コラム/インタビュー

2019/03/15

企業が求める人材の傾向

現代ではいろいろな企業があります。
しかし、どの企業においても、人事採用の場面では必ず「求める人物像」というものがあり
ます。
この場合、まずその企業において即戦力になれる人材が優先されます。

学歴フィルターによる人選や、経験・実績を評価した上での人選の際でも、その企業に従
事する上で「どれだけ企業成果をあげられるか・新たなプロジェクトを企画できるか」など
への可能性が求められるでしょう。
どの企業でも独自の仕事に取り組んでいるため、そこで求められる企業方針に沿う人材の
確保は当たり前のことです。

今回は、自分が目指す企業方針を年頭に置きながら、どのような人材が魅力的になるのか
、また一般に採用されやすい人材にはどのような特徴があるのか、といったことに焦点を
当て、それらを〝お役立ち情報〟としてできるだけ簡潔にご紹介します。

組織の中で働けるのかどうか?

最近でもよく、オリジナリティという言葉が標語のように飛び交っています。
オリジナルの視点をもってさまざまな仕事・プロジェクトを達成し、また新たな独自の
戦略を企業において成功させることができれば、その社員はスゴ腕・やり手の社員とし
て評価されるでしょう。
しかしこのオリジナリティに溢れた社員というのは、たいてい組織破綻のカギにもなる
のです。

オリジナルの仕事は「他の人とは違った仕事」につながり、その成果が派生する形で結
果を出せば、その社員は他の社員から一線を画した存在になりがちです。
他の社員と違った視点を持ち、違った行動で仕事の成果を上げるということは、それだ
けで組織の人間から見て「遠く離れた存在」になってしまうことがあります。

また会社からそれなりに評価されれば、その人は「自分ほど仕事ができる社員は他にい
ない」などと自画自賛にのぼせてしまうこともよくあり、他の社員と協力して何かする
、といったことにとんと疎くなる傾向も見られます。
もちろんすべての人とは限りませんが、そうなる可能性がある、ということが問題なの
です。
その場合に大事なことは、どんな場合でも他の社員と協働して1つの仕事に従事してい
く、1つのプロジェクトを立ち上げる際には、他の社員と協力し合える歯車的存在にな
れる、といった協調への自覚が必要になります。

人事採用の場面では、とくにこの「他の社員との協力・協働」が非常に大きなポイント
になりやすく、それができない人はどれほど高学歴で仕事ができても、採用が見送られ
る場合があります。

就活に臨む際には上記を踏まえ、自分が会社の歯車として上手く順応できるか、組織の
人間として働くことができるかどうか、といった点に着目し、自分の能力に見合った企
業を選ぶことが大切です。

リーダーになれる素質があるかどうか

これも人事採用のポイントですが、組織で働く社員にしても、仕事やプロジェクトへ積
極に取り組み、多くの社員を率先していけるリーダーというのは魅力的です。
これは企業への誠意・覇気を見定めるための1つの指標となりますが、そうしたポジテ
ィブな内面がその就活生にどれだけあるか、といった点が非常に大きなポイントになる
ことがあります。

リーダーというのは他の社員を率先して仕事に就かせるだけなく、各社員のポテンシャ
ルを引き出すことをはじめ、その育成に精を出し、結果を引き出せる能力を確実に持っ
ている人を指します。

つまり企業側としては、「この社員に一部署を任せておいても問題ない」「きっと上手
く仕事をやり遂げてくれる」といった信用・信頼につながるわけで、この素質があるの
とないのとでは、採用においてはとても大きな差になります。
たいてい多くの就活生というのは新しく社会に出て、新しい企業へ入社する場面におい
て、変にかしこまって遠慮をしており、自分の能力を精一杯アピールするけど、いざと
なればその遠慮のほうが勝ってしまうことがよくあります。

礼儀を持ち合わせ、目上の人に対する態度は社会的マナーにおいては評価されますが、
それでも実際に企業に入社して仕事を任される立場になれば、そのような変に遠慮した
精神・姿勢では間に合いません。

多くの就活生を採用する場面では、「会社に入って実際に仕事を任せられるかどうか」
といった即戦力になれる点が大きく評価されるため、礼儀正しさがそのままネガティブ
な姿勢にならないよう配慮しましょう。
「自分はこれだけの仕事ができ、さらに人を適切に使うこともできる」といったアピー
ルを忘れずに、組織の中でこそ自分の能力・スキルを上手く活用できるという、即戦力
になれることへのアピールが大切です。

人の意見を冷静かつ的確に聞けるかどうか

日常生活での会話でも、相手の意見を的確に聞き分けるというのはとても大切なことで
す。
会社に入れば、先方・取引先との連絡のやり取りが毎日あり、その際には、相手の言う
ことを的確に聞き分け、自分が何を問われてどんな仕事を期待されているか、といった
点を正確に把握できなければなりません。

これは仕事ができることを示す、最も基本的なマナー・アピールとなります。
よく就活の面接時では、緊張のあまり頭が真っ白になってしまい、聞かれたことに的確
に答えられない人がいます。

また、自分の方針・世界観が強すぎて、面接官から聞かれたことはそっちのけで、自分
の思い・考えだけを話し、「いったいキミは何を聞いていたんだ?」と言われるような
自己中な回答で終わることもよくあります。

こうなると、その就活生には傾聴する姿勢ができていないという、基本的なマナーへの
減点が見られることになります。
どんな場面でも人の話を正確に聞くことができる、というのは実は社会人として非常に
大きな実力であり、とくに就活時の面接などではこの基本的な能力がまず求められます

普段から傾聴する姿勢・どんな場面においても相手の主張を的確に分析できる能力を鍛
えておき、いざという場面で困ってしまわないよう十分配慮しておくことが肝心です。
この傾聴の姿勢を会得するには、日頃からの練習で十分です。
その傾聴する練習を続けるだけで、いざ面接に臨む際にも慣れが出てきて、相手が面接
官だろうがお偉いさんだろうが関係なく、その意見・主張をきちんと聞き分けることが
できるようになります。

グローバルな視点を持っているかどうか

グローバル・グローバリズムという言葉が最近でも非常に多く飛び交っています。
この「グローバル」というのは「世界的」という意味があり、その真意では「1つの物
事でも多角的な視点をもって把握できること」という柔軟な思考性が求められています

つまり、どんな仕事に従事する上でも、狭い視野に捕われることなく多くの人のニーズ
に対応できているか、といった企業成果への評価につながり、一言で言えば「多様性を
含む仕事ができているか」ということになります。
企業の仕事の多くは、社会への貢献・一般市民のニーズに向けられて成果が認められま
す。
グローバルな視点をもって仕事をする上で求められるのは、まずその仕事を包括的に見
定め、1つ1つの仕事を少しでも多くの市民や企業のニーズに順応させられる能力を持つ
ことです。
1つの仕事・プロジェクトの全体像を素早く把握し、1つずつの仕事をバラバラにするの
ではなく、その全体的な仕事を成功させるための円滑な作業が求められるのです。
よく「点の仕事を1つの線の仕事にする」などと言われますが、各部署で行なう仕事が
「点の仕事」であれば、それらの仕事を繋ぎ合わせた仕事が会社全体で行なう仕事(線
の仕事)になります。
この場合でもリーダー的な素質が求められますが、どの部署で仕事をしていても会社全
体の仕事として有益かどうかを見極め、その仕事がどのようにすればさらに利益が得ら
れるか、といった点を十分把握することが大切になります。

このようにグローバルな視点・方針を掲げたプロジェクトを成功させるためにも、少し
でも早く会社方針・組織での仕事に適応できる能力を養い、柔軟な視点をもって仕事す
るためのステップを獲得しましょう。

どんなことにもチャレンジできる向学心があるかどうか

これも採用基準においては非常に基本的なことです。
どんな仕事でも、さまざまな勉強が必要になる場合があります。その勉強にどれだけ意
欲を燃やし、仕事を円滑するための実力を身につけられるか、といったことへの努力は
最初から求められるものです。
つまり、その企業で求められる人材になれるよう絶え間なく努力する人材がピックアッ
プされるわけで、その基準に満たない就活生はその時点で採用を見送られる場合が多い
でしょう。

新しい物事にチャレンジするというのは、誰にとっても向上心と不安が伴うものです。
その2つは逆行するものとしてあるため、人によっては向上心・向学心にあふれる場合
があり、ある人にとってはあきらめを強いられ、違う道へ進んでいく場合が見られます

多くの企業では前者の「どんなことにもチャレンジし、向学心を燃やす人材」を求める
ことが前提としてあり、就活生はまずこの向上心を多少なりとも持っておかなくてはな
りません。
この向学心・向上心というものはたいていの場合、その仕事内容と自分の能力がどれだ
け合致しているかによって変わります。
合致していればどこまでも向上心を燃やすことができ、していなければ、少し勉強が必
要になっただけでも嫌気が差すでしょう。

そのため就活生はまず「本当に自分の相性・能力がその企業に向いているかどうか」を
しっかり確認しておき、実際にその企業に入社して仕事に就いた際に、専念してどんな
仕事にも従事できるかという点をシミュレーションしておくことが大切になります。

企業は使える人材を採用する

今回は「企業が求める人材の傾向」と題してご紹介してきましたが、いかがでしょうか

まずどの企業の採用基準にも共通して言える点は、「その企業において使える人材を採
用する」ということです。実に当たり前のことですが、この点を見落として就活してい
る人も多いため、もう一度再確認し、スムーズに就活に取り組めるよう工夫しましょう

就活する際に最も重要なことは情報収集で、その場合に「自分の相性・能力に最適な企
業」を見つけることは最大のポイントになります。
「どの企業でもいいや」なんて安易な気持ちで就活していくと、その企業で求められて
いる能力や方針に自分がまったく合っていないことが後でわかり、結局、いざという時
に自分が四苦八苦してしまうハメになります。
就活する際には、まずその企業の基本情報を押さえておき、できるだけ多くの企業情報
を取得した上で、それぞれの企業に入社した後でも確実に自分の能力を発揮できるかど
うかをシミュレーションしてみましょう。
そうしていくつかピックアップした企業から、自分に合わない企業を消去法の形で削っ
ていき、残った何社かの企業に向けて就活する方法が、結局のところどの場面でも多く
取られています。

自分の能力に最適だと想定できる企業を選び、「その企業でどうしても自分の能力を発
揮させたい・開花させたい」と期待する熱意の高さを温存しておき、その気持ちをその
まま面接でぶつけるくらいの姿勢で臨んでみましょう。
多くの人材採用の場面では、そうした熱意のある人材をまず確保します。
この熱意を踏まえた上で、就活に必要な情報と姿勢を含めて持ち合わせ、できるだけ自
分のペースをもって就活できる環境を作りましょう。

「納得して就活をする!」、このフレーズを胸に、あなただけのビジネスワークを勝ち
取りましょう!