先輩たちのES

2019/04/08

【19卒】三菱地所リアルエステートサービス 本選考 ES

19卒 三菱地所リアルエステートサービス ES情報

三菱地所リアルエステートサービスの19卒 ES体験談です。三菱地所リアルエステートサービスのESの設問などを知ることができます。

プロフィール

・企業名:三菱地所リアルエステートサービス株式会社
・大学名:日本大学
・性別:女
・業界・業種:金融・不動産・総合職
・本選考ORインターン:本選考 
・最終選考結果:ES通過

【2019卒・ES選考合格者事例】

【企業名】:三菱地所リアルエステートサービス株式会社

【本文】(聞かれた設問と答えた内容)

志望理由 400字以下

  
貴社でお客様に最善の解決策を提案したいと思い志望します。
私は大学1年生の時から、破産物件や相続案件を扱う不動産会社でインターンシップを行なっています。採用ページに掲載されているプロジェクトレポート1(3ヶ月余りで7物件を売却地道な活動が成果を呼び関係者からの信頼を獲得)の杉山様のお話に感銘を受けました。、ここから、仕事の速さが伝わり、私も杉山様のような営業マンになりたいと思いました。その中で、私の強みである人の懐に入り込むコミュニケーション能力を活かせると考えました。私はアパレルショップでアルバイトをしていました。額は違いますが、お客様に最適な提案を喜んでもらうことは共通しています。その経験を活かし、お客様の幸せのお手伝いをし、最後に「ありがとう」という言葉をもらうことが自分のやりがいに繋がると考えました。

会社を選ぶ際の決め手 300字以下

私が会社を選ぶ際の決め手は「人間力」で勝負できる仕事かどうかということ・「自己成長」ができる環境かどうかということです。私が考える「人間力」は固定の商品を持たずに自分の強みを活かしながら働くことです。また、「人間力」は現状への満足や、自己成長を目指さない限り衰退してしまうと考えます。このことから、「自己成長」できる環境も大切にしています。会社が自己成長を必要としてくださり、自己成長している社員の方がいることはとても大切なことだと考えています。これらを踏まえながらインターンシップ、座談会、会社説明会に参加し業界研究や企業研究をしています。

自分史 600字以下

私は長野県長野市で生まれました。4歳から現在まで茶道、小学1年生から中学3年生まで競泳を行なっていました。高校卒業と同時に上京しました。大学に入学すると小さい頃からの憧れであった海外に目を向けるようになりました。その中で、様々な国に旅行に行き世界の広さ・言葉の壁・異文化を知ることで視野を広げることができました。そして人生の転機になった不動産会社でアルバイトを始めました。そのアルバイトを行おうと思ったきっかけは、祖父が建築会社を経営していおり小さい頃から祖父のために何かできることはないかと考え、不動産であったら私にも扱うことができるのではないかと思ったからです。始めた頃は、大人ばかりの社会でわからないことが多く大変でした。ですが、わからないことは恥ずかしいことではないと思い多くの質問をしていました。しかし質問しているうちに上司の方に「調べてから質問して欲しい。」と言われました。私は上司の理解できませんでした。ですが、後輩が入り上司から指導を依頼され、上司の気持ちを理解することができました。教える側、教えられる側を行なったからこそわかる感情が多くありました。相手の感情に寄り添いながら行うこと、相手の成長を願うこと、自分の仕事もこなさなくてはならないこと。これらを理解し、私は成長できました。

周りからどんな人と言われるか 200字以下

「要領が良い人」とよく言われます。私はあまり感じることはありませんが、アルバイト先の方、付き合いが長い友人に言われます。その要因は2つあると考えます。1つ目は、いつも時間を意識しながら物事に取り組んでいる点です。2つ目は、隙間時間を有効活用している点です。貴社において、「要領の良さ」を活かし重要な書類作成やお客様対応をしていきたいと考えています。