コラム/インタビュー

2019/11/19

面接練習がうまく行かない。おすすめの方法とやり方のポイント

就職活動をするにあたって切っても切り離せないものが面接です。
どんなに素晴らしいESを書いても、ぎりぎり通過の適正テストの点数でも、最後に採用の決め手となるのが面接での評価といえます。

この重要な面接で採用を勝ち取るためには面接練習を通して対策をどれだけ練ることができるかが非常に重要でしょう。
では、一体就活の面接練習はどのように行うといいのでしょうか?
面接練習の期間、ポイント、方法、まとめてお伝えしちゃいます!

面接練習はどれくらい期間が必要なの??

面接練習は一体いつから準備しておけば安心なの?という問ですが、もちろん早いに越したことはありません!
当然ですね、準備に早すぎるはありません

ですが、そんなこと言ってもなかなか始めにくいでしょう。
そこでぎりぎりのタイミングをお伝えすると、最低でも3週間前には準備を開始しましょう!

なぜ3週間前なのか?について説明しますね。
後ほど、詳細は書きますが面接練習は繰り返すことと、一人ではやらないことがポイントです。一人で黙々と直前にやっちゃう。そのようなやり方ではほぼほぼ通用しないです。

そのため、
練習⇒実践練習⇒フィードバックをもらう⇒練習⇒実戦練習⇒…
この繰り返しをするためにはある程度の時間が必要になります。加えて、誰かに面接の練習を手伝ってもらおうというときに、思い立ってすぐにはできないでしょう。
相手に練習相手をお願いして、日程を合わせてもらうことを考えると、3週間程度は見積もっていた方がいいと言えますね。

面接練習で気をつけるポイント

面接練習を淡々としてしまっては、効果が薄くもったいないです!
一体どんなところに気を付けて面接練習をするといいのでしょうか?
最低限、抑えたほうがいい5つのポイントをご紹介します。

基本的な就活マナーやルールを抑える

基本的なマナー、ルールを抑えることは最低限でも抑えなくてはならないポイントです。

就活の面接練習では、話だけではなく面接の最初から最後のところまで練習することでより実践的な練習になるといえるでしょう。

身だしなみや声のトーン、入退出のような面接で話す以外の部分も磨いていきましょう。

身だしなみの注意点
身だしなみは「清潔感がある、健康的である、調和がとれている」の3つの要素を見られることが多いです。

これは、社会人として、また将来一緒に働く可能性がある人を採用する際に周囲の顧客や同僚に対してどのようだと感じがよいのかを見るうえで重要視されています。

シミの付いたスーツや、一人だけ派手なシャツ。これらのような人たちは、社会人になっても細かいところに気を遣えなかったり、集団の中で協調性が取れないとも思われたりするでしょう。

身だしなみも、練習の時からきちんと整えておくことで習慣づけるようにしておきましょう!

おすすめの声のトーン

声のトーンのポイントはよく言われる「大きな声でハキハキと」以外にも、内容と感情に合わせたボリュームやトーンで話すことがポイントです!

メラビアンの法則という心理学の研究によると、人間は人と話す際の情報を「言語:聴覚:視覚=7%:38%:55%」で認識されると言います。

つまり、何かに偏って意識するのではなく、言葉と声のトーン、表情のすべてが一致して初めて相手によく伝わると言えますね。

ウィル・スティーブンという人のプレゼンを見てみると想像しやすいかと思います!
つまり、何かに偏って意識するのではなく、言葉と声のトーン、表情のすべてが一致して初めて相手によく伝わると言えますね。

想像してみてください。自身の成功体験を低く小さな声で、目が泳ぎながら話す就活生。果たして本当に成功体験なのか、どんな学びや自信を得らえたのか疑問視してしまいませんか?

就活の面接で話すときは大きな声でハキハキと、そして話の内容に合わせて表情や声のトーンを調整するよう意識してみましょう!

入退出ポイント
入退出のポイントに関しては、順番に説明します。
【入室編】
1、ドアをノックする
ここでのポイントはノックは3回することが正しいマナーです。ノックをした後は、部屋の中にいる面接官から入室を促す言葉が掛けられるので、「失礼いたします」と言ってから入室しましょう。

2、入室してから
部屋に入ってドアを後ろてで締めることはNGです。ドアのほうを向き、丁寧に締めるようにします。

3、面接官と対面
入室が完了したら、椅子の横まで行き、面接官に「よろしくお願いします」と挨拶をしてからお辞儀をしましょう。もし、面接官から自己紹介を求められたら、その場で聞かれたことに答えるようにしておくのも大事です。
「お座りください」等、面接官から次のアクションが言われることが多いので、後は指示に従いましょう。

【退出編】
1、立ち上がってからお礼を言う
お礼は座ったままではなく、立ち上がった後にお礼を述べてお辞儀をすることがマナーです。面接のできはさておき、相手は自分のために時間を割いてくれています。感謝の想いをもってお礼を伝えましょう。

2、退出する
退出するときは、ドアの前で再度お辞儀をし「失礼致します」と再度、挨拶をしてから退出するようにしましょう。また、その際にはそそくさと移動するのではなく、面接官の顔を見て誠意が伝わるようにすることもポイントですね。

自分のエピソードを話すように

就活の面接では自分のエピソードを盛り込むことが必要です!その為、面接練習の段階からエピソードをスラスラ相手にわかりやすく伝える練習をしておきましょう。

というのも、面接時に聞きたいのは自社への評価や説明ではなく、就活生がなぜ自社に興味関心や共感を持ってくれたのかです。

面接でよく聞かれる質問。

「あなたが弊社を希望する理由は何ですか?」

この質問への返答として

「貴社の~~という事業が魅力的で…。」
「貴社の~~という理念に共感しまして…。」

といったことを話す就活生は少なくないでしょう。ですが、面接官が聞きたいのは「あなたが」という部分なのです。
事業内容やその魅力、企業理念は就活生よりも面接官の方が詳しいに決まってます。

面接練習の際には、自身のエピソードをできるだけ多く持ちネタとしてすぐに話せるように準備することが重要です。

逆質問を想定

逆質問の準備も面接練習で鍛えておいたほうがいい項目です。

逆質問は、企業への興味の度合いをアピールするだけではなくその場でしか得られない企業の情報を得る機会でもあります。

本番の面接で緊張している状態でいきなり質問を問われても、頭の中が真っ白になり何も話せなくなったり、前に聞いたことを再度聞いたりしてしまうかもしれません。

就活の面接練習を通して、質問力を鍛えるトレーニングをするといいでしょう。

面接用の丸暗記はしないように

面接の練習をやりこむことは大事である一方で、話す内容を丸暗記することには注意しましょう。

丸暗記は一見便利そうですが、丸暗記に頼ると少しでも内容を忘れてしまうと話がまとまらなくなったり、パニックで話が止まったりすることが考えられます。

面接中にはどんなトラブルが起きるのかわかりません。

毎年スピーチが5分だった企業が急遽プレゼン時間を3分に変えていた時に対応できるでしょうか?

このように、決まった文章を丸暗記するのではなく、どんな経験から何を学び、どう生かしたいのか等、伝えたいことの要点をまとめて話せるような面接練習をしておくことがポイントです。

決められた時間内で話せているか

時間内に自分の話をまとめるというのも重要な面接の練習時のポイントです。
面接の際には回答に時間制限が設けられることがありますが、時間制限が設けられなくても長くて1分以内がいいでしょう。
Yes or Noの質問ではより短くても構いません。

質問への回答が1分を超えると、話が助長になってしまうことや伝えたいことがぼやけてしまうことが多いです。すると、面接官も就活生が何を伝えようとしているのかがわかりにくくなり、評価が下がってしまいます。

人の何分もするスピーチを永遠と聞いているよりも、これだ!といったフレーズや瞬間のほうが印象に残りませんか?このように、長い話を人間はすべて覚えて印象に残ることはあまりないのです。

その為、いかに端的に伝えたいことを伝えられるのかを面接の練習で取り組むことが重要ですね。

面接練習のやり方・おすすめな方法

面接練習の相手を選ぶうえで前提条件があります。
それは、親しい人を避けるようにしましょう!

というのも、両親や恋人など親しい人物になると照れや恥ずかしさから本番を想定した練習をすることができない場合が多いです。

両親や恋人はあなた自身のことを最もよくわかっている内の一人であるので、自己分析の参考としてヒアリングすることはいいですが、面接の練習相手としてはお勧めできません。

それでは、面接相手のおすすめを紹介してい行きます!

同期の友人

同期の友人は、大体が同じ就活生ではないでしょうか?
彼らは友人であり、同じ悩みを抱えた仲間でもあるでしょう。
就活生の観点から、面接へのフィードバックをもらうことができると言えますね。

彼らの抱えている悩みや、自分たちの失敗・成功経験を伝えてもらう、情報共有という意味でも同期と面接練習をするのは良い機会となるでしょう。

信頼できる先輩

先輩にお願いして面接練習をするのも一つの手段でしょう。
先輩たちの多くは就活を終えているひとが多く、学年が2つ以上うえの人たちならすでに社会人ではないでしょうか?

彼らのような、就活を乗り越えた人たちに面接の練習をお願いし、フィードバックをもらうことで先人から学ぶこともよい選択肢でしょう。

また、社会人の先輩からのフィードバックをもらうことは、企業目線でのアドバイスをもらうことにもなるので、是非積極的に活用しましょう。

学校の就職支援課(キャリアセンター)

学校の就活支援課は便利な場所です。
大学に設置されている就職支援課は毎年多くの就活生の面接の練習を相手しているので職員は経験豊富です。

また、学校の就職支援課には同じような悩みを抱えた学生が多く訪問するので、その場で集団面接の練習をすることも可能ですね!

就活エージェント

最後に紹介するのは就活エージェントです。
就活エージェントは、あなたの就活に専属でサポートしてくれるマネージャーがついてくれます。

就活エージェントはその道のプロですから、あなたに合わせた最適なアドバイスを提供してくれることでしょう。
また、知らない人に自身の志望動機や自己PRを話しフィードバックをもらうというのは貴重な経験となります!

登録などの工数はかかりますが、就活の面接の練習に就活エージェントを用いるのも良い手段ですね!

JobSpring

キャリアチケット

Conpiness就活エージェント

まとめ

周りには
「面接なんて余裕だよ!」
「ノリで行ける!」
「どうしよう、私も全然練習できてない!」
なんていう人たちがいますが、彼らは本当の準備の大切さを知らないか、練習していないふりをしているだけです。

あくまで就活はあなたの人生を決めるものであり、その為に努力するのもあなた自身です!
準備に妥協せず、今からでもできることにコツコツと取り組みましょう。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。