就活コラム

2020/09/23

【就活生必見】面接練習ってどこでしたらいいの?おすすめの方法をご紹介

「ESは通過したけど面接で何を話したらいいのかわからない」
「これから本命企業の面接だけど、不安が大きい」

こんな悩みを持ちながら、どう対策したらいいのかわからない就活生はいっぱいいるでしょう。

面接対策の基本は面接練習、つまり模擬面接を繰り返すのが一番です。何度も書き直してやっと納得できるESが仕上がるように、面接も何度も練習して初めて本番で力を出し切ることができます。

では面接練習はどこで、誰と取り組むのが良いのでしょうか?

本記事ではそんな疑問にお答えし、読者の皆さんが納得のいく就活ができるようにおすすめの面接練習方法を紹介していきます。ぜひ最後まで読んでみてください。

就活の面接練習はどこでできる?

就活の面接練習ができる場所は複数あります。その中でも就活サービスを利用するのが一般的なので、まずはざっくりと各サービスの評価をまとめてみました。それぞれに強み弱みがあるのが分かりますね。

それぞれのサービスにも様々な種類が存在しています。次の章からはサービスごとのおすすめポイントを紹介していきますので、自身の希望に合ったものを探してみてください。

1番のオススメは新卒エージェント

1番のオススメは就活エージェントです。

就活エージェントとは無料で就活の補助をしてくれるサービスで、自己分析のサポートからES添削、企業紹介までしてくれます。もちろん面接対策や面接練習も行ってくれるので上手に活用しましょう。

就活エージェントは企業の採用状況に精通しており、人事の目線からフィードバックを受けられるため、面接練習の相手にもってこいです。また就活にあたって様々な業界や企業を研究しているので、志望する業界や企業が重視する要件を踏まえたアドバイスがもらえます。

特にオススメのポイントとしては、面接練習の相手の探しやすさと付加価値です。

自分ひとりで相手を探そうとすると、まず相手を見付けるのが大変ですし、その人に依頼して日程調整するだけでも骨が折れます。

しかし就活エージェントは登録さえすれば誰でも面談を受けられ、その際に面接練習の相手をお願いすれば、快く相手になってくれます。また面接練習だけでなく、あなたに合いそうな企業やあなたを欲しがりそうな企業を紹介してもらえることも。特別選考ルートを通して、内定がグッと近づくことも考えられます。

このように面接練習だけではなく、自分では見つけられなかったぴったりの企業と出会える可能性があるのが就活エージェントの特徴です。

それでは就活エージェントの中で、特におすすめの2つを紹介していきます。

キャリアチケット

キャリアチケットは就活エージェントの中でも1番人気のサービスです。

キャリアチケットは就活生の自己分析から内定獲得まで、マンツーマンの親身なサポートが評判となっています。もちろん面接練習にも、担当者が繰り返し相手をしてくれるので納得のいく就活が実現できます。

また就活エージェントには東京でしか対応していないところもありますが、キャリアチケットは大阪や名古屋、福岡にも支店があり地方にも対応しているのが助かるところ。地域にかかわらず、地方の学生でも地元で面接練習ができます。

コロナウイルスの影響で面接練習を含めたサービスを休止している就活エージェントもある中、キャリアチケットはオンラインイベントやWeb面談を実施しています。オンラインになったことで、これまで以上にどこでも面接練習ができるようになったといえるでしょう。人気のサービスなので、早めに登録するのがおすすめです!

JobSpring


JobSpringはAIによる診断と人による面談を併用して自己分析のサポートをする就活エージェントです。これにより精度の高い自己分析が実現され、JobSpringを通じて就職した人の早期離職率は0.1%という驚異の数値を達成しています。

JobSpringもコロナウイルスの拡大に合わせて、面談や面接練習をすべてオンラインに切り替えています。感染予防のためにあまり外出したくないこの時期に、自宅で面接練習を受けられるのはありがたいですね。

JobSpringは、面接練習のみを目的としたサービスの利用はお断りとなっています。ちょっと不便に感じる人もいるかもしれませんが、JobSpringがあなたに合った企業を紹介・内定獲得までサポートしたいという気概ゆえです。

面接練習をしたい一方で、そもそも就活状況に不安を感じていたり、自分に合った企業がわからず困ったりしている人はJobSpringの利用をオススメします。

スカウトサービスで志望度の低い企業を受ける

次に紹介するのはスカウトサービスを利用した方法です。スカウトサービスは登録しておくと、企業側からオファーが来て選考が進んでいくサービスで、逆求人型サービスとも呼ばれます。

オファーをくれた色々な企業の面接を受けることを通し、面接に慣れていくので、本命企業の面接準備になります。さらに実際に現場で採用を担当している人たちと話す機会でもあり、面接も本番の緊張感をもって挑めるので、絶好の面接練習の機会になります。

とはいえ、オファーをもらえないと面接練習の機会は訪れません。またオファーをくれる業界も企業次第なので、細かく指定もできません。

しかし自分が知らなかっただけで希望にピッタリ合った企業と出会えたり、面接を受けた企業が特別ルートで選考を進めたりしてくれる可能性も。色々な企業を知る機会と考えると、スカウトサービスも面接練習の方法として捨てがたいですね。
おすすめのスカウトサービスを2つご紹介します。

OfferBox


OfferBoxはスカウトサービスの中の最大手です。6,500社以上の登録企業があなたのプロフィールを参考にオファーをくれるため、多くの企業と面接するチャンスがあるといえます。

スカウトサービスはオファーが来なくては何も始まりませんが、OfferBoxのオファー率は90%以上と記載されており、ほぼ確実に企業から声をかけてもらえます。もちろんプロフィール内容次第では複数企業からオファーがもらえる場合もあるため、自己PRやガクチカの内容のアップデートも重要です。

またOfferBoxに登録しておくことで、自己分析ツールのAnalyzeU+を利用できます。AnalyzeU+では社会に出て活きる強みや克服しておくべき弱みを明らかにしてくれるので、自己分析の参考になります。さらにその結果は企業も見られるので、あなたの性格や能力を正しく評価したうえでのオファーがもらえるのです。

OfferBoxを利用すると、受けたオファー数から自身の市場評価がわかるだけでなく、自己PRやガクチカが企業受けするのかわかります。このように自分の現状を分析する手助けになりますので、非常に便利なサービスといえます。ぜひ登録してみてください。

キミスカ

キミスカもOfferBoxと同様、スカウトサービスを展開しています。

キミスカで注目すべきは、スカウトに3種類のパターンが存在することです。「気になるスカウト・本気スカウト・プラチナスカウト」に分かれており、種類によって企業の自分に対するスカウトの本気度合いが分かります。

気になるスカウトは制限なく送れる一方で、本気スカウトは月間100通まで、プラチナスカウトは月間30通と限られています。このスカウト可能数からわかるように、本気スカウトとプラチナスカウトをくれるのは企業も本気であなたを欲しがっている証拠。企業の本気度の見分けが付くのは企業選びの大きな参考になりますね。

基本的には気になるスカウトが多く来るので、それをくれた企業と面接を重ねて練習をしてみましょう。もし興味のある企業からプラチナスカウトが来たら、そのまま第一志望群として内定獲得に向け動くのもいいですね。

志望企業が明確な人はOB・OG訪問

志望企業が明確なのであれば、OB・OG訪問が一番です。

OB・OG訪問で自分の行きたい企業や業界の先輩たちと話すことは、たいへん有意義な機会となります。有益な情報が得られるのはもちろん、欲しい人材像や社風、過去の傾向を踏まえたフィードバックももらえるので、志望企業や業界への理解が深まり、面接対策の精度が高まります。

ただし、あくまで人事ではなく社会人や就活の先輩という目線でのフィードバックがメインになり、面接におけるテクニックや重視するポイントまでは聞けないので、その部分は就活のプロである就活エージェントを頼ると良いでしょう。

問題はどうやってOB・OGを見つけるかです。部活やゼミの先輩に志望業界へ進んだ人がいれば良いですが、なかなかいないもの。その場合は、OB・OGとのマッチングサービスを利用してみましょう。おすすめのサービスを紹介します。

ビズリーチキャンパス


1つ目はビズリーチキャンパスです。

ビズリーチキャンパスはWebサイトに登録すると、志望する企業や業界に進んだ母校の先輩と出会えるOB・OGマッチングサービスです。三菱商事や電通、リクルートといった大手企業を中心に紹介されており、大手志望の人は絶対に使うべきサービスです。

OB・OGの探し方も業種や部署から探す方法や、所属していたゼミや部活(サークル)から探す方法があるなど、色々な要件から会いたいOB・OGを絞り込むことができます。絞り込むための項目が多いので、希望に合ったOB・OGが見つけやすいのが特徴です。

またOB・OGについて実際に訪問した人のコメントも掲載されているので、志望業界とちょっと違っていても評判の高い人と会って話してみるのも面接練習のいい機会になるでしょう。

気になる点としては、登録者の中心は関東の学校であり、学歴もG-MARCH以上が多いこと。関東以外の学生や、学歴があまり高くない就活生にとっては、少々使い勝手が悪く感じるかもしれません。

また先述の通り母校の先輩にしか会えないので、学校の縛りなくさまざまな社会人や内定者に会いたい人は、次のMatcherを利用するのが良いでしょう。

Matcher(マッチャー)

2つ目はMatcher(マッチャー)です。

MatcherもOB・OG訪問のマッチングサービスです。ビズリーチキャンパスと違う点としては、自身の大学に関係なくOB・OG訪問ができるので、より多くの候補者から選べます。

訪問する相手は業集や職種、場所、相談したいことなど様々な条件を指定できるので、面接練習をしたい人はそれが可能そうな相手をある程度絞り込めます。なお、場所についてはオンライン可の社会人もいるので、そこまで気にしなくていいでしょう。

Matcherでは登録している社会人が「就活相談に乗るので~してくれませんか?」といったように、OB・OG訪問のリターンを指定できるようになっています。

多くが「おすすめのカフェを教えてください」などの軽いものですが、中には「本当に使いやすい就活サービスはどのようなものだと思いますか?」といったビジネス的視点が求められるものも。何であれ、ギブアンドテイクの関係性のお陰で就活生も気楽に相談できる仕様なのがいいですね。

気になる点としては、多くの社会人に会って面接練習を重ねていると、実際にできているかどうかにかかわらず上達している気になることです。基本的には一度しか会わないので、前に指摘されたことが次に直っているかは自分で管理する必要があります。

どれだけレベルアップしたかを客観的に把握したい場合は、先述の就活エージェントを利用するのも良いでしょう。

就活の面接練習は場数が重要

今回は、「就活の面接練習はどこですればいいの?」という疑問に対して、いくつかの就活サービスを紹介してきました。

どのサービスにも、良い所とちょっと物足りない点があると感じたかもしれません。そんな人は、面接練習に抜かりのないように各サービスに登録し、それぞれの良い部分を利用するのがおすすめです。

また面接練習は1度や2度やったから十分というものではありません。練習を重ねるほど面接力は向上します。何度も練習を重ねた上で本番の面接を繰り返し受けることで場数を重ね、本命企業の面接に挑みましょう。