先輩たちのES

2019/04/04

【19卒】みずほ不動産販売 本選考 ES

19卒 みずほ不動産販売 ES情報

みずほ不動産販売の19卒 ES体験談です。みずほ不動産販売のESの設問などを知ることができます。

プロフィール

・企業名:みずほ不動産販売株式会社
・大学名:日本大学
・性別:女
・業界・業種:不動産仲介・総合職
・本選考ORインターン:本選考 
・最終選考結果:ES通過

【2019卒・ES選考合格者事例】

【企業名】:みずほ不動産販売株式会社

【本文】(聞かれた設問と答えた内容)

あなたが不動産に興味を持ったきっかけを教えてください。 200字以下

  
私が不動産に興味を持ったきっかけは祖父からの影響です。祖父が建設業を営んでおり、物心ついた頃から不動産と密接な関係がありました。その中で私は幼い頃から「何か祖父の力になれることがないか」と考えていました。そこで不動産業界に関わることが祖父の力になれると思いました。このことに気づいたこともあり、大学1年生の頃から不動産会社でアルバイトを行い様々な不動産があることを知り益々興味を持つようになりました。

志望動機を教えてください。 200字以下

社員の方々の「人間力」とone MIZUHOの姿勢に惹かれたからです。不動産流通業界では「人間力」が大切と言われています。その中で様々な会社の説明会等に参加をしていくうちに貴社こそ「人間力」がある会社だと思いました。またone MIZUHOの組織力を活かすことによって、本来解決できないような問題もお客様のニーズに応じて解決することができると考えます。以上から成長性を感じ、私も一員となって働きたいと思い志望しました。

私は、様々な資格の取得に励みました。資格の取得に励もうと思ったきっかけは、将来につながることを時間のある大学生で学ぶことによって、将来役に立てることができるのではないかと考えたからです。その結果、ファイナンシャルプランナー3級、秘書検定2級を取得することができました。また、現在不動産会社でアルバイトをしており、何か会社のためになれることはないかと考え、宅建士の資格取得の勉強を行なっています。

私の強みは人の懐に入り込むコミュニケーション能力です。アパレルショップでショップ店員として働いていました。最初の配属は都市部の店舗でしたが郊外の店舗に異動になりました。郊外の店舗では都市部の店舗と違い商品説明だけでは買ってくれないことから初対面の人との会話の広げ方に悩みアルバイトを辞めることも考えました。しかし先輩社員から励まされるうちにロールプレイングを行い改善箇所を指摘してもらうことや接客の話術を真似をすることによって自分からお客様に提案することや話を広げることによって学生アルバイトの中で1番の売り上げを上げることができました。状況が違うことに文句を言うのではなく人の懐に入り込むコミュニケーション能力を活かし相手の気持ちを変えることができると言うことを実感しました。この長所を活かして、自分自身に付加価値をつけ取引を行う貴社で働きたいと考えました。

私はアルバイトに力をいれました。私はアルバイトリーダーとして後輩の指導に悩みました。不動産会社でアルバイトをしており、社長から入社3ヶ月で契約書と重要事項説明署の作成をできるようにして欲しいと言われました。初めは重説に書く内容を講座として行っていましたが、講座を行なっていくうちに教える側と教えられる側の士気の違いが大きくなってしまい、どのようにしたら興味を持ってもらうことができるのだろうと考えました。興味を持って行ってもらうためには自主性が大切だと考え、講座形式を区切りのいいところで辞め、実践的に行うために重説を作成してもらうことにしました。その結果、自主性が芽生えわからない箇所の質問も積極的にしてもらうこともでき、3ヶ月での重説作成という目標を達成することが出来ました。