就活コラム

2020/09/24

就活に自信ない……。そんな人が内定に向けてすべきこととは?タイプ別に解説!

就活をしていると、自信をなくしてしまう場面に多く見舞われますよね。「これ以上やっても意味がないんじゃ?」と思ってしまう日もあるかもしれません。

しかし、自信がないと言ってそこで立ち止まっていても内定は絶対に取れないですよね。就活は行動あるのみです。

とはいえ手当たり次第にやっても効果は薄いため、何をしていいか分からない人はしっかり読んでヒントを得てください。

本記事では、就活に自信がない理由をお伝えした後に、タイプ別の対策方法を解説し、最後に就活に自信がない人が利用できる就活サービスをご紹介します。

就活に自信がない理由は?

まずは、就活に自信がない理由についてお伝えします。就活中、なぜ自信をなくしてしまうのでしょうか?

就活で分からないことが多いから

まずは就活で分からないことが多いから。

人間誰しも、未知の事柄に対しては不安になりやすいものです。就活をしていく中で「自分のやり方は正しいのかな?」と疑問に思ったり、少しうまくいかないだけでも自信を失ったりしてしまうでしょう。

おすすめなのは、就活を経験したことがある人に話を聞くこと。知らないことが多く、漠然とした不安がある方は、就活エージェントを利用してみましょう。

就活エージェントとは、無料で就活のサポートや受けられるサービスです。就活エージェントに所属するキャリアコンサルタントとの面談で、いまの就活状況をヒアリングしてもらった上でアドバイスがもらえるので、自分に合ったサポートを受けられます。

もちろん、周りの先輩や友達に聞くこともおすすめですが、就活の仕方は人によって様々なので、必ずしも先輩や友達から良い情報が聞けるとは限りません。
また、プライベートで仲が良い相手に、「自分の就活状況を赤裸々に伝えるのは恥ずかしい」という方もいるかもしれません。

無料のサービスですし、何より多くの就活生が利用しているサービスですので、利用してみることをおすすめします。

複数企業の選考に落ちたから

複数企業の選考に落ちてしまった経験があると、就活に自信をなくしてしまいますよね。

就活を始めたばかりなら仕方ない部分もありますが、かなり続けているにもかかわらずなかなか選考に通らないとなると、もしかしたらやり方が悪いのかもしれません。

「面接対策が甘かった」「そもそもエントリー数が少なかった」など要因はいくつかあると思いますが、自分はどういう理由で落ちたのか一度分析した方が良いでしょう。
面接やESなど、何に自信がない理由が明確になった人は、タイプ別に対策を後述しているので、読んでみてください。

また、自信がないこと自体が悪影響を及ぼして、面接で思うように話せていない可能性もあります。

思っていた以上に複数の企業の選考に落ちて自信を失っている方は、ぜひ逆求人型のサービスに利用して見てください。

逆求人型のサービスとは、登録したプロフィールを見て、興味を持ってくれた企業からスカウトが届くサービスです。企業からスカウトを送られてくるので、企業が学生を判断するのと同様に、学生も企業をジャッジしながら選考を進めることが可能です。

逆求人型のサービスは複数ありますが、中でもおすすめは、OfferBoxとキミスカの2つ。
どちらも学生の利用率が非常に高く、導入している企業も多いので、スカウトが受け取りやすいサービスです。

企業によっては、OfferBoxかキミスカのどちらかしか導入していない場合もあります。むやみに複数サービスに登録する必要はありませんが、この2つくらいは登録しておくと良いでしょう。

タイプ別!就活に自信がない人向けの対策方法

ここからは、就活に自信がない人向けの対策方法をタイプ別に解説します。自分にあてはまるところをよく読んでみてください。

しかし読んで分かったつもりになるだけでは意味がありません。自信は自ら動いた結果として付いてくるものなので、読むだけでなく、出来る限りこの場でどれか1つは実践してみるのがおすすめです!

自己分析に自信がない人は

自己分析に自信がない人は、ツールを使ってみましょう。

会員登録するだけで社会人として求められる力を6タイプ25項目で診断できたり、向いている職務が分かったり、自分の適性が診断できたりするサービスが存在します。

詳細はこちらの記事にまとまっています。無料で利用できるサービスもたくさんありますので、ぜひチェックしてくださいね!

【自己分析】就活におすすめの診断ツールはこれ!無料のものを中心に解説!

とはいえ、ツールは万人向けに作られています。可能であれば個別のアドバイスも併用したいところ。

ツールである程度の傾向をつかんだら、人にも自己分析を手伝ってもらいましょう。就活エージェントのキャリアアドバイザーに相談するのが近道ですよ。

自己分析のサポートが手厚いのは、なんと言ってもJobSpring。AIと人間がタッグを組み、多面的にあなたを分析してくれます。

自己分析に自信がない人は、ぜひ頼ってみましょう。

筆記試験に自信がない人は

筆記試験に自信がない人も、事前に対策をしておけば問題ありません。逆に、他の就活対策と違い、するべきことが明確な分、やりやすいかもしれないですね。

Webテストには数多くの種類があり、どれを出題するかは企業次第ですが、実はどの試験かを見分ける方法があります。自分が志望する企業の試験がどれだか事前に分かれば、それに絞って効率的な対策ができるのです。

Webテストの見分け方や、それぞれの特徴について詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

【Webテストの見分け方】URLの特徴からそれぞれの出題傾向まで解説!

ESに自信がない人は

ESに自信がない人は、ESの添削サービスを利用してみましょう。たとえばチャット形式でES添削をしてくれたり、作成したESをカメラで撮って送るだけで添削したものが返って来るサービスなどがあります。

作った文章を貼り付けるだけで、その場で結果が返ってくるサービスもあり、「この文章はおかしくないかな?」と思ったらすぐに利用できて便利です。

以下の記事にまとまっていますので、気になる人は読んでみてくださいね。

エントリーシート添削のおすすめサービス!無料・有料を計10選

また、そもそもESを書かずに選考に進めるルートがあることをご存知ですか?

ESが免除される選考ルートへの進み方は、大まかに下の3つ。

①就活エージェントに企業を紹介してもらう
②就活イベントに参加しエントリーする
③スカウトをもらった企業の選考を受ける

1つ目におすすめなのが就活エージェント。

就活エージェントでは、キャリアアドバイザーはあなたの志向性に合わせて就職先を紹介してくれます。その際に企業側にもあなたのアピールをしてくれるため、ESが免除になるケースが多数存在するからです。

Seed’s LOUNGEおすすめの就活エージェントはこちら。

2つ目のおすすめは就活イベントへの参加です。

たとえばMeetsCompanyのイベントは、その場で企業の説明会と、グループワークを行うことで、ESはもちろん、イベントで内定の一歩手前まで選考が進むケースもあります。なぜなら企業側の参加者は人事決定権を持った社員のみだから。

もちろん、イベントへの参加のみでどこまで選考をスキップできるかは、企業やあなた自身による部分も大きいですが、ESが免除される方はかなり多いようです。

なにより、年間約5,000人の学生がこのイベントで就職を決めているという実績があります。ESが免除される可能性があるだけでなく、就活を効率化できるイベントなので、ぜひ参加してみてください。

東京、大阪、名古屋、福岡、北海道で開催!

3つ目におすすめなのが逆求人型のサービス。先に登録するプロフィールがESがわりになり、それぞれの企業の選考の際にはESが必要ないケースが多いのです。

プロフィールを見てあなたに興味を持った企業からスカウトが来るので、自分のプロフィールが魅力的に映っているかも確認できます。ぜひ活用しましょう。

数ある逆求人型サービスの中でも、おすすめはOfferBoxとキミスカの2つ。この2つは就活生と企業どちらの利用率も高いので、併用することをおすすめします。

グループディスカッション(GD)に自信がない人は

グループディスカッションに自信がない人は、グループディスカッション対策セミナーに行ってみましょう。

昨今の選考ではかなり用いられることが増えたグループディスカッションですが、他の選考対策とは違い、なかなか一人ではやりづらいもの。一方で、グループディスカッションの場への慣れが勝負を左右するとも言えるため、事前に対策しておくのは必須です。

自分ひとりでできることもありますが、グループディスカッションに慣れるのがうまくいくコツでもあるので、セミナーなどの実践の場に足を運ぶのが対策の近道です。

おすすめなのが「digmee」。開催している多数のイベントの中に、グループディスカッションに特化したものがあります。しかもグループディスカッションセミナーはオンラインで受けられ、この時期には特に助かりますね。

さらにdigmeeはdigmee tryoutというイベントも行っています。これは最大7社の企業の本選考やインターン選考を受けられる合同選考会です。

この合同選考会は、企業説明会→グループディスカッション/フィードバック→座談会/交流会という構成になっています。企業の方からフィードバックをもらえるため、自分のどの点が評価されたのか、あるいは足りなかったのかがすぐに分かり、良い練習の機会になります。

イベント申込はLINEのトーク画面から!
まずは友達追加しよう

オンラインのグループディスカッションセミナーに参加した後にdigmee tryoutに参加した学生の選考パス獲得率は70%を越えています。併せて参加するのが良いでしょう。

面接に自信がない人は

面接に自信がない人も、グループディスカッション同様に実践あるのみです。ぜひ模擬面接を受けてみてください。

模擬面接とは、面接官役の相手と実際に面接を行う練習のこと。多くの場合、入室と退室も含めた面接の全ての流れを本番当日と同じように行います。

気軽に模擬面接を受けるには、大学のキャリアセンターを利用してみましょう。キャリアセンターのスタッフが面接官をしてくれます。大学によっては曜日で設定されているところもあるかもしれません。

さらに一歩踏み込んだ模擬面接をしたい場合は、就活エージェントもおすすめです。キャリアセンター以上の就活のプロが、あなたの面接を評価してアドバイスをくれます。

こちらの記事では模擬面接について解説するだけでなく、模擬面接の効果を最大限にする方法などもお伝えしていますので、ぜひチェックしてみてください!

模擬面接とは?受けるメリット・デメリットに加えて効果を最大限にする方法も徹底解説!

就活に自信がない人は就活サービスを使い倒そう

ここまでご覧いただいた通り、自信がない人が取るべき対策はたくさんあります。基本的には、誰かの力を借りたり就活サービスを利用したりするのが早いとお分かりいただけたのではないでしょうか。

今は就活に自信がない人も、就活サービスなどを積極的に使えば自信を付けていけること間違いなしです。逆に一人で悩んでいても状況は打開できません。気になるサービスがあったら早速登録してみてください!

記事で紹介したサービス

キャリアチケット
・渋谷、池袋、秋葉原、横浜、名古屋、大阪、京都、神戸、福岡で面談可
・オンライン面談もok
・最短2週間で内定も
JobSpring
・東京(神保町)で面談可
・オンライン面談もok(申し込みフォームに、オンライン面談希望と記入しよう!)
・早期離職0.01%
MeetsCompany
・合同選考イベント
・東京、大阪、名古屋、福岡、北海道で開催
・イベント参加後は就活をサポートしてくれるリクルーターも
digmee
・LINEで就活情報をget
・インターンやイベント申込もLINEからできる
・定期的にGD練習会(オンライン)を開催