コラム/インタビュー

2019/03/15

やりたい仕事を見つける方法

今回は「やりたい仕事がない」という方でも
本当に自分に向いている仕事を診断するための方法をご紹介
いたします。

「自分に向いている仕事」を着実に探すためにも、ぜひ自分独自のステップアップ法を身に
付けておきましょう。

自分に向いている仕事を探すためには

自分に向いている仕事を探すためにはまず「自分の能力がどの仕事分野に適しているか」
について把握することが大切です。
これは誰にとっても必須のことであり、「自己分析」を先にしておき、その上で「自分
の能力や技術」を十分に生かせる仕事分野を探すことが先決になります。

自分の力量を確認しておく

まず自分に向いている仕事を見つけだすためには「自分の能力に見合った仕事の見極め
」が大切で、その次に「その仕事量を十分に提供してくれる仕事先」を探すことになり
ます。
いろいろな仕事分野から「自分に最適な仕事の分野」を探すためにも、まずは「世間に
既存のものとして用意されている仕事ジャンル」を情報収集によって確認し、その上で
「自分の能力や技術」を生かせる仕事分野を見つけ出す作業が大切です。

この際にとくに注目すべき点は「自分が確実に行なえる仕事量」を目安にしておくこと
で、いくら〝自分に向いている仕事〟を見つけたとしても、その仕事量があまりに膨大
な場合は他を探す姿勢を身に付けておきましょう。

情報収集でどんな仕事があるのかを検索

現代で最も多く「自分の仕事探し」に活用されているツールは「インターネット」です

そのインターネットの活用によって職業安定所・ハローワークの検索から始め、その
ハローワークではさらに「自分の力量・対応可能なノルマを提供してくれる会社」を詳
細に検索する作業へと移っていきます。

この際の注意点としてはまず「高望みし過ぎないこと」で、あまり選択基準のハードル
を引き上げ過ぎることによって、「自分に向いている仕事」を見つけ出せる範囲をさらに狭
めてしまう結果につながります。

情報誌やネットの活用

先述しましたように、「ネット検索によって、自分に向いている仕事をいち早く見つけ出
す」という作業が、現代において最も効率よく、さらには「自分に向いている仕事」が世
間にどれだけあるかということが一目瞭然に知ることができるヒントが得られます。

このネット検索をする上では、あらかじめPDF資料などで用意されている「就職情報誌
」の活用などもすることができるため、一石二鳥の功績が得られることでしょう。
さらにネット検索では、「日常では行くことができない場所・ハローワーク・職場」に
ついて簡単に調べることができるため、さらにじっくり落ち着いて「自分に向いている仕
事」を見つけ出すことが可能になります。

自分に向いている仕事を診断チェック

基本的に「自分に向いている仕事を診断するチェック項目」としてピックアップされるの
は「6点」とされています。

・本当にその仕事が好きかどうか
・理想的な給料を獲得できるかどうか
・その職場が自宅から遠いか近いか
・仕事を始めてから3か月経ったことを想定して、続けられるイメージがあるかかどうか
・現在の自分のステータスで円滑に就職できるかどうか
・家庭の諸事情などが障壁とならないかどうか

上記の6点が主なチェック項目となり、どの項目においてもこの場合は「妥協しないで
考慮すること」が大切です。
自分に向いている仕事を見つけ出すためには、まず「環境設定」と「将来的なビジョン」
をしっかり持つことが非常に大切になります。

気になっている職先に向けて就活する場合

やりたいことがまだ本格的に見つからないけれど、それでも気になっている職種がある
場合、まずはその気になっている職種の関連情報を徹底的に調べることが大切です。

この際には自分にとってのメリットとデメリットを2つも受けておき、それぞれの項目
ずつにメモ書きでもして思うところ・予想できることを書き、実際にその仕事に就いた
自分とその職種との相性を見計らっておくことが大切です。

そしてメリット・デメリットを見比べた上で、まずどちらの項目のほうが多いか、実際
に仕事をする場合にクリアできる課題・できない課題を、自分にわかるように明記して
おくとよいでしょう。

自分に合った職先が全く分からないまま就活する場合

今度は「自分に向いている仕事・やりたいこと」がまったくわからないまま、とにかく
就活しようと言う場合についてです。
この場合はまず「世の中にどんな仕事があるのか?」ということを徹底的に見渡す作業
から入りましょう。

この場合の留意点としては「それまで自分がまったく興味のなかった仕事の分野」に目
を通すことが大事という点で、こんな仕事はこれまでの選択肢になかったという分野の
職種を優先し、その分野も徹底的に探してみるとよいでしょう。
多くの就活生に見られるのが「仕事の食わず嫌い」というもので、自分がこれまで直接
的に「したい!」と思えなかった分野の仕事は、すべて敬遠してしまう傾向を強く持っ
ているものです。

しかし、これまでによく調べてこなかった職種分野にこそ「自分に最適の仕事
」がある場合も多く、その仕事を探し出すことがこの際の大きなポイントになります。

自分に向いている仕事が分からない場合の対処法

一般的に「自分に向いている仕事がわからない」と言う人の多くが抱えている悩みや原因
は、大きく分けて2つの理由が見られます。

1つ目は「社会にどんな仕事があるか、十分に調べきれていない」、2つ目は「自分の力
量と、会社で実際に必要とされている力量との差がわからない」など、この2点の疑問
において「自分に向いている仕事」が探せ出せなくなっている傾向がほとんどです。

そのため1つずつ問題を解決することが先決で、まずは情報収集によって「社会には実
際にどんな仕事があるか」を詳細に調べておき(できるだけ多く)、さらに「それぞれ
の興味のある会社が求めている理想的な社員像」を具体的に調べておくことが必須とな
ります。

自分に最適の職種分野を見つける方法

「自分に向いている仕事」を実際に(着実に)見つけ出す方法としてあげられるのは、こ
れは「現実において実際にアクションを起こすしかない」というのが現状です。まず情
報収集を本格的にしておき、その上で「自分が少しでも興味を持つことができる仕事・
職種」を見つけ出しておきます。

そしてその見つけ出した仕事・職種について下調べしておき、次は「その職場へ実際に
行ってみること」が大切になります。これは企業説明会や体験入社などで実践すること
ができるため、この場合でもハローワークなどで「少しでも多くの(仕事を体験するた
めの)情報を集めること」が重要となるでしょう。

とにかく実体験を踏まえて職場に行ってみる

これも先述の内容を延長させる形となりますが、「自分に向いている仕事」を本格的に見
つけ出すためには「実際に情報収集によって職場の情報を把握しておき、その上でその
興味を持たせてくれた職場へ実際に訪れてみること」が一番手っ取り早く、効率的な方
法となるでしょう。

まずは「やってみる」という精神を携えておき、いろいろな職場情報を収集する際に「
先回りしてこれはダメ・あれはダメ」などと先走って決め込まないことが大切です。
アクションを起こすことが大切で、実際にやってみたら「これなら続けられる」という
場合が非常に多く見られます。

「自分に向いている仕事」を消去法で見分ける方法

多くの場合、「自分に向いている仕事」を見つける際には2つのパターンがあります。

1つ目は「それまで自分に最適な職種とイメージしていた職種と、同種の(あるいは似
た)職種を探してみること」で、2つ目は「それまでの職場とまったく系統が違った職
種を探してみること」です。

一般的には後者の方が多い傾向が見られており、その際の就活理由は「本当に自分に向
いてる仕事を見つけたいから」という意見が大半を占めています。

消去法で就職先を見つける場合の特典は、「一度自分に最適な職種イメージしていた職
種と関連した職種を探せること」にあり、それまでにイメージしていた「自分と特定の
職種との相性」を上手くアプローチすることによって、新卒生の場合よりもさらに有益
に就活を運ぶことができます。

自分がイメージしていた理想的な仕事を探す

それまでにイメージしていた理想的な職種・似た仕事を探して就活する場合ですが、こ
の際の強みとなるのは先述と同じくやはり「イメージの過程・積み重ね」であり、それ
までに培ってきた仕事能力・技術を生かす形での自己分析を、そのまま就活に応用する
ことが可能となります。
これは社会を知らない(社会での就労をまだ経験していない)新卒生の場合と比べると
遥かに「有利な立場」を持つことにつながり、「この人には仕事を安心して任すことが
できる」といった「仕事能力・技術面への信頼感」をさらに積み上げることができるで
しょう。

しかしこの際のデメリットとしてあげられるのは、「それまでのイメージによって、ど
うせまた就職しても続かないのではないか」という仕事そのものに対する信頼です。
一般的な就活で「自分に向いている仕事」を探す際には、それまでの理想的な仕事に対す
るイメージを有益に使い、次の職種の確保にポイントを置き、その不信感を挽回できる
よう配慮をしましょう。

それまで理想としていた仕事と違う系統の仕事を探す

今度は「それまでとはまったく違った職種に就く場合」ですが、この場合は先述の「そ
れまでの仕事に似た仕事を探す」という場合から見て、かえって強みとなる傾向があり
ます。
それは「本当に自分に向いている仕事を探したいため、思い切って前の職場を辞めた」と
言うことにある程度の信憑性が芽生えるためです。
「それまでとはまったく違った職場に就職したい」という点がかえって「それまでの自
分を変えたい」という気持ちをそのままアピールでき、そのアピールがまたそのまま「
自分に向いている仕事を本気で探したい」としているその姿勢を強く示すことができます

さまざまな仕事が分かる参考書を活用する!

先述では「自分に向いている仕事」を探す際に必要な心構えとアクションについてご紹介
しましたが、ここでは「自分に向いている仕事」を探す際に参考となる本のご紹介をしま
す。
就職活動というのはその9割が「情報収集によって成立する・成功する」と言われるも
ので、そのためにも「自分に見合った参考書籍」を見つけておくことは大切です。
今回ご紹介するのは『成功する就活生は何に取り組んでいるのか』(早稲田大学大隈塾
出版チーム)で、本書ではまず「就職活動に必須となる基本的な作業」を紹介する上で
、「自分に向いている仕事」の探し方につながる「魅力的な秘訣」を徹底的に伝授してく
れます。

「今の自分のステータスを変えたい」と考えている人をはじめ、「自分がずっと続けて
いける職場」を見つけ出したい人にとって必読の一冊になるでしょう。

「自分に最適な仕事」をスムーズに見つけましょう

今回はあ「自分に向いている仕事を診断するチェック項目・わからない人の対処法」についての
詳細情報のご紹介をはじめ、「自分に向いている仕事」の探し方をご紹介しました。
「自分に最適な仕事」を探し出すためにはまず「自分の能力や技術がどれだけあるか」
というある程度の自己分析をしておくことが大切です。
それによって「実際に社会に出たときに役立つ自分の特技」を見つけ出すことが可能と
なり、その見極めはそのまま「自分に最適な職場」を探し出すことにつながります。