コラム/インタビュー

2019/05/13

就活における企業の選び方

就活での起業選びはとても大切です。多くの就活生に見られる傾向では、「どこでもいいから就職したい」というもので、その場合は後で必ず後悔してしまいます。

理想の職場環境・給料・自分の能力に見合った仕事を想定し、実りある就活にしましょう。

今回はそのあたりの理想的な就活方法をご紹介し、就活で着実なステップを踏むための土台づくりをお伝えします。

自分に合った仕事を選ぶこと

「自分に最適な仕事」を見つけることは本当に難しいです。

「理想の仕事」を想像することは誰にでも簡単にできますが、その理想の仕事が「実際に世間にあるかどうか」を確認することが難しくなります。

この場合の打開策は、まず「情報収集」を徹底し、その情報収集によって集められた仕事のデータを並べた上で、そこから「消去法の形で自分に合った仕事を見つけていく」という方法が効果的です。

さらにその「最適な仕事」を見つける場合、まず「自分に合った仕事を診断できるチェック項目」を元に見極めることも大切です。

自己分析や情報収集を基本にし、着実に「自分の理想の仕事」を見つけることが最適となるでしょう。

どんどんアクションを起こしてみる

「その仕事のことを考えるだけでどんどん夢が膨らんでいく」という場合、その仕事が自分の理想の仕事であることを伝える〝貴重なヒント〟になってくれています。

この場合、自分の理想となる特定の仕事を真正面から見極める方法となるでしょう。

「自分の理想的な仕事・自分に合った仕事」のことを考えただけで「あれも、これも」と他にもやりたいことや生きがいを少しでも多く見つけ出せるかがキーポイントです。

まずはそのような仕事をできるだけ多く探してみて、もし見つかった場合、その特定の仕事に関する情報を徹底的に調べましょう。

そしてここで重要なのは、体験入社できる場合・実習できる場合などを、事前に調べておくことです。

その理想と思える仕事に少しでも深く関わることが大切で、実際にそこで働く気持ちでどんどんアクションを起こしていくことが大切です。

仕事内容から自分に最適の仕事を探すこと

当たり前のことですが、「自分にあった仕事」を考えるとき、必ずその仕事内容と自分の能力が見合っているかについて確認しましょう。

「その仕事内容がどんなものか」という基本的な情報確認をしておき、その上で「その仕事が果たして自分にとって興味のあるものかどうか」を見極めることが肝心です。

ここでは、その理想の仕事内容・環境をピックアップするための許容範囲を、できるだけ広く持っておくことも大切です。

仕事内容というのは「実際にやってみないとわからない」ことが多いです。なのでこの場合、体験入社や職場見学などによって「実際にその仕事に携わってみる・体験してみること」が優先されます。

できるだけ多くの職種情報を集めておき、そこから消去法で自分に最適な仕事を確保していくやり方を試してみましょう。

職場の所在地情報は大切

どんなに理想的な仕事でも、その職先が自宅からあまりにも遠い場合は、その仕事を続けていくことができません。おそらく誰でもこの点は重要な確認事項となるでしょう。

連日勤務していく上では、できるだけ自宅から近場にある職場の確保が望ましく、可能なら30分以内、1時間以内で通勤できる職場を選んでおきましょう。

職場・会社の所在地というのは、その仕事を続ける際に非常に大きなポイントとなります。

引っ越しや別天地での職務を希望しない限りは、この「職場の所在地と自宅の距離」について検討しておき、自分が確実に勤続できる環境を確保しておきましょう。

自分の能力を確実に生かせる企業を選ぶこと

これは誰にでも言えることですが、就職する際に最も重要な点は「自分の能力や特技が、その仕事に確実に生かせられるかどうか」です。

企業選びの際には最も大きく問われる点なので、「自分の能力と仕事との相性」は確実に見極めておきましょう。

どんなに規則が緩い職場でも、またどんなに自宅から最寄り近い会社であっても、自分の特技・能力を生かすことができない場合は転職を考えるものです。

一度の就職で「その後の生活を安定させたい」と願う場合は、特にこの「自分の能力をその仕事に生かすことができるかどうか」について、じっくり確認しておきましょう。

基本的に「自分に合った仕事」というのは、この「自分の能力・特技を生かせる仕事」のことを指します。

趣味の延長上にある仕事は理想

「自分の能力・特技を生かせる仕事」から延長される内容になりますが、趣味というのは基本的に「自分が好きなこと」から生まれてきます。

「好きなこと」というのは、その人に継続させる力を与えるもので、連日その仕事をしていても「飽きない作業」につながります。

さらに趣味は「自分の能力や特技」を向上・活性化させてくれる性質を持つため、既存の企業でなされる仕事を「自分に合った仕事」に置き換えることができれば、それだけで理想の職場を見つけられるでしょう。

理想の企業は充実を与えてくれる

仕事を探す上で、「やりがいのある仕事」や「満足できる仕事」を探すことは大切です。

その満足度によっては、その後のサラリーマン生活をずっと継続して安定させてくれる土台になってくれることがあります。

「自分に合った仕事」を探すということは、もちろんこの「安定した生活を確保できる仕事」となるため、どんな仕事を探す場合でも「満足できる仕事」を探すことは重要です。

この方法の1つとして、やはり情報収集によっていろいろな仕事情報を検索しておき、その中から満足できる仕事を探すことが効果的でしょう。

その際、新しい分野の仕事を調べていくうちに、それまで知らなかった満足感の持てる仕事が見付けられる場合も多々あります。

理想の企業はやりがいを与えてくれる

まず「自分に合った仕事」というのは必ず「やりがいを持てる仕事」である必要があり、そのやりがいを持ち続けることによって安定した生活を送ることができます。

このやりがいというのはこの仕事探しの場合、特に「やってみたい仕事」や「その仕事をすることによってかなりの利益を得られる仕事」であることが多く、その両方の性質を持ち合わせた仕事を見つけることが先決となるでしょうか。

理想の企業には就労時間に無理がない

これは意外と見落としがちですが、「仕事が決まればどこでもいい」というものではありません。

その仕事を実際にしていく上で、「どのようなシフト体制(勤務体制)が組まれるのか」ということをあらかじめきちんと把握することは大切です。

仕事は毎日ずっと続けていくものであるため、少しでも「楽をして稼ぐことができる」という考え方は必須です。

「理想の仕事」を「自分の環境・状態に見合った仕事」に置き換えてもよく、とにかく「安定して継続できる仕事を探すこと」に専念してみることが大切です。

理想の企業は自分の夢を実現させてくれる

この場合の「夢」というのも、「自分の環境に見合った理想」と置き換えてよいでしょう。

自分の能力・特技を存分に発揮することができる仕事をはじめ、その仕事によって、自分が欲しがっていた利益を十分満たしてくれるという、想定以上の報酬が得られることが望ましくなります。

「大は小を兼ねる」や「一石二鳥」という言葉がありますが、この場合でも「1つの仕事を見つけることによって、2つも3つも自分にとっての利益が転がってきてくれる」という状況は誰にとっても嬉しいことでしょう。

このような「一石二鳥」を生んでくれる仕事を「自分に合った仕事」に置き換えておき、生活する上で着実な充実感をしっかり与えてくれる企業選びを検討しましょう。

理想の企業は続けられる仕事

仕事というのはその生涯をかけて続けられていくものであるため、すぐに無理が重なってしまう仕事は避けなければなりません。

そのためにも「自分に合った仕事」を見つける際には、継続できる仕事内容・環境・条件確実にを見定めておきましょう。

この場合、企業説明会やハローワークの紹介などで「自分の理想を叶えてくれる職場」を何点が見つけておき、その中から消去法の形で「少しでも自分が考えている理想の仕事条件」に見合う職場を探すことが第一歩になります。

満足できる給料かどうかを確認する

「その仕事をしていくら報酬を得られるか」というのはどの仕事をする場合でも非常に重要なポイントとなります。

基本的に給料というのは生活基盤を支えてくれる柱となるため、この給料の高低によって仕事を選り分けることも場合によってはとても重要になるでしょう。

自分に最適な仕事を探す場合、多くは「やりがい探し」や「自分の能力や趣味を生かせる仕事探し」だけに専念してしまいがちです。

しかし現実をきちんと把握しておき、「最低でも月に○○万円はもらえなければ困る」という一応の基準は持っておきましょう。

人間関係から理想の企業を選ぶ

仕事を辞める理由のトップが、この「職場の人間関係によるもの」です。

人間関係というのは職種によってかなり変わってくるため、できるだけ詳細な情報収集が必要になります。

仕事環境によっては、波長が合わない人や嫌いな人、親切な人やずっと一緒に仕事を続けたいと感じさせてくれる人など、その出会いの形はいろいろあるでしょう。

「自分に合った仕事を見つけることができた」と喜んでいても、人間関係によってせっかく好きな職場を辞めるというのは実にもったいないことです。

そうならないようにあらかじめ職場環境を調べておき、職場の雰囲気にしっかり配慮しておくことが大切なのです。

自己分析も必ずしておくこと

理想の仕事・企業を探すときには、必ず自己分析をしておき、自分にとってどの企業が向いているかを確認することが大切です。

仕事スキル・能力・性格などを自分なりに把握しておき、それらを一応の基準として参考にして、自分が目指す特定の企業で働く際の足掛かりにすることは重要です。

この場合はネット検索で各企業の情報を取得しておき、「ここなら自分にできるかも?」と少しでも確信できる職種をピックアップしましょう。

必ず自分の能力に適した仕事を選ぶこと

どんな企業でも、「その仕事に向いている人」を雇用することを理想とします。

人当たりがよい人は営業に、執筆が得意な人は出版に、独創力に長けている人は企画課に就くなど、とにかく「自分の能力・性格に見合った部署に採用されること」は当たり前のことです。

仕事をする際には、自分と職種の相性を事前に把握することによって、「自分の能力を伸ばせる仕事」を簡単に見つけることができます。

この方針を貫くことで、離職せずに安定した仕事を続けていくことができるでしょう。

就活時は情報収集が必須

情報収集による効果は「それまで知らなかった自分に合った仕事を探し出してくれること」にあります。

たとえば「自宅で出版の仕事がしたい」と考えた場合、それを実践させてくれる職場を知らなければ「そんな会社は初めからない」と簡単に諦めてしまいます。

しかし情報収集によって「それを実現させてくれる会社」や「それに似た仕事をさせてくれる会社」があるのを知れば、その時点で就職するために努力できます。

このように、情報収集の力は「不可能を可能にできる情報」をくれることがあるため、最適な仕事を探す際にも必須となるでしょう。

プライベートの時間を確保できる企業を選ぶ

これも重要なポイントですが、就職を決める際には確実にプライベートを守れる仕事・企業選びをしましょう。

日常生活が充実していて初めて仕事に満足できるため、この「プライベートの確保」というのは、「自分に合った仕事」を見つける上でかなり効果的なポイントになります。

多忙な企業、自分の能力に合っていない企業、遠地に職場がある場合、残業がある企業などは、このプライベート確保がかなりむずかしいため、その辺りの情報を事前に確認することが大切です。

就活での企業選びは慎重に!

いかがでしたか?

今回は「就活での理想的な企業選び」をメインにして、自分に最適な仕事・企業を選ぶための情報の活用法をはじめ、「オンリーワンの天職」を見つける際に必須となる重要なコツなどをご紹介しました。

「自分に最適な仕事・企業」を探すときに必要なことは、自分の能力・特技を存分に発揮できる職場を自己分析によって見つけ、その仕事を継続できるよう斡旋することが大切になります。

そのために情報収集を徹底しておき、まずは自分に少しでも向いている企業を押さえ、その中から特定の企業情報を徹底的に調べておくことが大切です。

理想的な企業を確実に探し出すための情報ツールを持っておき、実り豊かな就活につなげることを目指しましょう。