就活コラム

2020/09/05

本当に使える新卒エージェントってどれ?おすすめのサービス6選

「就活を始めなければならないけれど、どう手を付ければいいのか分からない……」とお悩みの方もいらっしゃいますよね。

そんな就活生の活動を無料で応援してくれるのが就活エージェント。一人一人に専任のキャリアアドバイザーが付き、どのような企業が合っているかの相談やESの書き方、面接対策まで幅広くサポートしてもらえます。さらに、それぞれの人に合った求人も紹介してくれる心強い味方です。

しかし、いざ就活エージェントに登録してみようと思っても、検索すると山ほど出てきて迷ってしまうのではないでしょうか。自分に合った就活エージェントに登録しないと、関係のないメールばかりが大量に届く羽目に……。そうならないようにするには、目的を持って選ぶのが大切です。

本記事では、おすすめの就活エージェントをさまざまな角度からご紹介します。よく比較して、自分にぴったりのサービスを見付けてくださいね!

おすすめの新卒エージェント①満足度が高い

まずは、実際に利用した学生の満足度が高いエージェント上位2社をご紹介します。多くの新卒エージェントが独自に調査した満足度を自社ページに記載していますが、今回は客観性を保つため、2019年度オリコン顧客満足度ランキングの新卒エージェント部門を基にご紹介します。

※参照ページはこちら

リクナビ就職エージェント


満足度第1位は、言わずと知れた大手サービスである「リクナビ就職エージェント」。評価項目である、登録のしやすさ・「アドバイザーの相談のしやすさ・アドバイザーの提案力・紹介企業の全4項目すべてにおいて1位でした。

リクナビ就職エージェント最大の特徴としては、企業利用数・学生利用数ともに1位であること。大手有名企業から中小・ベンチャーに至るまで幅広く求人を紹介してもらえます。また、文系・理系・体育会学生・地方学生など学生のタイプによって、それぞれ細かい専門的なサポートを受けられます。

大手志望の方や、とりあえず様々な企業を紹介してほしい方は、真っ先に登録しておくべきエージェントと言えるでしょう。

→リクナビ就職エージェントはこちら

マイナビ新卒紹介


満足度第2位は、こちらも大手の「マイナビ新卒紹介」です。4つの評価項目のうち、「アドバイザーの相談のしやすさ」以外の3項目でリクナビに次ぐ2位でした。

マイナビ新卒紹介の特徴は、非公開求人を多数紹介してもらえる点。就職情報サイトであるマイナビは、一般向けには掲載されていない求人を多数保有しており、隠れた優良企業を紹介してもらえます。また、セミナーやカウンセリングといったサポートが充実している点も大いに魅力的です。

倍率はそこまで高くない隠れた優良企業を探している方は、こちらを利用してみてはいかがでしょうか。

→マイナビ新卒紹介はこちら

おすすめの新卒エージェント②内定率が高い

続いては、利用している学生がどれだけ内定をもらえているのかの指標である内定率の観点で、おすすめの新卒エージェントを2社ご紹介します。

キャリアチケット


内定率の高い新卒エージェント1社目は、「キャリアチケット」。転職市場でも評価されるスキルを身につけられる本質的な就活をテーマに、入社後のキャリア形成を見据えた就活支援を行っています。

データによると、ここの面接対策を受けると、内定率が1.39倍になるそうです(※)。つまり、キャリアチケットで就活対策を行えば40%近く内定を獲得できる確率がアップするということ。
(※2018年8月~2019年9月実績)

学生の特徴に合わせて活躍できそうな企業のみを紹介し、加えて企業別の選考対策も行っているのが、その大きな要因でしょう。

また、キャリアチケットの特徴として、選考から内定までの期間の短さが挙げられます。平均的には2週間前後、早い人では3日で内定が決まるなんて人も……。

特別選考枠も多数ありますので、まだ内定がない、早く内定を取りたいと考えている学生には、たいへんおすすめのエージェントです。

→キャリアチケットはこちら

ジョブコミット


内定率の高いエージェント2社目は、「ジョブコミット」です。サービス開始以来、年々内定承諾数が増加しており、利用者の最終内定率は95%を誇ります(※)。
※2017年実績

内定率が高い要因は、キャリアアドバイザーが10時間以上しっかり面談を行う点にあります。実際に筆者も就活をしていた際に利用していたのですが、自己分析・業界研究・面接対策など多岐に渡ってもっとも親身にサポートしてもらえました。

1人で就活するのが不安、自分の就活のやり方を見直したい学生は、一度登録してみてはいかがでしょうか。

→ジョブコミットはこちら

おすすめの新卒エージェント③大手・他と異なる特徴がある

ここまで大手や内定率の高さを軸に見てきましたが、本章では、他と異なる特徴をもった新卒エージェントをご紹介します。

digmee


「digmee」はLINEを使った新卒エージェントで、まずLINEで友達登録をし、30秒で終わる回答フォームに情報登録をするだけで、キャリアアドバイザーに相談できたり企業からオファーが届いたりするサービスです。

選考会の応募もLINEで手軽にでき、企業の人事と直接面談も可能。キャリアアドバイザーとのやりとりもLINEで行うため、登録も相談も気軽にできるのが特徴です。

就活を始めるのが面倒だと感じていても、これなら始めやすいのではないでしょうか?返信もスキマ時間にできますし、気軽に登録してみると良いですね。

→digmeeはこちら

JobSpring就活エージェント


「JobSpring」も一味変わった就活エージェントです。ここの最大の特徴は、AIを用いたマッチングを行っている点。キャリアアドバイザーとの面談内容にAIのマッチング内容を加えた結果をもとに、1000社以上の中から最適な企業を紹介してもらえます。

自身の市場価値を高められる企業が紹介されるお陰で、なんと入社後3年以内の早期離職率は驚異の0.01%です。

エージェントのサポートにより、内定獲得の支援を受けられるだけでなく、万一不合格となった場合も不合格理由を元に他社選考への戦略を一緒に練ってもらえ、次につながります。

来場が困難な場合はオンライン面談ができますので、この時期でも安心です。是非登録してみてくださいね。

→JobSpring就活エージェントはこちら

おすすめの新卒エージェント④エンジニアを目指すなら

続いては、エンジニアとして就職したいと考えている人におすすめのエージェントを紹介します。

レバテックルーキー


新卒のエンジニア就活に強いのがレバテックルーキーです。
総合職のキャリアアドバイザーではなく、ITエンジニア専門のアドバイザーがヒアリングを通して、どのような企業であればあなたがやりたいことが実現できるか、一緒に導いてくれます。
そのため、「プログラミングは授業で扱ったくらいだけど大丈夫かな」「progateやチュートリアルを独学で何度かやったことがある程度だけど、どんな企業にならいけるのだろう」などと悩んでいる人にはぴったりかと思います。

エンジニアといっても、大規模なシステム開発に携わりたいのか、新規プロダクトをつくりたいのか、はたまたバックエンドかフロントエンド、どちらをやりたいのかなど、選択肢は様々です。自身の志望と、企業側の需要をすり合わせるためにも、1度面談をしてみると良いでしょう。

→レバテックルーキーはこちら

まとめ

今回はおすすめの新卒エージェントを、満足度の高さ、内定率の高さ、大手・他と異なる特徴という3つの視点からご紹介してきました。

ひとくちに新卒エージェントと言ってもさまざまな特色があり、何を求めているかによって自分に合ったサービスは変わってくるとお分かりいただけたのではないでしょうか。

一点注意があり、新卒エージェントは二人三脚で就活の成功を目指せるとても良いサービスですが、人対人のことですし、場合によっては合わないケースもないとは言えません。

いくつかのサービスに登録し、自分に合うキャリアアドバイザーを見付けてくださいね。