コラム/インタビュー

2019/03/11

ES・履歴書に自己PRはどう書く?例文ありで自己PRの書き方を詳しく紹介します!

就活において、ES・履歴書に自己PRを書かされる機会は多いと思います。なぜ就活生に履歴書で自己PRを書かせるのでしょうか?この記事では企業が履歴書に自己PRを書かせる理由を説明した上で、履歴書に自己PRを書くポイントを説明します。

 

ES・履歴書における自己PRのポイント

企業がES・履歴書で自己PRを求める理由は、自分の長所をきちんと理解しているかどうかを確かめるためです。企業側からすれば、ES・履歴書は就活生を判断するための材料となるものです。そのため、就活生はES・履歴書を通じて積極的に自己PRをして、企業の採用担当者に自分を売り込む必要があります。

 

【ポイント】

①企業の求める人物像に沿って書くこと

②具体的なエピソードも加えて書くこと

 

ただ単に、自己PRとして単に長所を書くだけでは企業の採用担当者を納得させることはできませんので注意しましょう。何の根拠もなく長所を書くだけなら誰にでもできるので、他の就活生と差別化することにつながりません。その長所のおかげでどのようなことを成功させることができたかについて具体的なエピソードを語ることができれば、企業の採用担当者にもかなり強い印象を与えることができます。
そのため、自己PRとして長所がどのように培われたのか、その長所によってどのような成功体験ができたか、そして、企業の求める人物像に沿うようにES・履歴書で長所を書くことがポイントとなります。

 

ES・履歴書における自己PRの書き方

ES・履歴書で自己PRを書く場合には、以下の手順に沿ってエピソードを構成していきましょう。

 

①書き出しに自分のもつ長所を述べる
まずは、ES・履歴書の書き出しに自己PRとして自分の長所を端的に述べましょう。企業の採用担当者は一日に何百枚ものES・履歴書に目を通しています。そのため、まずは結論である長所がどのようなものなのかをはっきり冒頭で書くことが大切です。最後に長所を書いても、企業の採用担当者にはアピールすることができません。ES・履歴書の長所欄は、自己PRのために非常に重要なので積極的にアピールするようにしましょう。

企業の採用担当者が採用したいと思えるような長所であることもポイントとなります。「向上心が強い」「協調性がある」「行動力がある」など、企業が求めるような自己PRを書くようにすると、企業の採用担当者も採用してみたいと思うはずです。志望する業種や職種にも考慮してアピールするようにしましょう。

 

②長所を発揮したエピソードを述べる
最初に長所(結論)を書いたら、次はそれが本当であることを示すために具体的なエピーソードを交えることがポイントです。リーダーシップがあるということが自己PRであるならば、「大学のサークルでは代表を務め、リーダーシップを発揮して1,000人規模のイベントを成功させた」などと書くようにしましょう。具体的なエピーソードが無いと、最初に書いた自己PRが嘘のように見えてしまうので注意が必要です。

 

③長所を発揮したエピソードの中で、どんな成果を出したかを述べる
次に、自己PRとして長所を発揮した結果として、どのような結果(成果)を出したかについてエピソードを加えます。先の例で示したように、リーダーシップを発揮して1,000人規模のイベントを成功させたなどとアピールしましょう。その際に、成果を出すために苦労したことなども書いておくと、より一層エピソードに説得力をもたせることができます。「準備の段階でサークルのメンバーが揉めてしまい、イベントの日程が延期になりそうだった」などのエピーソードを踏まえた上で説明すれば、「それでも私がリーダーシップを発揮して全員で話し合いの場を設け、メンバーを納得させたことで、みんなが団結してイベントを成功させられた」など、より一層具体性を持った説得力のある自己PRにつなげることができます。

 

④自分の長所が入社後どう生かせるかを書く
最後に、自己PRとしてその長所が実際に入社した後どのように活かせるかを端的に説明してまとめます。「御社に入社後も、リーダーシップを発揮し、難しいプロジェクトも成功に導くことができます」など、希望する職種や業種などを踏まえ、実際の業務と結びつけるようにするのがポイントです。

 

ES・履歴書における自己PRの例文

実際にES・履歴書に長所を書く際に参考になるように、以下では、履歴書における長文の書き方の例文を示し、そこでのポイントについても解説していきましょう。

 

①自己PRとして「忍耐力があること」をアピールする例文
「私の長所は忍耐力があることです。大学時代の部活は、強豪校であったためフィジカルトレーニングなど苦しい練習がたくさんありました。しかし私はその練習に耐え、見事に全国大会で優勝を納めました。御社に入社した後も、忍耐力の強さを活かして、難しい仕事も忍耐強く取組み、逃げ出すことなく成果を出せると考えます。」

上で説明したように、まずは冒頭で自己PRとして長所をきちんとアピールすることが大切です。例文でも、説明した通りの構成となっていることを確認して下さい。その上で、苦労したエピソードを盛り込み、長所を培ってきたこと具体的に説明しながら、長所を発揮したことによって、成果を出すことができたことを説明しています。その後、自分の長所を活かして企業に入社した後もその長所を活かすことができることを積極的にアピールしています。

 

②自己PRとして「責任感の強さ」をアピールする例文
「私の長所は責任感が強いことです。私はゼミのゼミ長を務めていました。ゼミの先生から毎週レポートの提出が義務付けられていましたので、2年間確実にレポートを提出してきました。そのレポートは実際にゼミで議論のたたき台となるものだったので、ゼミ長として責任を持って行動することが必要であると考えたからです。この責任感が強いという私の長所は、御社に入社後もどんなに小さな仕事でも責任を持って実行できることにつながると考えます。」

自己PRとして長所について端的に書いた後、すぐに具体的なエピソードを説明するようにします。ダラダラと冗長に書かずに端的にまとめることがポイントです。企業の採用担当者としても、一人ひとりの長所を長く読んだりしてはくれません。端的にアピールすることを忘れないようにしましょう。そのうえで、上で説明した通りの構成で、自己PRとして長所をES・履歴書の中でアピールするようにしましょう。

 

③自己PRとして「真面目さ」をアピールする例文
「私の長所は真面目であることです。何事にも誠実に一生懸命取り組んできたことで、大学時代の成績の多くはSを取ることができ、優秀な成績であったため大学から奨励金を獲得することができました。御社に入社後も、この長所を活かしてどんな仕事にも誠意を持って丁寧に取り組むことができます。丁寧に取り組むことで、消費者の満足度を高めることに貢献できると考えます。」

真面目さを長所として書く場合、エピソードが非常に重要です。インパクトのあるエピソードを用意するようにしましょう。その理由は真面目であるということは大人しいことと紙一重になってしまうからです。企業の採用担当者としては、大人しい人よりも積極的な人を採用したいと考えています。その意味で、真面目であることが大人しいということにならないように、具体的なエピソードでインパクトを与えるようにすることが自己PRにつながります。

 

ES・履歴書で長所を書く場合には、自分の長所をどのように企業の実際の業務の中で活かせるかを考えることが非常に重要となります。実際の業務に長所を活かせるかどうかを考えることは、自分が企業に入社した後、どのようなことができるかをアピールすることにもつながります。最企業の採用担当者も、どんな仕事ができるかを常に考えている学生を採用したいと考えるはずです。履歴書で長所をアピールする場合には、きちんとこの点も考慮して自己PRすると、より一層良いES・履歴書が書けるようになります。

 

究極は一言で射止める自己PR

ES・履歴書に自己PRを書く場合には、採用担当者に対して端的に伝わるように書かなければなりません。採用担当者は就活生が提出したES・履歴書をたくさんみることになるので、長文にすべて目を通すことはできません。そのため、上で述べたES・履歴書を書く際のポイントを踏まえて書くことが大切です。自己PRを書くにあたっては、自分の長所を書くだけでは具体的に欠けることになります。そのため、自己PRとして自分の長所を書く場合には、具体的なエピソードを盛り込んで説得力をもたせることが大切です。さらに、その長所が自分の希望する会社でどのように活かせるのかまできちんと書きましょう。そうすることで、採用担当者にあなたを採用するメリットを明確に伝えなければなりません。