就活コラム

2020/10/27

この仕事に向いていないかも、もう辞めたい……転職すべきか否かどう判断する?

れだけ前向きに仕事に取り組んでいても、時折「自分はこの仕事に向いていないのでは?」と感じる瞬間は誰しもあると思います。

仕事に向いていないと思うのは、たまたま何かのきっかけで嫌になっているだけなのか、それとも本当に向いておらず転職を検討すべきなのか、判断が難しいですよね。

本記事では、仕事の向き不向きを判断するチェック項目をご紹介した後に、仕事が向いていないかもしれないと思ったときにどうするべきかをお伝えします。

仕事の向き不向きの判断するチェック項目

まずは、以下のチェック項目で、今の仕事の向き不向きを判断してみてください。

いくつ以上当てはまったら転職すべきということではないので、まずは自分を振り返る意味で確認すると良いでしょう。

うまくいっているときにやりがいがあるか

1つ目は、うまくいっているときにやりがいがあるかどうかです。

仕事中にミスをしてしまったり注意を受けたりすると、その瞬間は誰でも仕事がいやになるものです。それは仕方がありません。

しかし、仕事が順調にいっている時ですらやりがいをあまり感じないのであれば、その仕事は向いていない可能性が高いでしょう。

この状態から転職を考えるなら、自己分析からのやり直しをおすすめします。実は業界そのものが合っていなかったのか、あるいは企業の体質が合っていなかっただけのかによって、次に選ぶべき企業は変わってくるからです。

手軽に知りたいのであればミイダスの適職診断がおすすめ。これについては、後ほど詳しく解説します。今すぐ知りたい方はコチラ(リンク)をすぐにチェックしてみてください。

達成したい目標はあるか

2つ目は、達成したい目標はあるかです。

今やっている仕事そのものは向いていないと感じるときがあるかもしれませんが、目標を達成するために必要なプロセスと思えば頑張れますよね。

しかし、向いていない仕事を我慢してやっている上に、それが何になるかも分からないのであれば、今後やりがいを感じられるようになる可能性は低いでしょう。

達成したい目標があるかどうか、いまの仕事が目標を達成するために必要なものであるかどうかもひとつのチェック項目です。

プライベートが充実しているか

3つ目は、プライベートが充実しているかです。

仕事に追われていると、終業後や休日まで業務のことをずっと考えている人もいるかもしれません。そのせいで、楽しいことや好きなことをしても、リフレッシュしきれず気分が落ち込んだままになっていないでしょうか。

「常に仕事のことを考えてしまうのは自分がまだ仕事ができないから、もっと仕事ができるようになれば解決する」と思っている人もいるかもしれません。しかし、健全な努力の過程であれば、休息をしっかり取る心の余裕もあるものです。

どんな人でも、心が休まる瞬間がないとつぶれてしまいますし、蓄積されたストレスや疲れが仕事のパフォーマンスにも影響し兼ねません。無理にでも一度は、仕事について考えない瞬間をつくるようにしましょう。

それもできないようであれば、かなり追い詰められてしまっている可能性もあります。誰かに相談したり、転職を検討したりなど、何かしら行動を起こしましょう。

憧れる社員はいるか

4つ目は、憧れる社員はいるかです。

会社内にはたくさんの上司や先輩がいると思いますが、彼らは将来のあなたの姿。憧れる人が誰もいないのであれば、どれだけ頑張っても先は見えているので、転職を考えても良いかもしれません。

逆に「この人のように活躍したい!」と思える人が居るのなら、それを励みに頑張れると思いますし、このまま続けてみても良いでしょう。

仕事が向いていないかも、誰に相談するべき?

ここまでのチェックリストで、該当するものはありましたか?

前章を読み、改めて「仕事が向いていないかも」と思ったら、誰かに相談したいと感じるかもしれません。そんなとき、一体誰に相談するべきなのでしょうか。

この章では、それについて解説します。

直属の上司

まずは直属の上司です。

いやいや何を言っているんだ、直属の上司に聞けないから困っているのだ、と思う人も多いかもしれません。

しかし転職をまだ決意しておらず、まだ今の会社でやっていきたい気持ちが残っているようならば、まずは上司にかけあうのが良いでしょう。

特に、今の仕事をやっていても達成感が得られない人や、成長している実感がないと感じる人におすすめです。

なぜかというと、直属の上司は自分の仕事ぶりを一番近く見てくれている人だからです。残るにしても転職するにしても、客観的に自分の仕事を評価してくれる人としては適切といえます。

悩みを打ち明けた結果、達成感が得られるようなマネジメントを検討してくれたり、いまの仕事を頑張った先に何があるかを、話してくれることもあるでしょう。

直属の上司と何かもめごとがある、パワハラを受けているなどでなければ、まずは相談してみてください。

会社の人事

社内異動を検討している人や、いまの部署や直属の上司との関係が悪かったり、パワハラなどに悩んだりしている人は、会社の人事に相談することをおすすめします。

人事に気軽に相談できるかどうかや、社内異動の決定権が人事にあるかどうかは企業によるかもしれませんが、労務管理や社員の能力開発が人事の役割です。悩みや課題を具体的にした上で話をしてみましょう。

新卒であれば、就活時にお世話になった人事に相談してみるのもおすすめです。

2~3つ上の活躍している先輩

2~3つ上の活躍している先輩も良いでしょう。特に、自分の未来の姿が見えていない人におすすめの相談相手です。

自分がここから2~3年頑張った先にどのようなやりがいを感じられるのか、また見える景色がどのように変わるのかを聞いてみましょう。もう少し頑張ってみた方がいいと言われるかもしれません。

先輩の話を聞き、いまの会社で自分も活躍できるようになった未来を具体的に想像してみても、それにワクワクできないようであれば、本格的に転職を検討してみても良いでしょう。

いずれにせよ大いに参考になると思いますので、一度聞いてみてください。

転職エージェント

転職エージェントに相談するのもおすすめです。彼らは就活のプロなので、仕事に関しての現在の状況を伝えれば、悩みに対して適切なアドバイスをしてくれます。

おすすめなのが「ゲキサポ」。これは日本初の転職トレーニングサービスで、「いまの会社をやめるべきかどうか」から相談に乗ってくれる転職エージェントです。担当のトレーナーが付き、マンツーマンで転職活動を支援してくれます。

自分自身の転職軸をトレーナーと整理し、転職市場で評価される履歴書、職務経歴書の指導から面接対策まで、しっかりとトレーニングしてもらえるので心強いですね。

担当トレーナーも、キャリアカウンセラーや企業の採用担当、起業家など、採用に関わった経験がある人ばかりなので、とても頼りになります。

何が原因でキャリア選択がうまくいかないかを特定できるため、50社落ちていた人が第一志望だった企業に一発内定などの実績まであります。

20~30代で転職を検討していたり、休職中・ジョブホッパーなど転職に悩みを抱えている人は、一度相談しに行ってみるのがおすすめです。

 

仕事向いてないと思ったら転職も視野に

仕事が向いていないと思ったら、実際にするかしないかは別として転職も視野に入れながら動くと良いでしょう。

悩みながら毎日働くよりも、実際に動いていろいろと見た方が、やはり転職しないと決めたとしてもすっきりしますよ。

大きな負担なく転職活動の一歩を踏み出せる方法をお伝えします。

スカウトサービスに登録する

まずはスカウトサービスに登録することです。

働きながらの転職活動はなかなか大変ですよね。仕事の合間を見付けて企業探しをしなければなりません。

その面倒を解消できるのがスカウトサービス。先に今までの職歴などプロフィールを登録しておけば、それを見た企業からスカウトが届くので探す手間が省けます。また、「自分はこういった企業から興味を持ってもらえるんだ」と分かるため、市場価値を知ることもできるのです。

おすすめなのがGraspy。登録されたプロフィールに興味を持った企業からスカウトメールが届きます。話題のスタートアップ・ミドルベンチャーが中心です。

自分から探すのではなく企業から探してもらえるため、思いもよらぬ新しいキャリアに出会えるかもしれません。

各業界の第一線で活躍するビジネスマンが登壇する勉強会も随時開催されているので、まずは登録してみましょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用するのも良いでしょう。新卒就活時に利用された方もいるかもしれませんが、さまざまな面倒ごとを代行してもらえるため、働きながらの転職を効率的に行えます。

また、辞めるか悩んでいる段階なら、本当に転職すべきかアドバイスをもらえます。あるいは求人を紹介してもらい、その内容を見ながら決めるのも手。

彼らは就活のプロなので、まずは登録し、話だけでも聞いてみましょう。

・パソナキャリア

パソナキャリアは、手厚いフォローや親身なサポートで高評価のエージェントです。スキルや経験だけでなく、志向性や社風との親和性も含めてマッチした転職先を提案してもらえます。

はじめての転職の人には、初転職ならではの不安や疑問を解消できるよう、転職活動のやり方や自己PRの仕方などを丁寧にサポートしてもらえますので、ぜひ相談してみてください。

・リクルートエージェント

リクルートエージェントは、一般公開されているものの他に10万件以上もの求人案件を持ち、業界最大級の非公開求人数を誇る転職エージェントです。

独自に分析した業界・企業情報を教えてもらえるので、詳しく知ってからのエントリーが可能です。ぜひ登録してみてください。

向いてる仕事・向いていない仕事が分かる診断ツールも

今すぐに転職活動をするとは決めきれない場合でも、まずは向いている仕事と向いていない仕事が何かだけでも診断してみるのはいかがでしょうか?

おすすめのものをご紹介します。

ミイダスの適職診断

一度はやってみてほしいのが、ミイダスのコンピテンシー診断という適職診断です。職務適性やパーソナリティの特徴、ストレス要因、相性の良い上司・部下のタイプなど、ビジネスマンとしてのあなたのコンピテンシー、つまり行動特性を分析できます。

職務経歴書、履歴書の作成、カウンセリング等は一切不要で、質問に答えるだけでOKなのでとても気軽ですね。

転職活動中の人だけでなく、今後の転職に向けて情報収集したいという動機での利用も歓迎されているので、ぜひやってみてください。

まとめ

今回は、仕事の向き不向きの判断をするチェック項目をご紹介した後に、仕事が向いていないかもしれないと思ったときにどうするべきかをお伝えしました。

ひとくちに「仕事が向いていない」と言っても、どのようなときにそれを感じるかによって転職すべきか否かは違うこと、転職しようか悩んだときには相談すべき相手がいることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

仕事が向いていないかもというのは、自分の動き方次第では今以上に良くなるという期待感があってこそ感じるものです。

転職するかどうか決める前に、就活サービスなどを利用しながら、まずはできることからやってみて、納得のいく環境で仕事をしてください。