就活コラム

2020/04/30

就活生必見!エントリーシートの添削が無料でできるサービス9個をご紹介

就活をしていると、絶対に避けて通れないのがES。「なんとか書いたけど、このまま提出して大丈夫かな?」と心配になってしまうときもありますよね。

そこでぜひ利用してほしいのがES添削サービス。プロの客観的なアドバイスによって、より効果的なアピール方法が分かります。さらに自分では気付けないおかしい表現や文法上のミスなども指摘してもらえ、完成度が高くなるでしょう。

嬉しいことに、ESの添削を無料で受けられるサービスは続々と登場しています。何かと出費がかさみがちな就活中において、無料なのはありがたいですよね。

本記事では、無料のES添削サービスを4種類に分け、計9つ紹介します。ESは書けば良いものではなく、受かるために書くものです。これを読んで、「受かるES」を書けるようになってください!

無料のエントリーシート添削サービス①就活エージェント

まずは就活エージェントを利用する方法です。特に就活を始めたばかりの人にとっては、かなりおすすめ。

就活エージェントは、専属のキャリアアドバイザーが就活のお手伝いをしてくれるサービスです。業界研究のやり方や志望動機の固め方を教えてくれるだけでなく、面接対策や、就職先の紹介もしてくれます。

サービスの中にはもちろんES添削もあり、就活のプロの目線で赤を入れてもらえますので、ぜひ活用してみましょう。サービスによって合う合わないもありますし、最初のうちは複数に登録するとスムーズに就活が始められます。

おすすめの就活エージェントを3つご紹介しますね。

ハローナビ

「ハローナビ」は、学生も企業も満足のいく就職・採用を実現する就活エージェント。キャリアアドバイザーによる就活相談等で就活のサポートをしてくれるだけでなく、より近い距離で交流できる企業説明会・選考会や、グループディスカッション対策などの就活セミナーも主催しています。

全国屈指の精鋭エージェントが、学生の為に就職後も丁寧にフォローしてくれるのが売りで、内定率は95%を誇ります。

独自展開している適職診断ツールもありますし、ぜひ登録してみましょう。LineやSkypeなどでのES添削も受け付けていますよ。

サービス利用はこちらから

キャリアチケット

「キャリアチケット」は、これまで60,000名の学生を見てきたアドバイザーが、受かるES、GD、面接ノウハウを教えてくれる就活エージェントです。

自己分析やESなど就活の基本が分かるセミナーを定期実施しており、キャリアアドバイザーへの相談と併用すると効率がアップします。

ES添削についても人事目線でフィードバックが得られ、自分の魅力をしっかりアピールできるようになりますよ。最短1週間で内定が取れた実績もありますし、登録しておいて損はありません!

サービス利用はこちらから

Job Spring

「JobSpring」は、新卒学生が自身の市場価値を高められる企業への入社をサポートする就活エージェントです。

とにかく親身なサポートが売りで利用者の評判も高く、内定率の高さと早期離職の少なさが強みです。ES添削ももちろんしてもらえますし、AIを用いた適性検査とエージェントのチーム体制により、最適な求人の紹介もあります。

入社後の活躍まで考えてくれている就活支援サービスなので、将来のためにも登録してみてはいかがでしょうか。

サービス利用はこちらから

無料のエントリーシート添削サービス②Webサービス・アプリ

無料のES添削には、WEBサービスやアプリを使う方法もあります。家にいながらにして添削を受けられるのは嬉しいですよね。

おすすめのサービスを3つご紹介します。

ES添削.me

「ES添削.me」は、就活のプロがエントリーシートを添削してくれるサービスです。添削にあたる人は全員、就活生向けの就職支援事業を展開する企業に勤めています。もちろん勤めているだけでなく、厳正な審査を通った人のみが携わっているのがポイント。

審査内容には、学生に対して親身になれるかという項目もあり、学生の気持ちに寄り添った添削が期待できますね。

サービス利用は以下のような流れです。

①企業名とそのESへの回答を書いて添削依頼を出す
②3営業日以内に添削結果が返ってくる
③その後はチャット形式で簡単に素早いやり取りができる

誰かに書いた内容を見てほしい方は利用してみてはいかがでしょうか。

サービス利用はこちらから

ES添削カメラ

「ES添削カメラ」は、紙に書いた自己PRをカメラで撮って提出するだけで添削してもらえるサービスです。人事が見る基準で評価され、改善ポイントがすぐにわかります。

サービス利用は以下のような流れです。

①アプリを入れる
②好きな用紙に400字程度の自己PRを書く
③カメラで撮って提出する
④アプリに添削結果が返ってくる

1日の受付件数には限りがあるため、早めに準備しておくと良いでしょう。

サービス利用はこちらから

就活SWOT

「就活SWOT」は、就活対策や企業研究などに役に立つ就活対策ポータルサイトで、そのサービスの中に「エントリーシート文字カウント&自動添削」があります。

文章を入力すると、誤字脱字などをチェックできるだけでなく、内容に応じたアドバイスがもらえます。自動添削なので相談などはできませんが、調べたいときすぐに使えて便利です。

サービス利用はこちらから

無料のエントリーシート添削サービス③OB・OG訪問

無料のES添削には、OB・OGの力を借りる方法もあります。現在は学生とOB・OGをマッチングするサービスがあり、これらを利用すると手っ取り早く相談相手を見付けられるでしょう。

おすすめは以下の2つです。

ビズリーチ・キャンパス

「ビズリーチ・キャンパス」は、就活の悩みを日本中にいる社会人の先輩たちと解決するサービスです。自分の大学のOB・OGはもちろんのこと、それ以外の大学を卒業した先輩にも相談できます。

このサービスの大きな特徴は、オンラインでOB・OG訪問ができる点。依頼するメッセージのやりとりから、実際のオンライン訪問時のビデオ通話までの全てがアプリ上で完結するため、移動にかかる時間や費用の負担が減り、効率的にOB・OG訪問ができます。

ES添削に特化しているわけではありませんが、OB・OGにESを見てもらうのは一般的な話です。マッチングした先輩にES添削をしてもらうと共に、就活の悩みも相談してみましょう。

サービス利用はこちらから

Matcher

「Matcher」は、社会人のお願いを叶えるかわりに就活相談に乗ってもらえるサービスです。希望する企業名で検索できますし、業種や職種で選ぶこともできます。

お願いとは?と不安になるかもしれませんが、おすすめの本について話す、就活の悩みを伝える、夢について語るなどで、そんなに難しくありません。

相談したい内容でも絞れますので、「ES添削」を選択して検索してみましょう。もしES添削がサービス内容に入っていなくても、自分の行きたい企業に勤めている人を探して話を聞くといった使い方もできるため、おさえておくと良いですね。

サービス利用はこちらから

無料のエントリーシート添削サービス④学校のキャリアセンター

学校にあるキャリアセンターを利用するのもおすすめです。学校によってはキャリアセンターではなく就職部や就職センターなどの呼称の場合もありますが、同じと考えて問題ありません。

キャリアセンターは大学内にあり、キャリアセンターの職員や、外部から定期的に来るキャリアカウンセラーが学生の就職の支援をしてくれます。もちろんES添削などの相談にも乗ってくれますよ。

キャリアセンターの良い点は、とても親身になってくれるところ。自分の学校の学生を応援したい気持ちが誰よりもあり、心強い味方になってくれます。

学内にあって足を運びやすいですし、過去の卒業生の進路などの実績も把握していますので、気軽に相談しに行ってみましょう。

まとめ

今回は、無料のES添削サービスを4種類に分け、計9つ紹介しました。無料でも利用できるサービスがたくさんあるとお分かりいただけたのではないでしょうか。

そもそもどう書けば良いかも見えない人から、自力で完成はしたけれど一応見てほしい人まで、段階によってそれぞれ使いたいサービスは異なりますよね。自分の状況に応じて使い分けてください。

自信満々に書き上げたESでも、誰かに見てもらうと、自分では気付かなかったアラやより分かりやすくなる表現が見付かるものです。今回お伝えしたサービスをフル活用しながら、通るESを書いてくださいね。