うーん
コラム/インタビュー

2019/11/29

就職できる気がしない。諦めムード。理由と対処法

就活を始めようとすると誰しも不安に襲われます。自分なんて就職できる気がしないなどと思ってしまう人も居るかもしれません。

勇気を出して挑んだのに不採用通知が来た暁には自分という人間そのものを否定された気持ちになってしまったりもするでしょう。就活という孤独な戦いを続けるのは難しいと感じてしまいますよね。

しかし就職できる気がしないからといって何もしなくては当然ながら就職できません。ではそんな時にはどうしたら良いのでしょうか?そして就活中というのは本当に孤独なものなのでしょうか。

この記事では就職に対して前向きになれない理由と、その対策についてお伝えしていきます。

就職できる気がしない理由・原因

まずは就職できる気がしないのは何故なのかを探っていきます。

もしかしたら就職できる気がしないと思い込んでいるだけで、実際はそんなに大きな問題ではないかもしれませんよ。

面接できる気がしない

上手にしゃべることなんてできない!
知らない人といきなり話すのは無理!
用意してない質問には答えられない!

自分はコミュニケーション能力が低いと認識している人は、そんな風に頭から面接というものに苦手意識を持ってしまうでしょう。

多くの採用試験で面接は必須です。まずもってそこに挑めるのかとひるんでしまう人は就職できる気がしなくても無理はありません。

▼関連記事
模擬面接とは?受けるメリット・デメリットに加えて効果を最大限にする方法も徹底解説!

面接

アピールポイントがない

今まで大きな努力をして何かを達成したことはないし、人様に話せるような特殊な経験もない。そんな風に思っている人も多いでしょう。

多くの就活生は、ボランティア体験や留学経験、アルバイトでの優秀な成績やサークルの役職などを自己アピールとして使うことが一般的だと思います。

人を引っ張った経験を持っていなかったり、アルバイトでトップになったことがなかったりという人は、「こんな普通の人生をどうアピールすればいいんだ?こんな自分が採用される訳がない……」と悩んでしまう傾向があります。

ただただ不安

一般的に、初めてのことに直面すると人は不安を感じるものです。
きっと大学の初登校の時も不安がありましたよね。友達はできるかな?勉強についていけるかな?毎日楽しく過ごせるかな?など思ったのではないでしょうか。

就活も同じで、一度もやったことがないから不安になってしまうのです。ときおり知らないことにどんどんチャレンジしたいという好奇心旺盛な方も居ますが、そんな人は一握りです。

多くの人は就活がうまくいかなそうな気がしているのではないでしょうか。選考という未体験ゾーンに突入することに恐怖すら覚えているかもしれません。しかし言ってしまえば、そんなものは幻想です。単に初めてのことだからそう思ってしまっているだけです。そしてそう思っているのはあなただけではありません。

案ずるより産むが易しとは昔から言いますよね。とにかくアクションを起こせば、その不安はすぐに吹き飛びます。

どんなアクションを起こすのが良いかは次の章へ続きます。

▼関連記事
何から始めればいいか分からないあなたへ〜新卒エージェントで内定を〜

不安

就職できる気がしない時の対処法

それではここからは、就職できる気がしないあなたに対処法をお伝えします。

中小・ベンチャー企業にターゲットを絞る

志望した企業に就職できなかったという話を聞くと自分もそうなったらどうしようと思ってしまうかもしれません。

しかし今、実は就職の大チャンスなのです!

2019年3月卒の大卒求人倍率は1.83倍と、採用を希望する企業が就職希望者を上回っています。5000人以上の大企業では0.37倍と厳しい数字ですが、300名未満の事業所ではなんと8.62倍です。つまり1人の求職者に対して8ヶ所以上の求人があるという計算です。

参照:20年新卒求人倍率1.83倍 8年ぶり低下も依然高水準。日本経済新聞

どうですか?やみくもに不安を抱えていた人であっても、自分も就職できるような気持ちになってきますよね。

一般的に300名未満の事業所を中小企業と呼びます。これは実に日本の企業のうち99%を占めます。

何となく知っている企業に入りたいと思ってしまう気持ちも分からなくはないですが、是非とも中小企業を視野に入れてみて下さい。日本のほとんどの会社が自分に門戸を開いてくれていると思うと前向きな気持ちで就活に取り組めるのではないでしょうか。

▼関連記事
就活サイトにない企業はどうやって探すの?リクナビとマイナビって登録しなきゃダメ?

必要

スカウトサービスを使う

就活に不安を感じ、自信をなくしてしまっている方には、スカウトサービスに登録してみることをおすすめします。
スカウトサービスとは、自分のプロフィールを登録すると、興味を持ってくれた企業からオファーが届く逆求人型の就活サイトです。

中でもOfferBoxは、登録企業数も多く、オファーが届きやすいとの口コミがあります。

自分にオファーなんて来るはずがない、と思ってしまうかもしれませんが、プロフィール欄を8割以上埋めていれば、1ヶ月で平均10通ほどオファーをもらったとの声もありました。
ESを提出し、グループディスカッションをして…という流れを飛ばして、いきなり人事の方と会える可能性が高く、自分のどこに興味を持ってもらったのかを聞くこともできるので、自己PR作成の練習にもなります。
OfferBoxの公式サイトはこちらから

何より、ずっと選ばれる側だと感じていた就活で、企業の人事側からオファーをもらえると、大きな自信になるはずです。
オファーを通して知ることもできるので、自分では調べても知ることができなかった企業を知るきっかけも得られるでしょう。

プロに相談する

よし前向きになった!ではまずどうしたらいいんだろう?という人は、プロの手を借りてみるのはいかがでしょうか。

就活のプロというのは、キャリアカウンセラーやキャリアアドバイザーと呼ばれる人達です。ES添削や面接対策ももちろんですが、就活についての悩み相談全般に乗ってくれます。

何から手を付けていいか分からないという人は、思い切ってそのように相談してしまいましょう。例えば自己分析の進め方や業界研究のやり方などを基本的なところから教えてくれます。

具体的に相談したいことがなくても、そういった人が自分に寄り添ってくれていると考えると心強くなるのではないでしょうか。どうしようもなく不安だったら正直にそう伝えてみて下さい。自分では思い付かなかったような、不安を解消するためのアクションを教えてくれるかもしれません。

とにかく早期内定を狙うなら、JobSpringがおすすめです。利用者の内定率が高く、会員登録から2週間で内定を獲得する方もいらっしゃいます。
JobSpringのサイトはこちら

また、最近就活生からの人気が高いのは、キャリアチケットです。
自分の市場価値を上げるために、新卒1社目にどんな会社を選べば良いか、真摯に向き合ってくれるとのことで、面談の満足度が高いエージェントです。
キャリアチケットのサイトはこちら

握手

イベントに参加して特別選考ルートを使う

まずはESを書こう!……って、文章なんて普段書くことないから書ける気がしない!
そう思ったあなたは、書類選考など、選考の一部をパスできる、企業とのマッチングイベントへの参加がおすすめです。

マッチングイベントでは、1日で複数の企業と座談会形式のグループワークをし、企業に興味を持ってもらったら、選考の一部をパスできる、特別選考ルートを紹介してもらえるというものです。
座談会では、企業側のPRの時間もあるので、業界・企業分析もいっきに済ますことができます。

「自分だけ企業から特別選考ルートをもらえなかったらどうしよう」、「グループワークでうまく振る舞えなかったらどうしよう」という方にも、1人1人に就活のアドバイザーがつくので安心です。
具体的には、イベント参加後にイベントの振り返りをしたり、イベントの感想をもとに、マッチしそうな企業を紹介してもらえます。

アドバイザーからのサポートが受けられるイベントを紹介します。

就職エージェントneo
就職エージェントneoは、専任のキャリアコンサルタントの方からアドバイスをもらいつつ、特別選考ルートがもらえるイベントへの参加を通して、効率よく就活を進められるサービスです。
イベントでは、グループワークや自己PRを企業の人事の方に見てもらい、フィードバックをもらうこともできます。
就職エージェントneoのイベントに参加する

MeetsCompany
MeetsCompanyは、複数企業とのマッチングイベントに参加すると、MeetsCompany主催のリクルーターの方に、内定までサポートしてもらえるサービス。
イベントには、東証一部上場企業からベンチャー企業まで参加し、座談会形式で企業説明を受けたり、グループワークをします。
MeetsCompanyのイベントに参加する

まとめ

就活にまったく気乗りがしなかった人も、就活を始めるハードルは意外と低いということがこの記事からお分かりいただけたのではないでしょうか。

就職できる気がしないからといって、何もしないままでは就職できずに終わってしまいます。

まずは簡単なことからでもいいのでやってみる、それすら難しそうならプロに相談して背中を押してもらうなど、何かしらできることはあります。一歩ずつでいいので就職できる未来に踏み出してみて下さいね。

あなたの就活を徹底サポート!就職エージェントneo