コラム/インタビュー

2019/12/03

面接対策で困っているあなたへ!今何をすべきか教えます!

就活を進める中で避けては通れないものが面接試験です。
面接では自己PRや志望動機など自己開示をするだけでなく、面接官からの質問に即座に答えるなどあらゆる準備をしておかないと苦戦します。

でも、あらゆる準備といったって面接対策として何をしたらいいのかピンと来る人は少ないのではないでしょうか。

そこで今回は面接対策でどのようなことをすべきかまとめてみました!

面接対策をやる目的


とは、言われるものの、正直必要性がわからない、ピンと来ていない人もいるかもしれません。
ですが、多くの人が内定を獲得するために面接に挑むことは同じではないでしょうか。
そこで、内定獲得のために改めてなぜそこまで面接対策が必要と言われるのか、説明します!

自分の伝えたいことを磨くため

面接では、自分が伝えたいことを一方的に伝えるだけではなく、相手に魅力的かつわかりやすく伝えることが重要であり、その為に面接対策をします。

就活を進める中で、よく面接対策のために自己分析として過去の成功・失敗体験や*モチベーショングラフを活用することは多いのではないでしょうか?

様々なツールを用いて、自己分析をすることももちろん大事ですが、面接対策としてはその自己分析の内容を伝えるところまですることが重要です。
自己分析を通して見つけた自身の強みや、やりたいことを面接官に対してわかりやすく、かつ正確に伝えなくてはせっかくの自己分析が無駄になってしまいます。

そこで面接対策はあなたが伝えたいことをはっきりと伝えるためにも、するべき行動といえるでしょう。
*モチベーショングラフについてはこちら!

面接で後悔の残るような結果にしないため

もう一つの目的、それは面接対策を通して後悔の残るような結果にしないためです。

面接試験はほとんどの人が緊張してしまい本来の力を発揮できずにいるのではないでしょうか?
このような、本来の力を出し切れないまま、面接試験が終わってしまわないようにも面接対策を通して万全の準備をしておくことは大切です。

面接対策を入念にすることで、どのような質問が来ても本来話したかった内容、伝えたい自身の魅力を端的に伝えられるようにしておきましょう。

最善を尽くした末にダメであったのならば、力不足や結果を受け入れることはできますが、力を出し切らずに結果も伴わなければ後悔や不満を多く感じませんか?

こんな気持ちにならないためにも面接対策は必要と言えますね!

面接対策で注意すべきポイント・やり方

面接対策の目的は伝えてきましたが、だからと言って何をしたらいいんだ?と多くの人がなるのではないでしょうか。

面接対策ですべきことは数多くあります。

そこで、今回は数多くの面接対策ですべきことの中から特に注意すべきポイントややり方についてまとめました!

基本的なマナーや言葉遣いを大切にする

就活での面接試験は数ある応募者の中から、ふるいにかけられ選ばれる試験です。

もちろん、あなたの魅力や能力を面接官に伝えることも重要ではありますが、それは基本ができた前提の上で成り立ちます。

基本的なマナーや言葉遣いができない人は、あなた自身を見てもらう前に見切られてしまうこともあるでしょう。

ですから、基本的なマナーや容姿を意識することは面接対策において、初歩の初歩として大事にすべきです。

(基本やメイクについてはこちらから)

面接対策を複数人で取り組む


筆者が提案する提案する面接対策のポイントは、面接対策を一人ではなく複数ですることです!

面接対策として重要なポイントのもう一つは、1回1回の練習に対して意味をもたらせることです。
意味を持った面接対策とは何か。
ここで重要になってくることがマインドと方法です。

マインドとは、面接対策に対してどれだけ真剣に、かつ本番を意識して取組むことができるのかが重要です。
面接対策をただ練習としてこなしてしまったり、本番と同じような緊張感をもって取り組むことができなければ、それはただの練習のための練習になってしまいます。

ではどのようにしたらそれだけ緊張感を持った面接対策ができるのでしょうか。

本番の面接はあなた一人で話すわけではありません。目の前には、面接官が座っており、もしかしたら横には他の就活生が座っているかもしれません。そのような状況の中でも、あなたはベストを尽くさねばなりません。
そこで、誰かと一緒に面接に取り組むことは重要でしょう。
(面接対策の練習の仕方はこちらから)

1回1回の面接練習に意味をもたらせることで、より効果的な面接対策をしていきましょう!

面接対策すべき質問

続いて紹介するのは、面接対策すべき質問についてです。

面接では、当然ですがあなたの話したいことだけではなく相手が聞きたいことについて答えなければなりません。

面接官はあなたのことを知るために、または自社とあなたがマッチするのかを知るために様々な質問を投げかけてくるでしょう。
ここでは、特に注意したほうがいい質問についてまとめました。

これだけをしておけば大丈夫!というわけではありませんが、最低でも以下の3種類の質問には面接対策を施しておくようにしましょう!

ガクチカ


ガクチカとは、「学生時代に力を入れたこと、頑張ってきたこと」を意味します。
(詳しくはこちらを参照)
このガクチカをわざわざ面接対策として取組む理由はなぜでしょうか。

それは、ガクチカが周囲との差別化の重要ポイントだからです。

ガクチカとして多くの就活生が、学生時代のサークルでの活動をあげ、この世には数えきれないほどのサークル副代表が存在しています。

「サークルの 副代表が 大発生」
HR総研とリブセンスの就活会議が合同で開催した就活川柳でも、副代表の大量発生に皮肉を込めた川柳が佳作に選ばれていますね。(東洋経済
ですから、そのような肩書だけでは周囲との差別化は困難になってきました。

そこで面接対策としてより、ガクチカの経験を磨くことが重要視されています。

ではガクチカではどのような部分に気を付けたらよいのでしょうか。
それは、そのガクチカの経験がどのように入社後活かされるのかがポイントです。
力を入れて頑張ったことや困難を乗り越えた経験から、何を学んだのか。その学びは入社後にどのようにして活かされていくのか。このようなことを的確に伝えることができれば、面接官からしても、具体的にガクチカの経験がどうつながるのかイメージすることができるでしょう。

面接対策として、ガクチカを具体的に伝えることは大事なポイントですね。

志望動機

次に挙げるものは志望動機です。

この質問は多くの面接で聞かれるのではないでしょうか。
当たり前のように面接対策をしているとは思いますがそれでも重要とあえて挙げる理由は何でしょうか。
それは、この志望動機にも1つポイントがあるからです。

そのポイントは、志望動機に自身の経験や軸を組み込むことです。

よくある志望動機の例として

「御社の経営理念に共感しまして~がいいと思います。」
「御社の~という風土が魅力的に感じたためです。」

なんてものが多くありますが、面接官からすると、

「で、その中で自社を選んだのは何で?」

となってしまいます。それはそうですね。企業の魅力をいくら語ってもそれは、賞賛しているだけで、志望動機にはなりません。
そのような魅力が、なぜ魅力と感じたのか、魅力を受けてその企業に努めたいと感じたのかを伝えなくては、どれほど志望しているのかが面接官には伝わらないでしょう。

面接対策のポイントとして、志望動機には特に磨きをかけておくべきでしょう。

志望動機なんか見つからない!という方はこちらの記事を参考にしてみてください!

逆質問

最後に挙げる物は逆質問です。

逆質問は、面接の終わりにしばしば聞かれる
「最後に何か聞きたいことはありますか?」
という、学生から企業に質問してよいチャンスのことです。

逆質問には企業にとっていくつかの目的があります。特に大きな目的は2つで就活生の意欲を知るためと、自社を最後にアピールするためです。
それぞれ解説していきます。

就活生の意欲を知るためというのは、最後に逆質問をした際にどれだけ自社のことを知りた
いのかを聞くことにより就活生の志望度を測ります。
ここで重要になることは、質問をするのはもちろんどのような内容を聞くかです。例えば、入社後の育成プランやキャリアについて聞くことは、入社を強くイメージしている印象を与えるため良い質問といえますね。
もちろんではありますが、すでに説明会等で言われたことを再度聞くのは避けるよう、意識して面接対策に取り組みましょう。

また、自社の最後のアピールチャンスととらえることもできます。逆質問ということは企業はあなたに対して魅力を語る最後のチャンスでもあるのです。ここではYes or Noの質問ではなく、話が膨らむような質問をするようにしましょう。

このように逆質問は面接の最後に来る重要な局面です。面接対策で本番へのイメージを固め、逆質問の際には自分が聞きたいと思う×面接官が聞かれたいと思う質問をぶつけましょう。

それでもわからない方はエージェントに面接対策をしてもらおう


ここまでは面接対策の目的から、どうすべきかまでお伝えしてきました。
それでもどうしたらいいのかわからない、考え込んでしまって足が止まってしまうといった人は就活エージェントを頼ってみましょう。

就活エージェントは就活生1人1人に寄り添い、就活をサポートしてくれます。具体的には面接対策のサポートはもちろん、自己分析の補助やES添削もサポートしてくれます。

こちらのサービスは、すべて無料で利用できるので、活用しない手はないでしょう。人事目線を持ったプロのキャリアアドバイザーの方と面接対策をした就活生と、そうでない就活生とでは、差がつくのは自明ですよね。
就活について精通している人からのサポートを受けることで、自分の自信にも繋がると思います。

JobSpring
利用者の内定率91.7%を誇るエージェントです。エージェントの中には、1度面談を実施し、企業を紹介して終わってしまうところも少なくありませんが、JobSpringは内定まで手厚いサポートを受けられることで有名です。→JobSpring

キャリアチケット
キャリアチケットは年間1万人の就活支援を行なっています。数々のエージェントの中でも、ここ最近の口コミが良く、面談の予約がとりづらくなっているという噂も聞きますが、その分満足度の高いアドバイスがいただけるでしょう。→キャリアチケット

まとめ

本記事では面接対策の目的や方法、ポイントについて述べてきました。
内定獲得のためにも、1つ1つの面接対策を丁寧にしていくことが重要でしたね。
また、質問対策としては
・ガクチカ
・志望動機
・逆質問
は最低でも抑えて、面接対策に挑みましょう。
どうしても、面接対策が進まないというひと、或いは一人では不安という人は積極的に就活エージェントを頼ってみることも一つの選択肢です!

積極的な面接対策を通して、志望企業からの内定を勝ち取りましょう!