就活コラム

2019/03/15

会社訪問のマナー ~相手に好印象を与える作法~

就職活動の中で、会社を訪問する機会は多々あるかと思います。
それは通常の選考に限らず、OBOG訪問等、自分の興味のある企業が見つかった場合には
積極的に情報を収集する機会を作ることが可能です。

直接企業を訪問することは、就職活動にとっては沢山のメリットがあるでしょう。
社員の方の声を聞くことで、仕事内容や、働き方に対する自分のイメージとのギャップを
埋めることができたり、採用情報だけではわからない情報を得ることが可能です。何より
も、実際に働いている方の雰囲気を肌で感じることができます。

自ら訪問のアポイントを取ることに対して、抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、き
ちんとマナーを抑えていれば問題ありません。訪問することで、必ずしも選考に影響があ
る訳ではありませんが、企業に好印象を残しておくに越したことはないでしょう。

だからこそ、たかが企業訪問と思わず、入念な準備をしたうえで就職活動に大きく関わる
ことという意識を持ち、臨んでいきましょう。

訪問までの流れ

個人で会社を訪問するということになると、自ら会社に連絡をし、アポイントを取得する
必要があります。
採用担当の人事部に直接連絡することも可能ですが、企業によっては通常の選考以外で、
採用担当者が個別に会うことをお断りしている場合もあります。

スムーズに訪問に繋げるためには、自分の大学のOBOG経由で訪問をしましょう。
訪問したい企業に親しいOBOGがいない場合には、大学のキャリアセンターで、卒業生の
就職企業を調べることもできます。同じ大学とはいえ、必ず礼儀正しい態度で依頼をする
ようにしましょう。

・アポイント取得の際に伝えるべきこと

①自己紹介
大学、学部、学科、学年、OBOGと同学部の場合はゼミ名等を伝える
②目的、用件
現在就職活動中で、この企業を志望しているため、訪問して話を聞きたい旨を伝え

③具体的なアポイントの日時、場所
相手の都合を聞きながら、2〜3日程を設定し、選んでもらうようにする
・アポイントの取得
アポイントを取得方法には①メール②電話の2つの方法があります。

まずメールの場合には、必ず冒頭に自己紹介と、何を目的として連絡をしたのか、を
必ず明記しましょう。
面識がある方に連絡をした場合でも、アポイントが欲しいことだけをいきなり伝えるの
は失礼です。また、必ず誤字脱字が無いように確認をし、出来れば既にOBOG訪問を経験
している知人に客観的に見てもらうのもいいでしょう。

電話の場合には、かける時間帯に注意をしたうえで、同様にまず名乗ることと、相手の
都合を聞くようにしましょう。朝一や就業間近は立て込むこともあるので避け、電話が
繋がったら自己紹介と用件を端的に伝えましょう。

・訪問準備

アポイントが取れたら、ただ訪問をするだけではなく、事前準備をしましょう。せっか
く相手にも時間を取って頂いているにも関わらず、質問も準備せずに訪問することは失
礼です。
準備すべきこととしては、以下の点を意識してみましょう。

①業界分析
②自己分析とその業界を志望したい理由の紐付け
③その業界の中でその企業を志望したい理由
④その企業の中で興味のある職種

選考ではないので、明確にこれらを全て伝える必要はありませんが、自分の中できちん
と整理しておくことで、分析が足りない部分については訪問の中からヒントを得ること
もできるでしょう。
特に自分が希望している職種の方に訪問できる場合は、自分の志望動機とその職種の業
務内容や働き方が一致しているかを具体的に聞くことができるチャンスでもあります。

また、過去の選考の情報などから、想定される質問内容を見た上で、当日聞きたいこと
を準備しておくのも良いでしょう。
他にも、自己PRを持参することで当日その場で添削をしてもらえることもあります。

その他のこととして、当日の交通を事前に確認し、必ず遅刻や誤りのないように訪問を
するための準備をしておくこともマナーです。

・当日の流れ

訪問当日は、必ず余裕を持って約束の時間に到着するようにしましょう。
余裕を持って到着することで、化粧室で身だしなみを整えたり、再度質問事項を整理す
る時間にもできます。
そして準備が整ったら受付に行き、以下のことを伝えて繋いでもらうようにしましょう

①自分の氏名
②訪問目的(就職活動のための訪問の約束であること)
③訪問相手の名前、(わかれば部署名も)

担当の方が来るまでに時間がかかる場合もありますが、他の来客の方の邪魔にならない
ように注意して待ちましょう。指定された場所があれば受付付近の待合スペース等へ移
動しましょう。
その後担当の方が来られたら、その場で簡単な自己紹介と御礼を先に伝えておきましょ
う。名刺などを渡したい場合には、後ほど席に着く前に改めてで大丈夫です。

訪問の最初は、担当の方からの会社説明で始まるかと思いますが、何度も言う通り通常
の選考とは違うので、話に一区切りがついた段階で自ら積極的に質問をしましょう。個
別で訪問することのメリットは、通常の選考では得られない情報を収集できることにあ
ります。だからこそ、全て聞くだけで得られる情報に偏らせず、こちらから準備してき
た質問を出していくことが重要です。

質問以外にも、簡単な自己紹介やPRを聞かれたりする場面もあるかと思いますが、緊張
することなくゆっくりと、練習のつもりで話せば大丈夫です。
その場で感想や改善点を言ってもらえることもあるので、他の機会では味わえない絶好
のチャンスだと思ってチャレンジしましょう。

当日に関しては、事前の訪問準備をしっかりと行っておくことで、時間を無駄にするこ
となく、どのような場面にも対応できます。訪問準備を怠ることなく、また、準備して
きた内容を忘れずに当日は訪問しましょう。

・訪問後の対応

アポイントの時間終えたら、その場でお礼を言うことに加え、必ず御礼のメールも別で
送りましょう。
単に御礼を述べるだけではなく、今回の訪問を経て得られたこと、今後活かしたいと思
う点等を伝えることで、担当者の方からは好印象になります。

また、自分のこととしては、必ず訪問して終わりではなく、自己分析と訪問した結果の
内容を照らし合わせましょう。
訪問前と訪問後で変化のあった考えや、新しく知れたことを踏まえて、再度自己分析や
志望動機を見直す必要があります。
ここまでやって、初めて会社訪問を有意義に活用できたといえますので、訪問した後に
もうひと頑張りしましょう。

丁寧さと態度

会社訪問の一連の流れをここまで記載してきましたが、全体を通して言えることは、「
丁寧さ」と「相手を重んじる態度」が重要ということです。
貴重な訪問の機会だからこそ、丁寧に対応し、相手の迷惑にならないよう、そして時間を
取ってよかったと思えるよう、振る舞うことが、会社訪問のマナーです。

また、実際の選考で、会社訪問の内容を活かした話をする時に、訪問をした担当者の方
の名前を交えながら話をすることで、採用担当者からの印象も変わることがあります。
就職活動をどれどけ熱心にやっているのか、そして自身の会社に対してどれだけの思い
を持って丁寧に活動してきたのかが伝わる内容になるでしょう。
そして自分にとっても自信のある内容として当日を迎えることができるでしょう。

就職活動を他人と一歩差をつけるためにも、マナーを意識した会社訪問で、有益な情報
収集をできるように、是非参考にしてみてください。