就活コラム

2019/11/12

内定もらえない人の特徴や末路!焦りが。就活失敗したらどうなる?

就活が進んでいくと、友達のなかで内定をもらう人が出始めます。

「まぁ、第一志望ではないけど、とりあえず就職先が決まって良かったわー」

なんて、気楽な言葉を聞くと焦りが募るかもしれませんね…。むやみに焦る必要はありませんが、早めに行動しないと、卒業前に「内定もらえない…!」ということになりかねません。

会社は、その年に入社してもらう人数をあらかじめ決めています。もし、その席が埋まってしまったら、これ以上の人数は入社できないことになります。おちおちしていられませんよね。

また、第一志望の会社を決めていたのに、履歴書とエントリーシートを出し忘れていたという、うっかりな就活生がいるようです。他にも、不採用通知の連続でひどく落ち込んでしまった就活生も。人によって、就活は大変苦労するものだと知っておいてください。

「就活ってしんどすぎる…」

そんなときは、早めに就活のプロを頼るのがコツです。内定もらえないと悩んでいる就活生にお伝えしたい情報をまるっとまとめてみました。

内定もらえない人の特徴・原因は?

内定もらえない人には共通点があります。反対にいうと、このあたりに気を付けていると、就活が順調にいく可能性が高いということです。注意すべきことをお伝えします。

自分のやりたいことが定まっていない

自分のやりたいことが定まっておらず、

  • 両親が良いと言っているから
  • 就職人気会社ランキングで上位だったから
  • 周りの友達が受けているから

という理由で会社を選んでいませんか。

そこには「自分の意志」がありません。入社したい会社や就きたい職業が定まっていないと、エントリーシートや面接で、志望動機を伝えきることができないでしょう。

会社としては、「入社してもすぐに辞めるのではないか…?」という不安がぬぐいきれません。とりわけ、就職人気会社ランキングに載るようなところは、3~5回面接があります。志望動機が不十分だとしっかり落とされてしまうでしょう。

やりたいことが見つかっていないなら、得意なこと探しから始めてみましょう。

  • 得意なこと
  • できること
  • 好きなこと

このあたりからヒントを得られるでしょう。

大手ばかりを受けている

内定をもらえない就活生の特徴で、大手ばかりを受けているというのが挙げられます。大手が悪いわけではありませんが、「なぜ、この会社が良いのか?」というのを明確にする必要があります。

答えが「会社の規模が大きくて安定しているから」では、内定はもらえないでしょう。中小企業でも、優良な会社はいくらでもあります。会社の規模よりも、その会社で何をしたいか、何で貢献できるかということを念頭に入れてください。

履歴書やエントリーシートの書き方が雑である

また、内定がもらえない就活生は、何事に対しても雑だという傾向があります。

  • 履歴書やエントリーシートの書き方
  • メールの返信の仕方
  • 封筒の宛名の書き方
  • 電話の受け答え
  • 面接を受けるときの服装

すべてが「めんどう」で、雑な扱いになっているのです。「数を打てば当たるだろう」という考え方ではなく、1社ずつ誠意を持って丁寧に対応する姿勢が大切です。

雑に100社受けても、内定をもらえないことはざらにあります。

手当たり次第に応募する

はじめは大手狙いでも、書類選考すら受からないことに焦り、手当たり次第にいろんな会社に応募する就活生がいます。

しかし、スケジュール帳は真っ黒になるのですが、どれも書類選考や1次面接止まりで、内定をもらうには至らないことが多いでしょう。

なぜなら、志望動機が固められていないからです。

自分の中にある「就活の軸」がぶれてしまっています。さらに、多くの会社の選考をこなしているので、1社を深堀りするのが難しくなるでしょう。先ほども言いましたが、雑に就活をしても結果は得られません。

自信がなくなったさまを表に出す

また、就活が上手くいかず、すっかり自信をなくしてしまう就活生がいます。何事も切り替えが肝心なのですが、過去の面接をトラウマのように抱えてしまうこともあるようです。

就活がつらくなったら、「就活がしんどいと感じたらどう乗り切る?どんな対処法があるの?」を読んでみてください。

他にも、過去の面接での失敗を引きずってしまっているなら「誰でもできる面接で頭真っ白になったときの対処法と準備できること」が参考になります。

一度失った自信を取り戻すのは楽ではありませんが、今やるべきことに集中すると道が拓けます。

就活失敗したくない。内定もらえない人がやるべき行動

内定もらえないときには、

  • 就活のプロに相談する
  • 就職留年や既卒での就活を決心する

という必要があるでしょう。就職以外にも、大学院進学という道もあるかもしれません。内定もらえないときは、次の展開のために準備したほうが良いでしょう。

就活のプロに相談する

内定もらえないときに圧倒的におすすめなのが、「就活のプロのサポートを受ける」ということです。

就活サポートサービスでは、

  • 自分に合った企業を知る手助けをしてくれる
  • 大手だけではない優良な会社を教えてくれる
  • 履歴書やエントリーシートの添削をしてくれる
  • 面接対策をしてくれる
  • 就活のマナーを教えてくれる

といったことが行われています。しかも、就活生は無料で利用できます。
就職以外の進路を考える前に、やれることは全てやっておくためにも、まだ利用していない方は活用してみてください。

オンライン・電話面談も対応しているエージェント
▶︎キャリアチケット(東京/大阪/神奈川/福岡/愛知)
▶︎ハローナビ就活(東京)
※ ()内は会って面談する際の面談場所です。
対面での面談のみ対応しているエージェント
▶︎JobSpring(東京)
▶︎Conpiness就活エージェント(東京・福岡)

▼参考記事
就活サポートとは?メリット・サービス内容・おすすめをご紹介

上記のエージェントの特徴をいくつか紹介します。
JobSpring
サポートが手厚く、91.7%の内定率を誇るエージェントです。個々人に合わせた対策を練ってくれる点が強みです。内定を獲得するまで、定期的に相談することができます。

キャリアチケット
年間1万人の就活生のサポートを行っているエージェントです。キャリアチケットを利用した就活生の内定率が、1.39倍になっているというデータもあり、実績のあるエージェントです。

ハローナビ就活
ハローナビ就活は、LINE電話やSkypeでも相談できる点が特徴です。就活をしているとスケジュールを組むのが大変ですよね。また、説明会や企業のホームページからは分からない企業の魅力も教えてもらえるので、志望動機を書けずに悩んでいる人にはおすすめです。

Conpiness就活エージェント
Conpinessは東京と福岡に拠点を持っているエージェントです。コロナウィルスの影響で、内定取り消しになった20卒の学生のサポートも行なっています。日頃から企業と密接に関わっており、非公開の求人情報も持っているため、特別な事情がある方についてもしっかりとサポートしてくれます。

逆求人型サービスで企業からスカウトをもらう

逆求人型サービスを使って、エントリーする企業の幅を増やしてみましょう。
逆求人型サービスとは、自己PRやガクチカなど、プロフィールを登録すると、興味を持ってくれた企業からスカウトが届くサービスです。

特に、大手ばかりみており、エントリー数を絞り過ぎてしまっていた人にはおすすめの方法です。

せっかく利用しても、企業からスカウトが来なければ意味がありませんよね。様々なサイトがありますが、OfferBoxは、利用企業が6,840社と最も多く、経産省や資生堂、マイクロソフトなどの有名企業から、ベベンチャー企業までが、幅広く利用している点が特徴です。
プロフィールを8割以上入力した学生のスカウト受診率は93%以上となっているので、まずは登録し、プロフィールをできるだけ埋めてみてください。

内定もらえない、就活失敗した人がたどる末路

さて、内定をもらえなかった人はどんな末路をたどるのでしょうか。少々暗い話ですが、現実として知っておきましょう。

正社員になれず低収入で生活する

どの働き方がベストなのか、個人によって違いますが、本人が望んでいないのに、非正規雇用で働かざるを得ない状況になっている人は多くいます。

おのずと、正規雇用より収入が低くなりがちなので、お金に困ることになるかもしれません。自分が理想とする生活は送れないかもしれませんね。

資格のために専門学校に入り直す

就活に失敗して、「手に職を!」と思い、資格取得のために専門学校に入学し直す人がいます。

必ずしも、悪いことではないのですが、学費が多くかかってしまい、社会に出るタイミングが遅れるので、いろいろ計算し直さないといけません。

また、その専門学校でさえ、その場しのぎであったら、どこを目指していけば良いのか悩むでしょう。

まとめ

むげに不安をあおりたくないので、最後に書いた末路は参考程度に読んで欲しいのですが、早めの段階で「就活のプロのサポートを受ける」ことはしておいて損はないと思います。

内定をもらえなかったら、どの会社を受けたらよいか、面接でどう受け答えをしたら良いか悩むでしょう。そういったときに、あなたの助けになってくれますよ!