就活コラム

2019/03/15

自己PRで使えるアピールポイントの見つけ方・伝え方

就活で注意したいのが自己PRで、自分自身を売り込んでいかなければなりません。
しかし、大半の就活生が間違えているのが、自分の長所をアピールするだけという点です。

自分自身がこれまで何をしてきたか分析して、長所をアピールするのは問題ありません。
しかし、企業の人事担当者が求めるポイントと異なっていると、どれだけ自己PRができあ
がっていても、全く伝わりません。
大事なのは企業が就活生に対して、自己PRから必要とするスキルや特徴を持っているかど
うかです。

この点を自己PRと結びつけることで、自分自身のセールスポイントへと昇華することがで
きます。その上でアピールするポイントを見つける方法や、人事担当者へ伝える方法を検
討しなければなりません。内定をもらう上で最初に面接で聞かれる項目でもあるので、じ
っくりと考えて端的に伝えられるようにしましょう。

自分のアピールポイントが活かせる企業を選択する

まず最初に入社してから活躍できそうなことを色々と考えなければならず、アピールポイ
ントから企業を志望する理由を見つけることとなります。企業に対する思い入れや気持ち
をいくらアピールしても内定がもらえないと嘆く就活生も多いですが、この点ができてい
ないためです。

単純にその企業が好きもしくは入りたいと考えていても、入社してから活躍を見込める人
材を企業の人事担当者は採用したいと考えています。
ビジネスという観点では雇うとコストもかかり、利益を生み出す人材でなければなりませ
ん。そこで気持ちや長所だけ誇示していても、入社後の活躍につなげる要素を考えて伝え
なければ企業の人事担当者はコストだけになってしまうと考えて不合格とします。質問の
意図も考えながら、自分のアピールポイントが企業の仕事と合致しているか、成果を出せ
る人間だと最後にアピールする流れにしていきましょう。

アピールポイントの見つけ方

そんな企業へアピールする自分のアピールポイントは、就活サイトなどで見つけ出すこと
ができます。最初に就活サイトなどで展開している適性診断を行い、自分自身の結果を出
していきます。適職診断用のツールもあるので、希望している業界とマッチしているかも
判断できます。日常の行動や意識などの質問項目に答えていきながら、アピールポイント
を見つけ出しながら端的にまとめていきましょう。
そして診断結果から、自分が希望している企業に売り込めるポイントを探していかなけれ
ばなりません。診断結果を提示する就活サイトなどの中には、自分に向いている仕事を教
えてくれることもあります。情報をチェックしながら、企業の仕事内容や希望職種にマッ
チしているか探していきましょう。自分の理想の仕事とマッチしている時、診断結果と併
せて求人情報を提示する就活サイトもあるので、そのまま応募してもいいでしょう。内定
をもらえる確率を大きくアップさせることができます。

アピールポイントの根拠を考える

アピールポイントの裏付けも必要です。
それは、自分自身の経験に基づいて考えていかなければなりません。日常生活の中でヒント
を見つけていきながら、思い出していき面接で使える文言へ昇華させていきましょう。
特徴を考える時には長所や短所を分けずに最初は思い出したり考えていきながら、アピー
ルポイントの中に組み込むことが重要です。
ただし、短所をそのまま伝えると企業の人事担当者にはマイナスの印象を与えてしまうの
で、必ずポジティブな表現に変えて伝えられるように考えていきましょう。また長所も短
所と表裏一体となっている部分が強く、必ず客観的に見ながら仕事におけるメリットに繋
げなければなりません。例えば好奇心が旺盛という長所があれば、広い視野で仕事を考え
て取り組めるとアピールポイントを作ることができます。

ES編・自己PRの気を付けるべきポイント

アピールポイントを見つけることができたら、次は履歴書やES。
そして面接でしっかりと伝えられるように整えなければなりません。

ESでは自己PRを数行で記載する場所が用意されていることが多く、その中
でアピールポイントを記載していきます。
ここで最も重要なのが、アピールポイントを漏らさずに伝えていくことです。
ESを確認した企業の人事担当者は内容をチェックするだけで、応募者に関
して質問などを行いません。大手企業となると1000人規模で募集が行われることもあり、
質問などを個々に行う時間がないためです。ここで選考を行い、ESに基づ
いて関心を持った応募者だけ連絡を取って、次のステップへと進むことが多いです。した
がってESで選考を行う時に、企業の人事担当者が全く内容が分からなかっ
たり採用してメリットがないと判断した時に、即不合格となってしまうことも多々ありま
す。そのためESに記載する時には、端的に伝えるべきアピールポイントを
記載しなければなりません。人によっては関心をもたせるように、敢えて突っ込める部分
を残す人もいますが逆効果になるケースもあります。自己PRを的確に伝えて、面接に活か
せるようにしましょう。
そこで要点をしっかりと押さえて、ESで過不足がないように表現の工夫を
しなければなりません。あらかじめ何度か練習しておき、自身を持てる内容に仕上げてお
きましょう。余分な情報が出てくれば外したり、カタカナ表現などで文字数を取る箇所を
異なる表現にして工夫すると、限られた行数で収めていくことができます。

面接編・自己PRの伝え方

面接では自己PRで戸惑うと時間を割くだけでなく、企業の人事担当者がマイナスイメージ
を持ってしまいます。というのも話は端的に伝えないと仕事でも業務に関する情報をスム
ーズに伝えられないと判断されたり、コミュニケーション能力がないと考えられてしまい
ます。仕事においてコミュニケーション能力がないのは致命的で、情報をまとめる力とと
もにチェックされます。

そして、面接でも伝え方があるので、流れを事前に作っておくようにしましょう。
伝え方は最初に結論を述べることが重要で、自分の強みはこれと簡潔に話すことが必要で
す。ここでしっかりと伝えることができると、企業の人事担当者はイメージを持つことが
できたり、関心を持って結論に沿って話を聞きます。ここで論点がずれてしまうとアピー
ルポイントが見えなくなってしまうこともあるので、筋道を間違えずに伝えていくように
しましょう。
結論の後に裏付けとなる理由や経験を述べていきますが、強みや長所なども踏まえて話し
ていきます。最後にアピールポイントから自分が希望する職種で活かせることを伝えてい
きますが、企業に利益となる点を伝えられればベストです。
自分を雇わないと損をするとアピールできれば、企業の人事担当者も採用に向けて検討し
てくれます。

面接編・自己PRの注意点

基本的に自己PRは、ESや履歴書に沿って伝えていきましょう。
人事担当者は書類を見ながら基本的な情報をチェックしながら見ていくので、論点がず
れていると認識するスピードも早いです。一貫性を持たせないとマイナスイメージを生み
出すので、常に注意しながら話すようにしましょう。
そして、面接では集団面接もあるため、個々の話せる時間が限られてしまいます。時には制
限時間を設けて、過ぎてしまうと終了と言われてしまうこともあります。そこで事前に自
己PRを制限時間で区切って考えていき、面接で話せるように考えておきましょう。臨機応
変に対応しなければならないので、面接で多い1分から3分程度の内容で考えて、頭の中へ
入れておく必要があります。