就活コラム

2020/05/08

最終面接で逆質問された!高評価につながる返答例をご紹介

「長い選考を切り抜けて、やっと最終面接!」
絶対に内定を勝ち取るために、入念に対策を練っておきたいですよね。
最終面接でも様々な質問攻めに合いますが、一番気をつけなければならないのが逆質問。
回答次第では、「この学生良いな」と思わせられますし、逆に「この学生はダメかも……」とイメージダウンになるかもしれません。
そこで今回は、逆質問のポイントや例を説明した後、すべき準備や対策を紹介するので参考にしてください。

最終面接での逆質問は一次・二次と何が違う?

逆質問は、一次・二次面接でも求められることがあると思います。最終面接でのそれは、今までと何が違うのでしょうか。
これを考える前に、面接そのものの違いを確認します。一般的にいわれているのが、
・一次、二次面接では実務能力の有無確認を行う
・最終面接で入社後のキャリアビジョンや入社意欲度の確認を行う
ということ。
ですから、一次・二次で逆質問をされた時は企業や業務に関する質問をし、最終面接では自分をアピールできる質問をするのが良いでしょう。

最終面接で逆質問する際のポイント

次は、逆質問する際のポイントです。
押さえておかないと悪印象を与えかねないので、しっかり確認していきましょう。

「はいorいいえ」で終わる質問はしない

逆質問をする際は、「はい/いいえ」で終わる質問は避けましょう。具体的な数字やファクトで返答されるので、より多くの情報を受け取ることができます。
「コンビニはありますか?」よりも「コンビニにはどのように行けば良いですか?」という質問方法の方が、質の良い回答が帰ってきますよね。
最終面接で使える例を後述しますので、そちらも参考にどうぞ。

自分なりの考えを述べた上で質問する

企業研究し、自分なりの考えを持って質問することは、企業への志望度の高さや、常に自分の考えを持って思考する姿勢のアピールになります。会社説明会や複数回にわたる面接を経た後の最終面接では、面接官も「ある程度、企業については理解していてくれるだろう」というスタンスでいます。
そのため「会社に求められるのはどのような人材ですか?」など、答えを求めるだけの質問をすると、「入社してからのイメージがあまり沸いていないのかな」「最終面接にくるまでの過程で考えてこなかったのかな」など、マイナスのイメージを与えかねません。
下記のように、自分の考えを述べてから、それに意見を求めるような形で逆質問をするように意識しましょう。
・この会社で求められる資質は〇〇だと感じたのですが、経営層の方々はいまどのような資質を社員に求めてらっしゃいますか?
・御社の魅力は〇〇だと感じているのですが、実際に働いてらっしゃる皆さんはどのようなところを魅力に感じてらっしゃいますか?

入社に対する意欲度をアピールできる内容を混ぜる

入社意欲度をアピールできるような逆質問をしましょう。
基本的に、逆質問は面接の最後にされるので、面接官の印象に強く残ります。
ですから、最終面接で「何か質問はありますか?」と聞かれたら、「ぜひとも御社に入社したい!」というのが伝わる質問でアピールしましょう。逆質問で良い評価をもらえます。

最終面接で高評価を勝ち取る逆質問の例・一覧

次に、面接官から高評価を貰える逆質問の例をご紹介します。

熱意や意欲をアピールする逆質問

熱意や意欲をアピールする逆質問は、面接官から高評価をもらうための定番な内容
たとえば、
・入社後はどのような業務に携わることができますか?
・御社で活躍している方はどのような特徴がありますか?
・働く上でどのような能力が必要になりますか?
・私が改善すべきところはどのようなところでしょうか?
などは、やる気がある人間だと伝えることができますよね。
面接官から「入社したら頑張って働いてくれるに違いない」と思われるでしょう。

会社や事業のビジョンを深堀りする逆質問

会社や事業のビジョンを深掘りする逆質問なら、幹部役職に強い印象を与えることができます。
たとえば
・〇〇さんが考える御社の強み、弱みは何でしょうか?
・〇〇という事業に魅力を感じているのですが、どのような能力が求められますか?
・5年後、10年後の経営ビジョンを教えてください。
・仕事を進めていく過程で、現在の仕事をやっていて良かったと思う場面はありますか?
会社に興味があることをアピールできますよね。
会社を理解しようとする姿勢が、重要になってきます。

評価ダウン!NGな最終面接での逆質問の例・一覧

では、逆にどのような質問をすると評価を下げてしまうのでしょうか。

給与・福利厚生・出世などの待遇面を聞きすぎる

給与・福利厚生・出世などの、待遇面を聞きすぎるのは避けましょう。
自分が知りたいと思う内容について質問するのは良いのですが、待遇面ばかり質問していると、面接官は「仕事に興味ないのかな」と思ってしまいます。
自主性に欠けるという印象も与えてしまうので、待遇についての質問はたくさんしないよう気をつけてください。

調べればすぐ分かるようなことを聞く

調べれば簡単に出てくるような内容もNGです。「弊社に興味ないのかな」と思われ、イメージダウンに繋がります。
ですので、逆質問は非公開内容について聞きましょう。
「質問しなきゃ」と焦って適当に質問を考えないで、事前に企業について調べていくつか回答を用意しておくのも有効です。

質問なしもNG!

質問をしない、というのも評価ダウンに繋がります。
本当に聞きたい内容がないという理由でも、面接官側からすると「弊社に興味がないのかな」と思われてしまいます。
と言っても、質問したいことが面接中に解決してしまった、なんてこともありますよね。そんな時は、解決した内容を深掘りしてみましょう。自分が求めていた解答が返ってきたとしても、その内容にはいくつか疑問な部分があるはずです。
面接官にも、深い理解をしようとしているというイメージを与えることができるのでオススメです。

最終面接で逆質問┃やっておくべき準備・対策

では、逆質問に対してどのような準備・対策を行うのが良いのでしょうか?

企業研究を進めておく

まずは企業研究を進めておきましょう。
先で述べた通り、調べればすぐ出てくるような内容はNGです。
また、企業について深く知らないと疑問点は出てきません。企業研究を進めることで、自然と逆質問のテーマとなりそうなものが見つかります。

不明な箇所をまとめる

企業研究がある程度まで進んだら、不明な箇所をまとめましょう。
整理すると意外と内容がかぶっていたり、既に明らかになっていることもあります。
また、高評価に繋がりやすい内容を選ぶためにも効果的なので、まとめておくことは重要です。

質問内容を5つ以上考える

質問は5つ以上考えておきましょう。
逆質問は1つ答えれば大丈夫ですが、面接を進める過程で解決してしまう場合があります。5つ以上用意しておけば、全部が解決するなんて心配はありません。
備えあれば憂いなしですね。

以上の手順を踏めば逆質問ができあがります。
企業研究に関しては、時間もかかりますしリサーチ漏れが出てしまうと回答の出ている内容に対して質問することになってしまうので、直近になってからやるのではなく早いうちからコツコツと進めておくべきでしょう。

まとめ

今回は、最終面接での逆質問について、答え方のポイントや良い例・悪い例、やっておくべき対策などを説明しました。
効果的な逆質問のパターンが分かっていただけたはずです。実際に良い質問をするには、企業研究が不可欠。最終面接当日までに、あらためて志望企業の要点を確認しておきましょう。
内定まであと一歩のところ。チャンスを不意にしないために、ぜひ本記事で繰り返し対策を練ってください。

ちょっと自分ひとりでは不安と感じる人は、就活エージェントを利用してみましょう。
あなた専属のキャリアアドバイザーから、志望する企業に合わせて、どのような逆質問を準備しておけば良いかアドバイスがもらえます。

少しでも気になった方は登録してみましょう!

JobSpring
気さくなキャリアアドバイザーが多数在籍。ちょっとしたことでもなんでも質問できますよ。

キャリアチケット
面接通過率をアップさせるプログラムがありますので、積極的に活用するのがおすすめです。