆算して考えてみるのも一つの手。責任感のある人材を志望企業が求めているのであれば、自身が責任感を発揮した経験は何かなかったのか振り返ってみましょう。

この方法ですと、企業ごとに自身の強みを変える必要があるものの、欲しい人材に合わせてアピールできる点が効果的です。

自分の強みの具体例


ここまで解説してきた内容を踏まえ、自分の強みを伝える例文を具体的に挙げていきます。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

責任感の強さと行動力をアピールする例

私の強みは、思い切りの良さと責任感だ。
○○という学生NPO団体に所属し、2年間企業への営業活動を行っていた。活動を続ける中で組織の財務領域に対する問題意識が芽生え、2年間続けた営業を退き幹部として財務の改善を目指すことに。
当初は財務の経験も知識もなかったため、関連図書を読んだり、有識者に教えを仰いだりするなど、畑違いの領域でも経験不足を補うため積極的に手足を動かした。結果として、予算履行率90%かつ黒字経営に成功。
社会人になった後も、未知の領域であっても行動する思い切りの良さ、責任をもって決めたことをやり抜く力の2つを発揮して、積極的な挑戦と、挑戦を成功させるだけの努力を続けていく。

周りを巻き込む力の具体例

私の強みは仲間を巻き込む力だ。
○○の活動において、私は2年生時に、ベトナム人女性2名のインターンシップ運営を担当した。2名は来日後、文化や言語が原因で、企業から勤務態度について不信感を抱かれていた。私は、この問題を解決しようとしたのだ。
しかし、当初は上手くいかず、解決の観点を増やすために後輩2人を巻き込んだ。その際に心掛けたのは、彼らが活動しやすいよう決して意見を否定しないこと。複数人で取り組んだことにより徐々にインターン生の態度に変化がうまれ、社員との関係性も改善し、最終的には双方から満点の満足度を得た。
貴社に入社した場合、仲間を巻き込む強みを活かし、困難なプロジェクトでも協力することで達成することに貢献できると考える。

語学力の具体例

私の強みは、語学力である。
幼い時から親の転勤で、海外生活を経験。小学校を各国のインターナショナルスクールで過ごしたことから英語力が身に付いた。
また、私は英語以外の語学への関心も強い。世界各国を転々とする中で英語が通ない国もあり、そこでのコミュニケーションに苦しんだ経験がきっかけだ。実際、大学では文学部に在籍し○○語を学んでいる。語学の学習は、文法や単語の量が多いため苦しい時もあったが、幼いころ抱いた世界中の人と話すという志を強く持ち、○○語検定準1級の取得に成功した。
世界中で事業を手掛ける貴社では、海外事業の一員として世界各国へ赴任し、自身の語学力を活かして活躍したいと思う。

おわりに:就活エージェントの面談で自分の強みを添削しよう

今回は自分の強みについて、質問の背景や答え方、強みの見つけ方、そして例文などを解説してきました。

これから初めて内容を考える人もいれば、すでに周りから意見をもらったりたりしながら、だんだんとイメージが固まってきている人もいるでしょう。

どちらの場合でも、就活エージェントを活用し、自己分析や選考対策のサポートを受けてみるのがおすすめです。プロのアドバイザーが、強みの掘り下げやES添削・面接練習などを無料で支援してくれます。

最後に、おすすめの就活エージェントを2つ紹介するので、お試しで登録してみてください。

JobSpirng


JobSpringの強みは、何と言ってもAIの活用です。AIを駆使することで、あなたの志向性に合った企業を高精度でマッチングさせており、内定率90%以上・、早期離職率0.1%を達成しています。自分の強みを知るためにAIを活用するのも一つの手です。
JobSpring
※早期離職は入社後3年以内の退職を対象としています。

キャリアチケット


キャリアチケットの魅力は圧倒的なエージェントの質。自己分析から内定獲得までマンツーマンでサポートしてくれます。自分の強みを探すところから、その強みが活きる企業に入るまでの一貫したサポートに興味があれば、ぜひ登録してみましょう。
キャリアチケット