就活コラム

2020/03/04

<時間別例文あり>「自己PRをしてください」と言われたら!面接で効果的な言い方・話し方とは

ESが通り面接に呼ばれると、「やったー」という喜びと共に、「上手に答えられるかな?」といった不安も湧き上がるでしょう。

とりわけ自己PRは必ず聞かれますが、自分の何をアピールすれば良いのか、意外と分からなくなってしまいますよね。自分を立派に思わせなくてはと、気負ってしまう人もいるのでは。

しかし、恐れることはありません。面接官はなぜこの質問をするのか理解できれば、無理して自分を大きく見せる必要などないと分かるはずです。

この記事では、自己PRを求める面接官の意図と話し方のポイント、求められた時間ごとの例文をご紹介します。

面接官が自己PRしてくださいと言う理由

なぜ、面接の時に必ずと言って良いほど「自己PRしてください」と言われるのか。

まずはその理由をお伝えします。この質問に隠された面接官の思惑を見ていきましょう。

学生の”人となり”を知りたいから

第一に、学生の”人となり”を知りたいから。どんな性格や価値観、ビジョンなどを持っているのか見極めようとしているのです。これが分からないと、入社後にどう活躍してもらえるのか想像できません。

自己PRとなると、自分の特性の中で突出して優れたものを探そうと思ってしまいがちですが、決してその必要ははありません。上記の通り、面接官はあなたがどのような人間なのかを知りたいと思っているので、それがよく分かるものであればOKなのです。

自分自身をよく理解し、きちんと伝えられるように整理がされていなければ、自己PRは成り立ちません。きちんと自分を分かっているかが見られています。

また、自己PRを通して熱意を伝えたいと思うかもしれませんが、自己PRは「こんなにもこの企業に入りたいんだ」と直接的にアピールするものではない点にも注意してください。自分自身の性格や能力面について話すようにしましょう。

入社意欲があるのかを見たいから

次は、入社意欲があるのかを見たいからです。自己PRは自分の優れているところをアピールするものですが、ただそれを言うだけというのも良くありません。

「長所を教えてください」と言われたのなら単に良いところを述べれば良いのですが、自己PRとなると、相手企業との関連性を含めて伝える必要があります。その企業で自分はどのように価値を生み出せるかを絡めながら話さなければならないのです。

「自分にはこういう特徴がある」、「御社ではこういう能力が生かせる」といった点を伝えるには、企業研究をする必要があるでしょう。使い回しではなく自社に合わせた内容だと判断されれば、志望の本気度があると思ってもらえます。

自社に対しての適性があるか判断したいから

最後は、自社に対しての適性があるか判断したいからです。企業はそれぞれに社風があります。「アットホームな雰囲気」や「他者を蹴落としてでもバリバリ上がっていく環境」などです。

業務内容ももちろんですが、社風は会社の性格のようなものなので、ここが合わないと入ってから苦労します。もちろん後から合わせられれば良いのですが、合っていない環境にいると消耗しやすくなってしまうので、できれば企業側も学生側もここは一致させた方がベターです。

自己PRでは学生の性格や考え方などが分かるので、自社とマッチしているかを確認するために面接官はこの質問をしています。学生の側も、自分の特徴が志望する企業の社風に合っているかを面接の時に確認しましょう。

自己PR話し方のポイント

ここからは、自己PRを話す時の話し方のポイントについてお伝えします。効果的に伝えられるよう、参考にしてください。

PREP法を使う

論理的に伝えるためには、PREP法を使いましょう。文章の基本となる構成で、

①P:結論(Point)
②R:理由(Reason)
③E:事例(Example)
④P:結論(Point)

の順に書くという方法です。

たとえば以下のような文章があったとします。

* * *
私は2年生の時、バックパッカーの旅をたった一人で行いました。10ヶ国を回る中では荷物がなくなったこともありましたが、自分で道具を作ったり、時には困っている旨を身振り手振りを含めながら伝えて現地の人に物をもらったりしながら最後まで旅を続けました。私の強みはチャレンジ精神なので、このように何か困難にぶち当たっても、必ず乗り越えようとします。入社後もこのようなチャレンジ精神を大切にしながら、仕事にあたっていきたいと思います。
* * *

この文章をPREP法で整理すると、以下のようになります。

* * *
P:結論
私の強みはチャレンジ精神です。

R:理由
何か困難にぶち当たっても、必ず乗り越えようとします。

E:事例
2年生の時、バックパッカーの旅をたった一人で行いました。10ヶ国を回る中では荷物がなくなったりお金がなくなったこともありましたが、自分で道具を作ったり、時には困っている旨を身振り手振りを含めながら伝えて現地の人に物をもらったりしながら、最後まで旅を続けました。

P:結論
入社後もこのようなチャレンジ精神を大切にしながら、仕事にあたっていきたいと思います。
* * *

ご覧いただくとお分かりいただけると思いますが、この順番で展開していくと、話が簡潔にまとまって論理的で分かりやすくなりませんか?ポイントは、結論をはじめに述べること。「結局何が言いたいのか?」を真っ先に示せば、相手は話の要点を理解しやすくなるのです。

このフォーマットに当てはめれば、どのような内容であっても伝わりやすくなります。是非ともこの形式で作ってみてください。

志望する職種に合わせる

自己PRはひとつのものを使いまわすのではなく、志望する職種に合わせて変えましょう。自己PRの内容そのものを変える必要はありませんが、最終的な着地点を企業の求める姿に寄せるイメージです。

たとえば、「私には高いコミュニケーション能力があります」という自己PRを使うとします。

その場合、営業職なら「私には高いコミュニケーション能力があります。お客様の心をつかんでたくさん買って頂けるように力を発揮します」と伝えるのが良いでしょう。

一方で、事務職などの内勤であれば「私には高いコミュニケーション能力があります。様々な細かいニーズを拾いながら、社内調整をしっかりやっていきたいです」と伝える方が効果的となります。

自分が志望している職種には、どのような切り口で自己PRをするのが良いのか考えてみましょう。

はきはきと元気に話す

最後に、とても重要なことをお伝えします。どのような内容を話すにしても、はきはきと元気に話してください。

自己PRでは内容のみならず、話している姿からも面接官は様々な情報を受け取っています。

メラビアンの法則を知っていますか?人間は相手が話している内容よりも話す態度や声の調子など、非言語部分からより多くのメッセージを受け取るという理論です。

視覚からの情報は55%、聴覚からの情報は38%、言語からの情報はたったの7%と言われています。どれだけ素晴らしい内容を言っても、自信がなさそうだったりぼそぼそと話していたりしては、「この学生はやる気があるのだろうか?」と思われてマイナスイメージになってしまいます。

面接官の目をしっかりと見ながら、はきはきと元気に話しましょう。

面接での自己PRの例文

ここからは、実際の自己PRの例文を、時間別にご紹介します。

時間ごとに区切っているのは、「○分間で自己PRをお願いします」と言われる場合が多いためです。企業によって設定時間は違うものの、その限られた時間内で最大限に自分を表現できるよう、時間ごとに自己PRをまとめてシミュレーションしておきましょう。

アナウンサーが1分間に話す文字数は300~350字程度と言われていますが、人によって話すスピードは違いますので、自分で実際に話しているところを録音してみるのがおすすめです。

30秒バージョン

私には、アイデアが浮かんだらそのままにせず、形になるまでやりきる実行力があります。真面目にバスケットボールに取り組むサークルに入りたかったものの、なかったので自分で作った結果、150人を超える規模になりました。

この経験から、不満は改善に向かう上で重要な情報と分かりました。御社においては開発のヒントになると思います。社会に出てからも、こういった不満の改善に力を尽くしたいです。(188文字)

1分バージョン

私には、アイデアが浮かんだらそのままにせず、形になるまでやりきる実行力があります。

真面目にバスケットボールに取り組むサークルに入りたかったのですが、なかったので自分で作ることにしました。実際に立ち上げると、既存の遊びのバスケサークルからもかなりのメンバーが移籍し、引退する時には150人近くにまでなっていました。本当はもっとしっかり練習したいと考えている人がたくさんいたのです。

この経験を通じて痛感したのは、不満は改善に向かう上で重要な情報ということです。企業においては、現状の商品やサービスの開発のヒントになると思います。

御社の商品の開発秘話を拝見した際、顧客からの不満を改善した結果、販売数を伸ばした実績が数多くあると知りました。社会に出てからは、こういった不満の改善に力を尽くしたいです。(347文字)

2分バージョン

私には、アイデアが浮かんだらそのままにせず、形になるまでやりきる実行力があります。

高校までバスケットボールをしていたので、大学でもサークルを探すと、どれも遊びに近いものでした。もっとやりたい場合は体育会の部活動しかありません。ただ、生活の全てを捧げる必要のある体育会は本意ではありませんでした。

各サークルへ見学に行った際に聞いたところ、本当はちゃんとやりたいと不満に思う人は多くいましたが、その現状を打破しようとする人が皆無でした。現状に不満なのは私も同じです。ただ、誰一人行動しない点にも、私は不満でした。

そこで私は、練習をしっかりと行い、大会で上位を狙うのを目標とするサークルを作ろうと考えたのです。

100名にアンケート調査をするとニーズがありそうだったので、実際に立ち上げました。既存サークルからかなりの人数が移籍し、始めた段階で既に40人も集まり、翌年度からは後輩も入ってきて、引退する時には150人近くの大所帯になりました。試合は2回戦負けや3回戦負けでしたが、しっかりと毎年数試合に出場できるサークルに育てられたのが功績だと思っています。

この経験を通じて痛感したのは、不満は改善に向かう上で重要な情報ということです。

もともとは不満こそ言うのに動かない人が嫌で始めたサークル活動でしたが、不満は不満で大切にしなければと気付きました。企業においては、商品やサービスに不満があったら、それが開発のヒントになると思いました。

御社の商品の開発秘話を拝見したところ、既存商品に多く寄せられていた不満を改善し、一部の機能を切り替えて使いやすくした結果、多くの人々から支持されていると知りました。

社会に出てからも、人々の不満を解消して喜んでもらえる仕事に力を尽くしたいと思っています。小さな改善を積み重ね、世間に大きなインパクトを与えたいです。(770文字)

3分バージョン

私には、アイデアが浮かんだらそのままにせず、形になるまでやりきる実行力があります。

高校までバスケットボール部だったので、大学でもバスケサークルを探しました。しかしどれも遊びに近く、もっとやりたい場合は体育会の部活動しかありませんでした。生活の全てを捧げる必要がある体育会は本意でなく、両極端なものしかない状態だったのです。

各サークルへ見学に行った際に聞いたところ、本当はちゃんとやりたいと不満に思う人は多くいましたが、その現状を打破しようとする人が皆無でした。現状に不満なのは私も同じです。しかし誰一人行動しない点にも、私は不満でした。

そこで私は、練習をしっかりと行い、大会に出て上位を狙うまでを目標とするサークルを作ろうと考えます。

まずは仲間と協力し、100名のアンケート調査でニーズを計りました。「作ったら入りたい」、「ぜひともやってほしい」といった声をもらい、手応えを感じたので実際に立ち上げました。

すると、すぐ40人もの仲間が集まったのです。翌年度からは後輩も入り、引退時には150人近くにまでなっていました。数名から始めてこんなにも大きくできたのは、とても嬉しかったです。

あったらいいなと思う人はたくさんいたはずですが、最後まで実現してみた結果、たくさんの人が喜んでくれた経験は忘れられません。試合は2回戦負けや3回戦負けだったものの、しっかりと毎年数試合に出場できるサークルに育てられたことが功績だと思っています。理想としていたサークルを作り、それが広く受け入れられたことに大きな達成感を覚えました。

この経験を通じて痛感したのは、不満は改善に向かう上で重要な情報ということです。

もともとは不満こそ言うのに動かない人が嫌で始めたサークル活動でしたが、不満の対象は、遠ざけるだけでなく大切にすべきものもあると気付かされました。同じように、企業においては現状の商品やサービスに不満があったら、それが開発のヒントになると思います。

御社の商品の開発秘話を拝見したところ、既存商品に多く寄せられていた不満を改善し、一部の機能を切り替えて使いやすくした結果、多くの人々から支持されていると知りました。

私が行ったのはサークルを作るという自己満足の世界でしたが、社会に出てからも、人々の不満を解消できる仕事に力を尽くしたいと思っています。不満から抽出した小さな改善を積み重ね、世間に大きなインパクトを与えたいです。(1004文字)

自己PRの作り方に迷ってしまったら

ここまで、面接官が自己PRしてくださいと言う理由を解説し、話し方のポイントと面接での自己PRの例文をお伝えしてきました。

自己PRを求められる理由を理解した上で組み立て、ポイントを押さえた話し方をするのが大切とお分かりいただけたのではないでしょうか。

しかし作っている途中で「これでいいのかな?」と不安になってしまうこともありますよね。

そんなときには就活エージェントを使うという手がありますよ。

就活エージェントに登録すると専任のキャリアアドバイザーが付き、自己PRや志望動機の作り方を教えてくれたり、一緒に考えてくれたりします。

無料で利用でき、就職先もあっせんしてくれますので、登録しておくのがおすすめです。就職エージェントはたくさんありますが、ここではおすすめのサービスを2つご紹介します。

▼相談してみる

JobSpring
JobSpringとは、キャリアアドバイザーの親身なアドバイスが評判の就活エージェントです。自己PRのまとめ方だけでなく、探し方から教えてもらい、通る自己PRを作りましょう。→JobSpring

キャリアチケット
キャリアチケットは受かればいいという考え方でなく、本質的な就活を掲げた就活エージェント。キャリアアドバイザーと一緒に、小手先でなく自分自身と十分に向き合って自己PRを組み立ててください。→キャリアチケット

まとめ

今回は、自己PRを求める面接官の意図と話し方のポイント、そして求められた時間ごとの例文をご紹介しました。

自己PRでは、ただ事実を述べるだけではなく、戦略的に伝えなければならないとお分かりいただけたのではないかと思います。

面接の場は、思った以上に時間で区切られると焦ってしまいますので、事前に文章を作って練習しておきましょう。

ただし、想定していた時間より長かったり短かったりする場合もありますので、丸暗記するのではなく、要素ごとに自分でしっかり把握しておくのがおすすめです。