コラム/インタビュー

2019/03/11

自己分析をして後悔のない選択をしよう!

なぜ自己分析する必要があるのか

わざわざ自己分析などしなくても自分のことは自分で分かっています。確かにその通りです。「自己分析した結果、自分には人のお世話をする職業が向いていると分かったので御社に…」とか「ぜひ御社でクリエイティブな仕事をしたいと…」などの答えしかないのであれば、わざわざ時間を割いて分析する必要はありません。そんなことやる前から分かっています。
就職活動に必要な自己分析は、就職に対するぼんやりした考えをロジカルに整理するためにの、「具体的な自己分析」です。自らを具体的に分析することで、企業選びの軸を持つことができ、将来に対するビジョンをクリアにすることができます。

自己分析って何をすればいいの?

一般的に就活生にとって「自己分析」とは以下の3つをイメージする人が多いのではないでしょうか。

自分史を書く

→経験をベースを自分を客観的に見つめて企業選びの軸にする。

ガクチカ(学生時代に力を入れて頑張ったこと)をまとめる

→面接で自己アピールする材料を用意する。

他己分析してもらう

→自己分析と重ね合わせることでより正確に分析できる。

 

いずれもよくある就活サイトで紹介されていることです。しかしそれだけで十分に自己分析をしたと言えるでしょうか。答えはノーです。なぜなら実は、先に挙げた3点は「自己分析」というより「就活対策」に過ぎないからです。仕事に対する自分の考えを十分に分析できたとは言えません。悔いのない就職活動をするためには、就職対策としての形式的な自己分析だけではなく、より現実的かつ具体的に自己分析する必要があります。そうすることで、自分の意識をより深く掘り下げて考えることができ、企業選びの軸ができ、それを考える過程が自分の自信につながります。

 

より現実的かつ具体的に自己分析する方法

具体的な自己分析の例をいくつか挙げます。
・「年収は最低いくら必要か」
・「実家を出て一人暮らしできるか」
・「将来は地元に戻る必要があるか」
・「結婚して子どもが生まれても家族を養えるか」
・「安定した大企業につきたいか」
・「叶えたい夢はあるのか」

そんなこと面接で言えるわけないと思うかもしれませんが、これらの問いに対して自分の意思をクリアにすることで初めて、なりたい職業や働きたい会社を明確に選ぶことができるのです。学生時代にはあまり具体的に考えないことばかりかもしれませんが、社会経験が豊富な面接官は、その学生がどれぐらい地に足をつけて就職活動に向き合っているかを問います。そのときに「御社の社風に惹かれました」などという自分軸が曖昧な回答では、その人物を評価してもらえません。自己分析はその結果に現実的で具体的な裏付けがあってこそ、意味があります。どんなことでもいいので、就職について思いつくことをブレインストーミングのように何でもリストアップしてください。そうすることで、社会人になる自分が何を大切にしたいかが見えてきます。例えば以下のような感じです。

・「年収は最低いくら必要か」
生活と貯蓄のために最低でも300万は必要
一人暮らしの生活費+実家へ仕送りできる金額が必要
実家暮らしなので年収が少なくても心配ない
やりたいことが大事なので年収は重視しない
⇒年収や雇用形態などの条件が明確になる

・「実家を出て一人暮らしできるか」
一人暮らしの生活費を払うより、その分貯金したい
実家でも暮らせるが、人生経験として一人暮らしを体験しておきたい
希望する職種は年収が少ないため、実家で暮らしたい
就職先次第で実家でも一人暮らしでもどちらでもいい
⇒勤務地や年収が明確になる

・「将来は地元に戻る必要があるか」
親は将来は地元に戻ってきてほしいと思っている
求められてるわけではないが、長い目でみて地元が住みやすいので地元で働きたい
実家から出たいけど遠くても困るので、実家から1時間で移動できる範囲がいい
将来は分からないが、今は絶対に地元を離れたい
海外で働きたいので、将来地元に帰るかは今は考慮しない
住む場所は就職先や結婚相手次第でどこでもいい
若いときは転勤してもいいが、将来は地元に落ち着きたいので地元に本社がある企業がマスト
⇒企業の本社地や勤務地などの条件が明確になる

・「結婚して子どもが生まれても家族を養えるか」
長く働ける

・「安定した大企業につきたいか」
過剰労働、福利厚生、退職金などの心配する必要がないので大企業がいい
大企業は配属先によって自分が希望する仕事に就けるか不安がある
中小企業は大企業より比較的自由に自分の企画を通したり発言することができるので、中小企業で自分の力を試してみたい
将来起業する力をつけるためにどうしてもこの(希望する)会社で業界のノウハウを身に着けたい
プライベートも充実させたいので、残業規制が弱そうな中小企業は避けたい
⇒なぜその会社で働きたいかという意思がクリアになる

・「叶えたい夢はあるのか」
どんなに給料が少なくてもなりたい職業がある
仕事以外に夢があり、その夢を叶えられるなら年収も勤務地も妥協する
希望する企業で自分の力を試して、世の中で自分の力を発揮することが夢
希望する年収や勤務地で安定して働くことが夢
すぐには実現できない夢があるので、働きながら資格の勉強ができるところに就職したい
⇒何のために働くのかが明確になる

いかがでしょうか。ここまで踏み込んで具体的に分析することで、分かっているつもりの自分でも、自己分析をする前と後では、就職活動へのアプローチが変わってくる可能性があります。自己分析とは、漠然とした自分をロジカルに整理してアウトプットすることなのです。これらの分析が不十分なまま就職すると、仕事選びの軸が不安定なため、不満をもったまま働き続けるか、転職を繰り返すことになります。自分に合う条件の会社を見つけることができると、面接官の質問にも落ち着いて答えることができます。

 

自問自答し続けろ

具体的に自己分析するメリットをお分かり頂けたでしょうか。
<具体的に自己分析するメリット>
・意外な選択肢を見つけれる可能性がある
・将来を具体的に考えられる
・現実を直視することができる
・面接であなたはどんな人かと問われたときに、具体的に答えることができる
・自分が何を大切にしたいかが明確になる
・理想と現実で迷う気持ちを整理することができる

就職は人生を大きく左右します。面倒だと思われがちな自己分析ですが、後悔しない選択をするためにやってみる価値は十分にあるのです。手っ取り早くインターネットの無料診断で形式的な自己分析をするのもいいですが、それだけで終わらせるのではなく、ぜひ手間と時間をかけてアナログな方法で自己分析してみてください。確実にアナログな自己分析の方法のほうがやる意味があることが分かります。そしてアナログな分析を怠ると、入社1年で退職したくなったり、転職が厳しい年齢になってから転職を迫られたりすることになりかねません。

自己分析には正解もゴールもありません。なぜなら人は変わるものだからです。今の分析結果は、未来の分析結果と同じとは限りません。今の自分の状況に安堵せず、焦らず、いつかぶれない答えが見つかるまで自問自答し続けることが一番大事なのです。