先輩たちのES

2019/04/08

【19卒】三井住友銀行 本選考 ES

19卒 三井住友銀行 ES情報

三井住友銀行の19卒 ES体験談です。三井住友銀行のESの設問などを知ることができます。

プロフィール

・企業名:株式会社三井住友銀行
・大学名:日本大学
・性別:女
・業界・業種:金融・メガバンク
・本選考ORインターン:本選考 
・最終選考結果:ES通過

【2019卒・ES選考合格者事例】

【企業名】:株式会社三井住友銀行

【本文】(聞かれた設問と答えた内容)

あなたの「自分ならでは」を教えてください。(チャレンジしたこと・価値観等) 100字以下

  
私は相手の立場に立ち、相手と寄り添いながら目標達成をすることができます。この強みは不動産会社のインターンシップでリーダーとして後輩を指導した際に発揮することができました。

上記(設問1)でお答え頂いたことについて、具体的なエピソードや取組を教えてください。400字以下

私のインターン先では、後輩に業務内容を教えるという決まりがありました。後輩たちに通常は、習得までに1年掛かる不動産の重要書類作成を3か月で習得させるという依頼を上司から受け、内心達困難だと思いました。しかし、たくさんのことを教えてくれた会社に恩返ししたいという思いとやる前から諦めたくないという思いから挑戦しました。この目標達成には、従来のやり方を変える必要があると考えました。 これまでは、不動産の基礎知識を講義形式で行っていました。しかしそれでは初めて不動産の業務に当たる後輩たちには内容も難しく、モチベーションを保つのが難しいと考えました。そこで実践形式の問題を作成し、疑問点があればその都度、質問を受ける形式に変えました。そして、質問を受け後輩たちとの距離を縮めることができました。結果、後輩たちのモチベーションを維持することができ、最初は実現困難だと思った目標を達成することができました。

上記(設問1)でお答え頂いたことについて、苦労したことや克服したこと、そこから得たものを教えてください。400字以下

私は後輩たち全員のモチベーションを保つことに苦労しました。そこで私は連帯感を持ってもらう為に全員で1つの書類を完成させるシステムを創りました。しかし全員の出勤日がなかなか合わないことや1人1人のモチベーションが違うことから不満が噴出しました。このことから1回物事を引いて考えてみると、私が相手の立場に立って物事を考えられていなかったことに気づきました。そこで後輩1人1人と面談を行い改善点について意見を出し合うこと、コミュニケーションを頻繁に取ることを徹底しました。それらを行うことによって、後輩の状況が理解でき、1人1人の進路にあった実践問題を作成し行ってもらうことができました。また、これを行うことにより相互理解が深まり質問しやすい環境ができモチベーションを向上することができました。以上から、私は相手のことを考え寄り添い目標達成する能力を得ることができました。

三井住友銀行を志望する理由についてお答えください。400字以下

貴行を志望する理由は、「スピード感のある自己成長」と「お客様を幸せにする」の2点を達成できると考えたからです。貴行は「少数精鋭」を掲げており、他の都市銀行に比べ行員の数が少ないにも関わらず、常に業界を先導しています。これは、先輩の行員の教育が若手の行員に行き届いており若手の裁量権が認められ、仕事を任せられるからだと考えました。このような環境で他のどの企業よりも早く自己成長ができると確信しました。また法人個人の両方に対応する「リテール」というコースもお客様を第一に考えた業務だと感じました。このようなお客様を第一に考え行動する風土がある貴行なら多くのお客様の1人1人違うあらゆるニーズにも応え、他行には真似のできないソリューションを提供しお客様を幸せにできると確信しました。「スピード感のある自己成長」と「お客様を幸せにする」を目指し、私も貴行の1人となり一緒に成長していきたいと考えました。

上記(興味のある業務)を選択した理由をお答えください。200字以下

学んだ知識やお客様から得た情報が直接反映されお客様の人生に最も近い距離で寄り添うことができるからです。また、様々なニーズを持った幅広い業種のお客様に自分ならではの提案ができることも魅力的です。自分より見識の深いお客様からニーズを聞き出し的確な提案するため常に自らも見識を深め自己成長ができると確信しました。そして、私の強みである相手の立場に立ち、相手のことを考える力を発揮できると考えました。