就活コラム

2020/03/23

<時間別例文あり>面接で自己紹介をする時のポイントとNGなことってどんなの?

面接が決まると、まず準備するのが志望動機や自己PRですよね。そこで盲点なのが自己紹介

企業によっては、「自己PRをお願いします」ではなく、「自己紹介をお願いします」と言われる場合があります。「自己紹介も自己PRも同じじゃないの?」と思うかもしれませんが、この2つには明確な違いがあります。混同してしまうとイメージダウンの可能性もゼロではありません。

自己紹介をと言われたら、はたして何を話したら良いのでしょうか?本記事では、自己紹介とは何かを解説した後に、自己紹介の流れと話す内容、自己紹介に必要な工夫やコツ、やってはいけないことについてお伝えします。

準備不足で慌てないように、事前に準備しておきましょう。

自己紹介とは?自己PRとの違いは何?

 

 

自己紹介とは、端的に言えば「自分がどういう人間かを相手に知ってもらうためにするもの」です。一般的には、氏名、大学で所属している学部や学科、これまでの活動などを言います。

後で自己PRも聞かれるのにわざわざ自己紹介を先にさせられるのは、自己紹介はアイスブレイクの側面もあるから。できれば緊張でガチガチではなく、素の状態に近い学生の姿を見るために簡単な質問を始めに行います。

さらに、相手がどういう学生かをある程度知った上で面接に臨んだ方が円滑に進むと面接官は考えています。その下地作りにジャブ的な感じで聞くわけです。

自己紹介と自己PRの違いは何?

では、自己紹介と自己PRは何が違うのでしょうか。

簡単に言うと、自己紹介は自分自身について話すこと、自己PRは相手に自分をアピールすることです。

自己紹介では、所属や活動内容などを簡潔に伝えます。履歴書に書いてあるような内容だけでも構いません。

自己PRは相手に自分をアピールすることなので、何らかのエピソードとそこから学んだこと、それをどのように入社後に生かせるかまでセットにするのが一般的です。

表面的なことについて広く浅く伝えるのが自己紹介、深く掘り下げて自分をよく知ってもらうためのものが自己PRと言えるでしょう。

自己紹介の流れ・話すこと

それでは、自己紹介を実際にする際には、どのように組み立てたら良いのでしょうか。
この章では、自己紹介の流れと、話すことについてお伝えします。

 

①名乗る

まず名乗ります。

例:「□□大学□□学部□□学科4年生の○○です」

②大学内での取り組みについて話す

次に、大学内での取り組みについて話します。

例:「大学では文学のゼミに所属しており、江戸時代の絵本である黄表紙の研究をしています」

③サークルや趣味について話す

続いて、サークルや趣味についてなど、学業以外の内容について話します。

例:「ユースホステル研究会に所属しており、年に4回サークルのメンバーと共に全国のユースホステルとその周辺の観光地を巡っています。私は広報担当なので、毎回その体験レポートをウェブサイトにアップしていました」

④企業への興味とお礼

最後に、その企業に興味を持っている点を簡潔に伝え、お礼で締めましょう。

例:「社会人になってもさまざまな地域で力を発揮したいと思っており、異動がとても多いことで有名な御社に魅力を感じました。本日は面接という貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございます。何卒よろしくお願い申し上げます」

自己紹介に必要な工夫・コツ

簡単な自己紹介のやり方をお伝えしましたが、さらに効果的な内容にするにはどうしたら良いのでしょうか?この章では、自己紹介に必要な工夫・コツを解説します。

明るくはきはきと答える

1つめは、明るくはきはきと答えることです。

面接官が、面接の最初に自己紹介を求めるのはなぜでしょうか?まずは相手の学生について知り、スムーズに会話を進めたいと考えるからです。ここで何を言うかはそこまで大きな問題ではありません。会話の下地作りのようなものです。

ただし、最初のこの自己紹介によってあなたの印象は決定付くと言って良いでしょう。緊張しているにしても、下を向いてぼそぼそと話していては、「覇気のない学生だ、やる気がないのでは?」と思われて、続く質問をまともにしてくれないかもしれません。

そういう意味で、自己紹介はかなり大切なものと言えます。自己紹介を通し、面接へのやる気と、学生らしい元気さをアピールしましょう。

フックを作る

フックを作るのも有効です。フックとは、相手が思わず気になってしまうようなワードやトピックのこと。

面接官は、毎日何人もの学生と面接をします。その中で印象に残る自己紹介をするには、興味を持ってもらえる要素を入れておくのが鍵。

人生の中で面白かった経験や、人に話すと必ずのようにツッコまれる話題などはありませんか?そういったネタを盛り込むと、聞いた面接官は「どうしてそれをしようと思ったんだろう」「意外と面白い子かもしれない」など、感情が動かされてあなたに興味を持つはずです。

ぜひ自分に好印象を抱いてもらえるエピソードを探し、自己紹介に使えないか考えてみましょう。

声に出して練習しておく

自己紹介で何を話すかが決まったら、必ず声に出して練習しておきましょう。

「たくさんイメージトレーニングしたから大丈夫」なことはあまりありません。脳内でいくら繰り返しても、実際に口に出す感覚は違います。文章の造りとしてはきれいでも、実は滑舌の難しい語順になっている可能性も。

また自己紹介を求められるときは、併せて時間を指定されることも多いものです。一般的に、1分間に話す文字数は300~350文字程度と言われていますが、自分の話すスピードが平均と同じかは計らなければ分かりません。想定する時間内に話せるかを事前に調べておきましょう。

可能であれば、練習を録音して自分で聞いてみるのがおすすめ。「ここが聞き取りづらかった」「思ったより早口になっていた」など、改善点が見えてきます。それを直してまたしゃべってみて、の繰り返しです。

何年もスキーをしていなくても、いざ雪山に行くと体が覚えていて滑れてしまったりしますよね。もし緊張してしまっても、体に慣れさせておけば本番でも予定通り話せます。「たくさん口に出して練習したから大丈夫」となるまでやってみましょう。

自己紹介のNG!やってはいけないこと

ここまで自己紹介のやり方やコツについてお伝えしてきましたが、この章では、自己紹介のNGについて解説します。やってはいけないこととは何なのかを確認しておきましょう。

自己PRをする

NGにもかかわらずやりがちなのが、自己PRをすること。自己紹介の中に自慢できるトピックを入れるのは構いません。しかし、がっつり自己PRをするのは避けてください。

どの質問であっても、自分を売り込めるポイントがあれば食らい付きたい気持ちになるのは分かります。とはいえ、自己紹介を求められているのに詳細に自己PRをしてしまっては、質問の意味をはき違えているとして評価が下がってしまうのです。

自己紹介と言われたらあまり気負わず、これもあいさつのうちと思いながら話すくらいでちょうどいいでしょう。

志望動機を付け加える

自己PR同様にやってしまいがちなのが、志望動機を付け加えること。

「自分はこういう人間です→だからこの企業に魅力を感じました」くらいなら構いませんし、良いアピールになる可能性もあります。しかし、そこから長々と志望動機を話すのは避けましょう。

自己PRの項でもお伝えしましたが、自己紹介をしてくださいとしか言われていないのに志望動機を話してしまうと、この学生とは意思の疎通が難しいと感じられてしまう可能性があります。自己紹介は、あくまで自己紹介にとどめましょう。

質問された以外の回答をする

なかなか盲点なNGが、質問された以外の回答をすること。

聞かれた内容についてのみ答えるなんて当然では?と思うかもしれませんが、緊張していると正常な判断力がなくなってしまい、ついつい求められていないところまで答えてしまいがちです。

自己紹介をしっかり練習すればするほど、その通りに言いたくなるものですよね。しかし企業によっては、単に「お名前と大学名を教えてください」とだけ言われる場合もあります。

これを自己紹介を求められたと曲解し、用意してきた通りの自己紹介を始めてしまうと、「この学生はコミュニケーションに難がある」と捉えられてしまいます。

面接官に何を聞かれたのかを確実に聞き取り、過不足なく答えましょう。

時間別!自己紹介の例文・サンプル

ここまで自己紹介で話す内容や、コツとNGポイントなどをお伝えしてきましたが、この章では自己紹介の例文をお届けします。

1分、2分、3分と時間別になっているので、参考にしてみてくださいね。

1分

西神田大学文学部日本文学科4年生の種田春子と申します。

大学では文学のゼミに所属しており、黄表紙の研究を行っています。黄表紙というのは、江戸で大流行した大人向けのマンガで、洒落や風刺が効いているのが特徴です。

学業以外では、寿司店でのアルバイトを2年間続けています。バイトリーダーを任され、年に一度ある店舗別売り上げバトルで一位を獲りました。

また課外活動としてはユースホステル研究会に所属しており、年に4回サークルのメンバーと共に全国のユースホステルとその周辺の観光地を巡っています。

社会人になってもさまざまな地域で力を発揮したいと思っており、異動がかなり多いことで有名な御社に魅力を感じました。本日は面接という貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。(344文字)

2分

西神田大学文学部日本文学科4年生の種田春子と申します。

大学では文学のゼミに所属しており、江戸時代の絵本である黄表紙の研究を行っています。黄表紙というのは、江戸で大流行した大人向けのマンガで、洒落や風刺が効いているのが特徴です。現在では普通に「善玉コレステロール」「悪玉コレステロール」などと言いますが、この由来を調べたところ黄表紙が発祥と知り、興味を持ったことがこのテーマを選んだきっかけです。

学業以外では、寿司店でのアルバイトを2年間続けています。回転寿司ながら元気な接客が売りで、かなり積極的にお客様とコミュニケーションを取る店舗だったので、緊張しやすい自分を変えたいと思い入りました。最初は恥ずかしくてなかなかお客様に話し掛けられませんでしたが、次第にファンが増えてきたのがとても嬉しかったです。ついにバイトリーダーを任されるまでになり、人間関係のトラブルなどを乗り越えながら年に一度ある店舗別売り上げバトルで一位を獲ったのが誇らしかったです。

また課外活動としてはユースホステル研究会に所属しており、年に4回サークルのメンバーと共に全国のユースホステルとその周辺の観光地を巡っています。私は広報担当なので、毎回その体験レポートをウェブサイトにアップしており、私が担当になってからアクセス数が1.5倍くらいになりました。

社会人になってもさまざまな地域で力を発揮したいと思っており、異動がかなり多いことで有名な御社に魅力を感じました。本日は面接という貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。(670文字)

3分

西神田大学文学部日本文学科4年生の種田春子と申します。

大学では文学のゼミに所属しており、江戸時代の絵本である黄表紙の研究を行っています。黄表紙というのは、江戸で大流行した大人向けのマンガで、洒落や風刺が効いているのが特徴です。現在では普通に「善玉コレステロール」「悪玉コレステロール」などと言いますが、この由来を調べたところ黄表紙が発祥と知り、興味を持ったことがこのテーマを選んだきっかけです。

学業以外では、寿司店でのアルバイトを2年間続けています。こちらは回転寿司ながら元気な接客が売りで、かなり積極的にお客様とコミュニケーションを取る店舗だったので、緊張しやすい自分を変えたいと思い入りました。

最初は恥ずかしくてなかなかお客様に話し掛けられませんでしたが、勇気を出して声を出す回数を増やしていくうちに、少しずつ自分がおすすめした商品を食べて美味しいと言ってくれたり、私に会いに来たと言ってくださるお客様が増えてきたりしたのが、とても嬉しかったです。それと共に、アルバイトとはいえ自分が何かすることで誰かを笑顔にできる喜びを知りました。

アルバイトに大きなやりがいを感じるようになり、シフトもかなり入れていたので、バイトリーダーを任されるまでになりました。大きな店舗でスタッフの人数が多く、人間関係のトラブルなどもありましたが、何とかまとめ、年に一度ある店舗別売り上げバトルでは、私が所属していた店舗が一位を獲りました。みんなで一丸となって取り組んだ結果ではありますが、目標としていた結果を手にできた立役者は私と店長に言ってもらえたのが誇らしかったです。

また課外活動としてはユースホステル研究会に所属しており、年に4回サークルのメンバーと共に全国のユースホステルとその周辺の観光地を巡っています。私は広報担当なので、毎回その体験レポートをウェブサイトにアップしていました。私が担当になってからアクセス数が1.5倍くらいになったのが自慢です。ユースホステルは、オーナーや、泊まりに来ている多様なバックグラウンドを持った人達との交流も楽しく、普通に旅行をするだけではない面白さがありました。

社会人になってもさまざまな地域で力を発揮したいと思っており、異動がかなり多いことで有名な御社に魅力を感じました。本日は面接という貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。(1000字)

まとめ

今回は、自己紹介とは何かを解説した後に、自己紹介の流れと話す内容、自己紹介に必要な工夫やコツ、やってはいけないことについてお伝えしてきました。

自己紹介だからといって簡単に考えてはいけないことや、入りたい気持ちが強過ぎるあまりに求められた以上まで話してはいけないことなどが、お分かりいただけたのではないでしょうか。

とはいえ、自己紹介というものは、ここから始まる面接の冒頭部分です。お互いが円滑に話すための布石を打つ役割と捉えましょう。「上手にできなかったらどうしよう」と過剰な不安を抱く必要はありません。

いくつか例を挙げましたが、話すのはどのような中身でも大丈夫です。ただし、もしESの記述と重なるようであれば、齟齬がないようにしてください。また、あいさつの一環と先ほどお伝えした通り、第一印象を決定付けるものでもあります。元気に明るくはきはきと話すことを心掛けましょう。

本番前に自己紹介の練習をしたいという方は、就活エージェントがおすすめです!専属のキャリアアドバイザーが、あなたの面接対策を手伝ってくれますよ。

自己紹介の作り方のポイントを教えてくれるだけでなく、話し方もアドバイスしてもらえますので、気軽に登録してみてください。

JobSpring
JobSpringは、利用者の内定率の高さや、JobSpring経由で入社した方の早期離職率が低いことで有名。自分とよりマッチする企業を知りたいならここ!

キャリアチケット
キャリアチケットは、新卒のときだけでなく、将来的なキャリア形成にも役立つ企業を紹介してくれる就活エージェント。心から納得できる1社と出会ってください!