コラム/インタビュー

2019/06/03

どのインターンに参加しようか迷ってる方へ。良い選択をして有効な時間にしよう!

今では数えきれないほどインターンをする機会は転がっています。その中でどのインターンが自分の本当に行きたいインターンなのか、自分の求めているものなのかを見極めるのは至難の業です。ですが、インターンはその人の大きな成長機会となり、就職先につながることもあり学生の皆さんにとって非常に大きな機会ともなります。この記事では、そのようなインターンの機会を選びきるポイントを解説していきます。

 

そもそもインターンとは?

インターンを選ぶポイントの説明の前に、まずインターンとは一体どんなものなのか簡単に説明していきます。インターンとは一時的に企業に入り、社員と一緒に働く就労体験の機会のことです。

短期インターン

短期インターンは主に企業や業界を知ることや企業と学生の接点を作る機会として行われています。短期インターンの内容としては、社内見学や説明会、グループディスカッションなどが行われている場合が多いです。また、2週間かけて企業から課せられた課題への解決策を提案する課題解決型のインターンなども行われています。

長期インターン

長期のインターンでは採用に直結させたり、実際に戦力として採用したりする場合などがあります。内容としては実際に一つのプロジェクトを社員と協力して取りくんで一つのサービスを丸ごと任されるなどがあります。また、実際に企業の仕事に携わり、長い間一緒にいるため、社員からのFBや評価を受けることがあります。

インターンをするメリットとは?

インターンを選ぶポイントの説明の前に、まずインターンとは一体どんなものなのか簡単に説明していきます。インターンとは一時的に企業に入り、社員と一緒に働く就労体験の機会のことです。インターンにはいくつか以下のようなメリットが存在しています。

企業や業界の空気を知れる

実際に興味があったり、志望している企業や業界で働いてみることで、業務内容や雰囲気を肌で感じられるでしょう。

ビジネスマナーが身につく

通常の大学生活では得られないような、オフィス勤務することでオフィスマナーを学んだり営業同行することで営業のビジネスマナーを学ぶことができるでしょう。

就活にもつながる

最近では、インターンをそのまま採用につなげている企業もあります。インターンへの参加やそこで残す成果に伴い面接免除などのケースもあると言われているので就活を控えた学生には大事な機会といえるでしょう。

インターンは「探す」ではなく「選ぶ」

インターンを「探す」のではなく「選ぶ」ことの重要性と難しさを知っていますか?そもそも、「探す」と「選ぶ」には大きな違いがあります。探すだけならば興味があるワードを入力して検索するだけで完了します。しかし選ぶということは、そこからさらにもうひと踏ん張りする必要があります。
インターンに参加したいなあと思うと、ちょっと検索したらすぐにいろいろな企業の多様な種類のインターンがヒットする時代です。こうしてインターンを探すのはあっという間に終わります。ここからインターンを選ぶ段階に入ります。
「選ぶ」という段階で皆さんはどのような判断軸で何を大事にして選びますか?この質問にスムーズに答えられる人は多くはいないのではないでしょうか?ですが、選ぶ=意思決定に大事な判断軸を持つことが選ぶうえで非常に大事になってくるのです。いきなり判断軸は何だ?、と聞かれても難しいと思うのでいくつかの観点を紹介します。自分は一体どうなのだろうかを意識しながら読んでみてください。

そもそものインターン参加への目的は何なのか

インターンに参加する目的を定めないと参加する意味はほとんどなくなるでしょう。究極、無目的にインターンに時間を投資するのは時間の無駄になってしまう可能性が高いです。まずは目的を明確に持ちましょう、以下は目的を持つうえでの観点の例です。

そもそもインターン参加が目的

この場合はあまりインターンに参加することはお勧めしません。インターンは何かの目的に対して手段としてあるものです。それでもどうしてもキャリアにインターン参加を付けたいのであれば、家から近いやコミット量が少なくても問題ないインターンなどを探すといいでしょう。

自己成長が目的

自己成長が目的の場合はできるだけ、どのような成長をしたいのかを明確にしていくことが望ましいです。自己成長の中でも何か将来就きたい職業の専門性を磨いていきたいのか、それとも社会に出て働くためにビジネスマナーを身に着けたいと考えるのかでも、選ぶ企業は変わってくるのではないでしょうか。例えば、専門性を磨いていきたいなら具体的に仕事内容が決まっていて、かつ業界や分野が合致した企業に絞ってインターン先を選びましょう。

自分の強みを伸ばしたい、或いは弱みを克服したい

自身の強味を活かして今の自分の実力がどれほどのものなのかを確認する機会として、裁量権を大きく与えてくれる企業でインターンをしてみるといいでしょう。そこでのポイントはインターンという固有性を活かして複数の人たちと協働する機会を選ぶことで自分ではなかなか得られなかった気づきを得られるかもしれないですね。逆に自分の弱みを直したい場合は、できるだけ苦手な作業が求められる企業へインターンに行くのもいいでしょう。その際のポイントはできるだけ社員からの手厚いサポートやFBがあると安心して自分の弱みと向き合っていくことができるのではないでしょうか。

環境を変えることが目的

なんとなく頑張れる環境に身を置きたい、このままぼーっとしていてはだめだと思うときは、どれだけ自分を高められる環境なのかを調べましょう。環境を調べる方法はさまざまです。まずはインターンを紹介しているサイトに記載されている求められるコミットメントの日数や時間が参考になりますね。それだけでなく、もし身近にその企業で働いている知人がいる場合は積極的に話を聞きに行きましょう。ただし、一番参考になるのは実際にアポイントを取り企業訪問をして社員の人と話すことでしょう。

目的を見つけることが目的

目的が見つからないから、見つけるために参加することも決して問題ではありません。将来したいことが見えていない、今何をやりたいのかも明確ではない場合などは、様々な仕事を任されるような企業や、裁量権があまりなくサポートをメインで行える企業を探すといいでしょう。様々な仕事を体験することで自分が興味あるものとそうでないものの違いに気づく機会にしていきましょう。

他機会と比べての優先順位は何番目なのか

インターンへの目的が定まったあとに課題といて出てくるのは優先順位なのではないでしょうか。インターンも頑張りたいが、お金の問題、学生であるため学校の講義サークルの活動があるなど色々な障壁があるのではないでしょうか。それらのやらなくてはならないことと、やりたいことの中で「インターン」というものを何番目の優先順位として設置するのかは重要です。アルバイトをしないとお金が足りない人の場合、選ぶうえで給料が発生することを要件に入れることが必要でしょう。インターンでは社員と同じように扱われることが多く、アルバイトと並行して参加することは、時間的にも体力的にも厳しいでしょう。もしインターンの優先度が高いのであれば、時給が発生するような有給インターンや成果に応じて報酬のあるインターンもあるので、そのような企業を選びましょう。インターンよりも学業を優先しかったり、学業で忙しいかったりする場合は、勤務時間に融通が利く企業やコミットメントの長さに強制力がない企業を選ぶようにしましょう。

どのようにして判断軸や目的を見つけるのか

目的や判断軸といわれても簡単に持つことはできないでしょう。そこでまずは自己分析をしていきましょう。自己分析を行うことでこれまでの自分と向き合い、自身の傾向や趣向性を把握することが第一歩となるでしょう。(いい感じの自社リンクあれば)
また、自己分析ができたら次は他者から声を聞いてみるのもいいでしょう。実際に社会で活躍している先輩や、興味がある分野の社会人の人にアポイントを取って話すことで現場の声を聞いたり、インターンに実際に参加した知人に聞いたりして、具体的なイメージを沸かせて行きましょう。そうすることで自身に合っているのかどうかを見極めていきましょう

あなたに適したインターンを選びましょう

これまでに書いてきたように、インターンを本当に価値ある時間にするためにはどのようなインターンに参加するのかが非常に大事になります。しかし、誰にしもいいといえるインターンというのはなく、あなたに最適なインターンを選んでいくことが必要になってきます。そのような最適なインターンを選びきるためにも、自己分析を行いしっかりと自己に向き合うこと、向き合うために行動を起こすことがまずはインターン選びの第一歩です。そうとわかったら、素早くPCを閉じてノートを広げまずは自己と向き合う時間にしましょう。