コラム/インタビュー

2019/03/11

ガクチカを上手く伝えて他の学生と差をつけよう!

学生時代頑張ったこと、通称「ガクチカ」はESや面接時に必ずと言っていいほど聞かれる質問です。このガクチカに磨きをかけておくことによって、他の就活生に差をつけられるとうことは言うまでもありませんよね。では、実際にガクチカの構成について説明していきます。

 

頑張ったことの探し方

自分の中ですでに決めている事象があれば簡単ですが、特に何もせずに過ごしてしまったな…なんて方も多いはず。それでも何かしら頑張ったことを探さないといけません。ここでは、頑張ったことを決めきれない学生へ向けたアドバイスを紹介します。

 

輝かしい経験である必要はない

みんながみんな、輝かしい経験をしているわけではないことは企業も分かっています。確かに、学生では取り組めないような輝かしい実績を話す就活生はいますが、そんな経験がなくても焦る必要はありません。
重要なのは、困難な問題を解決するために自分がどう働きかけたのか、その時にどのような工夫をしたのか、企業が知りたいのはこの部分なのです。
学生時代のアルバイトだって構いません。内容を深く掘り下げ、アピールできる部分を探し、魅力的な「ガクチカ」を完成させましょう.

 

今からでも「ガクチカ」は作れる

全くのゼロの経験で嘘のガクチカを作り上げることはおすすめしません。面接の際に確実にボロが出ますし、深く掘り下げて考えられません。
考えてもやっぱり何もない…という就活生は今からでも遅くありません。ボランティアへの参加、ゼミでの活動、短期インターン。本気で取り組めるものを探し、今からでも行動を起こしてみましょう。

 

ガクチカはこう組み立てる

大枠を考える

さて、ESに向けてガクチカを組み立てようと思っても、何から始めていいか分かりませんよね。まず、大枠から考えてみましょう。
ガクチカは頑張ったことがあり、何か困難な問題が起こり、それを工夫して解決したという流れが一般的です。まずはその流れに沿って考えてみましょう。

【流れ】

頑張ったこと→困難→そのための取り組み、工夫(最低2つ)→結果→学び→入社後の姿(どう生かすのか)

これらに自分の経験を当てはめてみてください。大切なのは具体的に。その時自分がどう考えて、どうしてその行動を起こしたか、を掘り下げてみて下さい。

ここでは、「居酒屋のアルバイト」を例に実際に考えてみます。

頑張ったこと:居酒屋のアルバイト
困難:覆面モニターの点数が悪かった
取り組み、工夫:お客様に対し、先読みした行動をした、ミーティング内で全員へ連携
結果:顧客満足度がエリア1位になった
学び:相手の立場になって考えることの大切さ
入社後の姿:課題解決力を生かしていく

このように、まずは一言でまとめ、その後詳細エピソードを盛り込んでいきましょう。

エピソードを磨く

前項の流れに沿って、実際に詳細エピソードを組み立ててみましょう。

頑張ったこと
×「私は居酒屋のアルバイトを頑張りました。」
○「私は居酒屋の接客アルバイトで、顧客満足度の向上を図りました。」

最初の一文で、まったく違った印象になりますので、書き始めが肝心です。一目瞭然ですが、アルバイトを頑張りましただけではパンチが弱いです。始めに結論を持ってくることが大切なので、アルバイトで「何を」頑張ったのかということまで取り入れて一文目を作りましょう。

 

困難
×「覆面モニターの評価が伸び悩んでいました。」
○「覆面モニターの評価が伸び悩んでいた為、もっと接客の質を上げ、お客様に快適な時間を過ごして頂きたい、と思いました。」

困難な事象をただ説明するのではなく、その時自分がどう思ったのかを付け加えて説明しましょう。

 

取り組み、工夫
×「お客様にお願いされる前に先読みして、コートをハンガーにお掛けしたり、食後にお冷をご提供するといった+αの行動を行い、ミーティングでホールスタッフへ共有しました。」
○「お客様の気持ちを先読みし、+αの行動をしました。例えば着席時にコートをハンガーへお掛けしたり、ドリンクのお勧めを断られてしまった場合でも、お茶かお水をご提供するといったことです。また、ホール全員で取り組むことで店舗全体が改善されると思い、ミーティングの際にホールメンバーに呼び掛け、全員で実施しました。」

ガクチカで最重要部分ですので、ここで文字数を多めに使いましょう。大切なのは深く掘り下げて説明すること、自分がどう考え、どう働きかけたのかを分かりやすく伝えることです。

 

結果
×「エリア一位を獲得することが出来ました。」
○「エリア一位を獲得することが出来ました。顧客満足度を上げるきっかけを作ったことで店舗へも貢献出来たと感じています。」

ただ単に結果を述べるのではなく、その時に自分がどういう気持ちだったのかを入れながらエピソードを説明すると相手に伝わりやすくなります。

 

学び
×「人の立場に立って行動することの大切さを学びました。」
○「人の立場に立って行動することの大切さ、そして課題とその原因を考えることで、解決策を見出せることを学びました。」

人の立場に立って行動することの大切さというのは当たり前すぎて学びとしては弱いので、更に学びを追加して内容を濃くしていきます。

入社後の姿(どう生かすか)
×「この経験で培った自ら考え実践する力を生かし、御社にも貢献していきたいです。」
○「この経験から、私は自ら考え、やるべきことを実践する力が身に付きました。私は今後も課題を見つけ自らがどう働きかけていくかを考え行動することで、御社に貢献していきたいと考えています。」

ここもとても重要な部分です。入社後の姿が浮かぶような文章にすることが大切です。文字数が可能であれば、この部分は力を入れたいですね。

350字、400字で定型文を作っておこう

さて、詳細エピソードを磨いたことでだいぶ仕上がりに近付いてきました。あとはESへ書けるようにまとめていきましょう。

ここでポイントとなるのが、ガクチカの定型文を作っておくということです。
300字と400文字くらいで作っておくと、よく問われる文字数なので使い勝手良いと思われます。いざ本番、となったときには何社もESを書くわけですから、出来るだけ時間を省きたいですよね。先に定型文が出来てしまえば、ES作成の作業はとても楽になります。
ここでは350字の例文を紹介します。それより少ない、多い場合には微調整しながら使っていきましょう。

では、先ほど例に挙げた居酒屋のアルバイトの詳細エピソードをもとに、350字で作成したガクチカがこちらになります。

 

「私は居酒屋の接客アルバイトで、顧客満足度の向上を図りました。覆面モニターの評価が伸び悩んでいた為、もっと接客の質を上げ、お客様に快適な時間を過ごして頂きたいと思ったからです。私はお客様の気持ちを先読みし、+αの行動を心掛けました。例えば着席時にコートをハンガーへお掛けしたり、ドリンクのお勧めを断られてしまった場合でも、お茶かお水をご提供するといったことです。また、ミーティングの際には他の従業員へ呼び掛け、全員で共有し実施しました。その結果、お客様からも喜んでいただき最終的にはエリア一位を獲得することが出来ました。私は課題と原因を考えることで、解決策を見出せることを学びました。私はこの経験を生かし今後も自らがどう問題へ働きかけていくかを考え行動し、貴社へ貢献していきたいと考えています。」

上記の内容で347文字になっています。
どうでしょうか、詳細エピソードの部分で考えた文章は全て入れることは出来ず、意外と文字数が少ないことがお分かりいただけると思います。だからこそ、最初から決められた文字数で書き始めるのではなく、エピソードや書きたい部分を先に考え、要約していくことで内容が濃いものとなっていくのです。

 

ガクチカの面接必勝法!

最後にガクチカの面接必勝法についてです。ガクチカはESでも多く問われますが、その後面接へ進んだ際にも必ず問われる質問になります。ESとはまた違ったコツがありますので、ご紹介したいと思います。

面接のガクチカは1分で!

基本的にはESで書いた内容とエピソードは同じものを説明するわけですが、時間は1分が限度です。それ以上にダラダラ話し続けても、逆効果になります。
話したい実績が沢山あったとしても話したい部分を要約し、時間はきっちりと守るようにしましょう。

では、1分とは何文字程度話せるのでしょうか。話す速さは人それぞれですが、350字程度を1分で話しきることが一番良い速さと言われています。前項で作成したESの定型文が350字でしたから、そのくらいの内容と思っていただければ良いです。実際に1分でスラスラ話せるように、家でタイマーを使って練習してみましょう。練習するのと、練習せずに本番を迎えるのとでは、大きな差が出てきます。

全てを話しきる必要はない

350字程度を1分で話しきる、となると、やはり伝えたいことは全て話しきれない方が多いのではないでしょうか。でも、それでいいのです。面接官にもっとこの部分を聞いてみたいな、と思わせ質問をしてもらうことが重要だからです。
あえて詳細は詳しく話さずに相手にいくつか質問をしてもらい、テキパキと答えられると印象も良くなります。

勝つ就活を!!

ここまでガクチカの探し方、そしてESの書き方、面接までのポイントをお伝えしてきました。ガクチカがしっかりとまとまると、就活はとても進めやすくなります。多数のエントリーが始まるまえに準備出来ることですので、時間があるうちにやっておきましょう。そして、周りがまだ就活モードでない間に差をつけ、「勝つ就活」へ結びつけていきましょう。