コラム/インタビュー

2019/02/04

人事経験者が教えるESの書き方のコツとは?

インターンや本選考などの際にESを書くにあたって、「何をアピールしてよいか分からない」「書き始めるにしても気をつけるべきポイントが分からない」と悩みますよね。そこで今回は、ESの書き方を、インターン・新卒採用の人事経験者がアドバイスします。

 

ESとは?

ESとは、就活の本選考やインターンの選考において、企業に提出する応募書類です。本選考やインターンに応募する際に、申し込みと同時に提出を求める企業が多く、面接時の参考資料として使われるとともに、選考の第一段階になることもあります。面接に進むには、まずこのESの段階で落とされないようにしなければいけません。

 

ESを書く際に守るべきマナー

ESを書く際には、最低限以下のポイントを押さえましょう。

文章の「敬体」と「常体」を統一する

いわゆる「です・ます調」の敬体を選択するか、「だ・である調」の常体を選択するか、統一しましょう。

下書きをして客観的に見直し、普段の話し言葉を使っていないか気をつけよう。

記号や顔文字は使わない

ESは企業に提出する公式の応募書類です。メールやSNSでよく使う顔文字や「☆」などの記号はもちろん使用しないようにしましょう。また、よく誤解している方も多いのですが、「!」も公式書類にはふさわしくないので避けましょう。

大きな余白はできるだけなくす

「志望動機」や「自己PR」などの記入欄は、できる限り余白のないように記入しましょう。内容はもちろん重要ですが、目立つ余白があると「熱意に欠ける」と受け取られる可能性があります。文字が見辛くなるほどぎっしりと書く必要もありませんが、他の方のESと比べて空白が多い場合、人事の方に与える印象はあまりよくありませんよね。常識の範囲内で、できる限りしっかりとした文量を書くように心がけましょう。

読みやすい文字でボールペンまたは万年筆で記入しましょう(手書きの場合)

ESを手書きで書く場合には、黒のボールペンまたは万年筆などを使って、読みやすい字で記入しましょう。字のうまい、下手に関わらず、読み手のことを考えて読みやすい字で書くことが重要です。また、鉛筆やシャープペンシルなど、消えてしまうものでの記入は、公式書類においてはご法度です。書き間違いを防ぐために、鉛筆で下書きなどしてから記入しても良いかもしれませんね。

誤字・脱字に注意する

基本的なことですが、誤字・脱字には十分に注意しましょう。誤字・脱字は、注意力不足や雑な印象を与えてしまう可能性もあります。記入後は見直しを忘れずにしましょう。

アピールポイントが伝わるESの書き方3つのポイント

続いて、アピールポイントを企業の方に十分に伝えるための書き方のポイントを紹介します。

伝えたいポイントを絞る

学生時代にみなさんが取り組んだことはたくさんあるかと思いますが、分かりやすく相手に伝えるには、伝える内容を絞ることが大切です。

サークルやゼミ、アルバイト、ボランティアなど、学生時代にたくさんのことを頑張ってきた方に多いケースが、様々なエピソードを持ち込みすぎて、結局何を頑張ったのかが企業の方の印象に残らないケース。
ご自身のエピソードの中から、自分から主体的に動き、分かりやすい結果につながった努力をピックアップするようにしましょう。
また、ESが通過した場合、ESに記載されている内容をもとに面接で質問をされることも多くあります。面接で質問をされた際に、ESに書いた内容に加えて、伝えられることがあるエピソードを選ぶと良いでしょう。

5W1Hを意識して具体的に書く

アピールしたいポイントを伝えるには、具体的なエピソードを入れることが大切。

「ボランティアを頑張りました」「アルバイトを頑張りました」ではなく「〇年生の時から〇年間、××を支援する団体にて、ボランティアに取り組みました。××には〇〇のような課題があったので、△△といった施策を通して改善しました。」など、5W1Hを意識して書いてみましょう。

努力を通して何を達成したのかを書く

努力を通して、何が達成されたのかを具体的に書くように意識しましょう。
部活での優勝経験や、スピーチ大会でへの出場経験など、分かりやすい結果がある方はもちろんですが、アルバイトやサークルなど、課題と成果が分かりにくい体験でも、ゆっくりと自身が行ったことを振り返ってみてください。

ESの基本項目の書き方

基本情報の書き方

ESには、氏名、住所、メールアドレス、日付、写真、生年月日、電話番号などの基本情報を書く欄があります。

住所は都道府県名から、マンション・建物名なども省略せずに記入しましょう。合否連絡や、次回面接の日程について電話がかかってくる場合もあるので、電話番号は日中連絡が取りやすい番号を書きましょう。日付は、企業にESを提出する日を記入します。メールに添付して提出する場合は送信日を、郵送する場合は投函日を、持参する場合は持参日を記入します。

学歴の書き方

明確な決まりはありませんが、新卒の就職活動では、義務教育の卒業時である中学卒業から書き始めることが一般的です。学校名は省略せず、正式名称で記入します。

読み手を意識したESを書きましょう

上記のようなポイントを意識して、ESを書いてみましょう。厳格なルールはないものの、読む人のことを考慮し、基本的なマナーを守り書くことを意識しましょう。