就活コラム

2020/08/25

どんな社会人になりたいか?面接で質問する理由と例文

就活の面接でよく聞かれる質問に「どんな社会人になりたいですか?」というものがあります。就活生にとって、社会で働くのは未知の世界なので、具体的にイメージできていない人も多いのではないでしょうか。

とっさに答えると、浅い回答しかできないので、あらかじめ準備しておく必要があります。この記事では、「どんな社会人になりたいか」という質問への回答例も載せるので、ぜひ参考にしてみてください。

未来を想像して計画・準備しておくことで、理想像に近づくことができますよ。

面接官がどんな社会人になりたいかを聞く理由

そもそも面接官はなぜどんな社会人になりたいかを聞くのでしょうか。限られた時間の面接で聞くのですから、きっと意図があるはずです。

あなたの価値観にあう企業を
紹介してもらえる?
面接対策・ES添削・自己分析も1対1でサポート

就活生の価値観が社風に合っているか

まずは、就活生の価値観が社風に合っているかチェックするということが挙げられます。例えば、

「将来は海外で働くことを考えており、語学学習に取り組んでいます。実際にTOEICでは750点以上を取っています。」

と答えたとします。しかし、その会社は日本企業で、海外支店がなかったとすると、検討外れだということになります。バリバリ向上心があることは、一見プラスの印象を与えるかと思いがちですが、努力の方向が社風と合っていないと、「良い人材だけど、うちの会社とは合わないな…」という評価になってしまい、内定がもらえません。

就活生が自分の価値観に合致した会社に入社したいと思うと同様に、会社は自社の社風に合致した人材を採用したいと考えています。

就活はたびたび恋愛に例えられますが、相思相愛の状況にならないと、良好な関係は築けません。なお、無理して社風に合わせる回答をしても、入社してから苦労することが多いのでおすすめできません。

業界・会社研究をしているか

面接でよく聞かれる質問で「弊社は第一志望ですか?」というのがあります。就活生は会社の将来を担ってくれる大切な人材候補なので、できる限り優秀な人材に入社してもらいたいというのと同時に、滑り止めで面接に来ていないかチェックしているのです。

ただ、ストレートに「弊社は第一志望ですか?」と聞いてもだいたいの就活生が「はい、第一志望です!」と答えます。

そこで、何人もの就活生を見てきた人事だからこそ見分けることができる質問が「どんな社会人になりたいか」という質問なのです。きちんと目的を持っているか、目的を達成できる基盤があるか理解した上で、自社の面接を受けているか確かめられています。

③配属先決めの参考にするため

配属先決めの参考にするために聞くこともあります。

総合職として採用する場合、研修時に適性を見ながら配属先を決めることもありますが、実は面接の段階で既に決めようとしている企業も多いもの。

採用活動にあたり、通常は先に「どの部署に何名配属するか」といった採用計画を立てます。それに沿って採用するために、面接官は「この学生はこの部署に配属すると良いかな?」と考えながら質問しているのです。

また、可能な限り希望に合う部署に配属したいという気持ちで聞くこともあります。適性などはもちろん大切ですが、なるべく本人の希望に沿った形のほうがパフォーマンスが高くなるため、こういった質問をするのです。

どんな社会人になりたいかの例文

それでは、具体的に「どんな社会人になりたいか」の回答例を見ていきましょう。丸々引用しても自分の言葉になっていないので面接官に見抜かれてしまいますが、参考にすることはできます。

▼おすすめサービス
無料でES添削してもらうならキャリアチケット

営業の場合

営業など、顧客と直接関わる仕事の場合は、以下のような回答が例として挙げられます。

「私は、社内からも取引先からも信頼される社会人になりたいです。仕事は全てそうですが、特に営業の仕事は信頼こそが全ての下地になるものと考えています。学生時代はイベントサークルの企画担当としてイベントを開催していました。来場者が不安にならないよう、問題が起きたらすぐさま対策し、同じことが起こらないようにしました。すると、『あのイベントは安心』とクチコミで広まり、とても多くの人が参加してくれるようになって、信頼の大切さがよく分かりました。

信頼があるからこそお取り引きを続けていただけるので、入社後も信頼を寄せてもらえる行動を続け、理想の姿に近付いていきたいです。」

最初に結論を述べ、続いて学生時代の経験、最後に入社後の話で締めています。

学生時代に、信頼の大切さを学んでいるという経験談も良いですね。

営業サポート事務の場合

営業サポート事務や総務部など、縁の下の力持ちのような役割を担う業務を志望するときは以下のような回答ができます。

「私は、周囲の人にパフォーマンスを上げやすい、働きやすいと感じてもらえる社会人になりたいです。学生時代はサッカー部のマネージャーを務めていて、このことを意識していました。一人でできることには限界があるので組織として成果を上げられることに全力を尽くしたいと思います。」

最初に結論を述べているところがよいです。サッカー部マネージャーという具体例を挙げて、素養を持った人材であることを証明しています。

具体的にどういったことをするのか、と深堀されたら、各チームの円滑なコミュニケーションを促すツールを提案したり、積極的な声掛けを意識したりすると答えるのがベターでしょう。

\ 回答を作成したら企業からの反応を見よう /
自分に興味を持った企業からオファーが届く
経産省、資生堂、マイクロソフト…
大手企業からベンチャーまで
約7,380社が利用

エンジニアやコンサルなど専門職の場合

エンジニアやコンサルなど専門職の場合は以下のような回答例が考えられます。

「私は、ユーザーの小さな声を適切に理解し、サービスに反映させられるエンジニアになりたいです。学生時代のインカレサークルで、OBがつくったイベント出欠管理ツールを導入していたのですが、利用率がとても低く、効率の良い出欠管理ができていませんでした。しかしツールへの感想をヒアリングしながらUXを改善したら、メンバーの9割がツールを通して出欠の連絡をしてくれるようになりました。メンバーの役に立てたことが嬉しかったことが心に残っています。

社会人になっても、UX改善の領域からユーザー体験を向上させられる、ユーザー視点のあるエンジニアになりたいと思っています。」

こちらも、先に結論を述べているのがポイントです。何をしてきたか、どんな成果を上げてきたか伝えられると説得力があります。

掘り下げるなら、どんなスキル・知識を習得したいのか言えるとよいでしょう。面接官に具体的にどこに配属するかイメージを持ってもらえます。どの部署ならどんなスキルが求められるか知っておきましょう。

どんな社会人になりたいかを話すときのポイント

①結論から話す

まずは結論から話すことです。これはどんな社会人になりたいかという質問に限らず、全ての基本と言っても良いでしょう。

「結局どういうことなのか?」が分からないと、その後の話の内容が入ってきません。「自分はこんな社会人になりたい」という内容を端的に伝えましょう。

②具体的なエピソードを交えて話す

次に、具体的なエピソードを交えて話すことです。

自分が「こんな社会人になりたい」と思ったのには何か理由があるはずですよね。そのきっかけとなったエピソードを入れることで話に説得力が生まれます。

逆にそれがないと、口先だけの話だと思われてしまわれかねません。エピソードを入れることで、面接官を納得させる内容にしましょう。

③入社後にどのように働きたいかも話す

入社後にどのように働きたいかを話すのも重要です。

極端な例ですが、「どんな社会人になりたいか」と聞かれた際に、「発展途上国の子供たちの貧困問題を解決できる大人になりたい」と言ってしまったとしたら、「だったらNPOにでも行った方がいいのでは?」と思われるだけです。

本当にそう思っていたとしても、面接の場では、そこで携われる仕事の中で何をどうしたいかを伝えてください。

また、同業種だとしても、企業によって少しずつ業務内容は違うはずです。その日の相手企業によって変えた方が、面接官に響きます。

入社への本気さを表し、働いた後のことまでイメージしていると伝えるためにも、入社後の話を入れましょう。

就活サービスを活用して客観的な意見をもらおう

「どんな社会人になりたいか」の回答に迷ったら、自分で考えることももちろん大切ですが、実際に企業側の視点を持った人に見てもらうことを強くお勧めします。
そのために、就活サービスを積極的に活用しましょう。

スカウトサービスで回答の質を試す

「どんな社会人になりたいか」の回答を自分なりに作成したら、スカウトサービスに登録して、企業からの反応を確認しましょう。
スカウトサービスとは、 名前の通り、プロフィールを登録すると、興味を持ってくれる企業からスカウトが届くサービスです。

OfferBoxというスカウトサービスでは、プロフィール記入欄に「どんな仕事をやりたいですか?」「どんな社会人になりたいですか?」「なぜそう思いますか?(背景や理由など)」という項目があります。
企業がスカウトを送る学生を選ぶ際に、自社の文化に合いそうな学生かどうかを判断するための項目なので、企業側がしっかりと目にする項目です。

こちらを入力して、スカウトが届く量と、自身が志望する業界・業種の企業からスカウトが届くかをみることで、作った回答が企業に評価されるものなのか、チェックすることができます。OfferBoxでは、学歴によるスカウト数の差があまりないので、回答の出来を純粋に判断できるでしょう。

スカウトサービスの中でも、東証一部上場企業や大手企業も含め、5,890社以上と、活用企業数も最も多いので、自身のプロフィールを客観的に評価するために役立つでしょう。
学生の方からは、1ヶ月に数10件もスカウトを受信したり、第一志望だった企業からたまたまスカウトをもらったりという声も聞きます。

ただし、入力していない項目が多いとスカウトが届かないので、まずは7~8割は記入欄を埋めるようにしましょう。

就活エージェントで面接練習をする

回答を作成してみたら、就活エージェントを活用して、実際に面接で答える練習をしておきましょう。
就活エージェントは、無料で登録することができ、キャリアコンサルタントの方との面談を通して、ES添削や面接練習などのサポートや、自分に会う企業の紹介を受けることができます。

オンライン・電話面談も対応しているエージェント
▶︎キャリアチケット(東京/大阪/神奈川/福岡/愛知)
▶︎ハローナビ就活(東京)
※ ()内は会って面談する際の面談場所です。
対面での面談のみ対応しているエージェント
▶︎JobSpring(東京)
▶︎Conpiness就活エージェント(東京・福岡)

おすすめの就活エージェントの特徴をいくつかご紹介します。就活エージェントは担当者次第で面談の質が決まる部分が大きいので、複数登録しておくことがおすすめです。

JobSpring
内定までのスピードが売りで、場合によっては最短2週間での入社も可能な新卒紹介サービスです。また、利用者の内定率が91%以上と、内定をゲットするまでしっかりサポートしてくれるところも魅了的です。面談も複数回していただけるので、ESや面接の対策を綿密に行いたい方には良いですね。

キャリアチケット
キャリアチケットは、ただ内定を得るだけでなく、長期的に自身の市場価値を高めるための1社目の選択をサポートしてくれるエージェントです。最近は学生からの人気が高く、面談の複数回行ってもらいづらいという口コミもありますが、その分面談の満足度が非常に高いので、1度申し込んでみるのもおすすめです。

ハローナビ就活
ハローナビ就活は、LINEや電話でも就活相談にのってもらえるのが大きな特徴です。本格的に就活が始まると、1つ予定が入るだけでスケジュール調整がかなり難しくなりますよね。面接対策はしたいけれど、効率を重視したい!という方には、気軽に相談に乗ってもらえるという点でぜひ使ってみたいサービスです。

Conpiness就活エージェント
Conpiness就活エージェントは、就活時に銀行・保険・証券・商社・人材・IT・WEBベンチャーと、多数内定を獲得した経験のある方がキャリア面談をしてくれます。特にWEB・IT・人材・金融業界の就活情報を多く持っており、人事や経営者と直接話せるセミナーも頻繁に開催しています。

まとめ

多くの就活生が悩む「どんな社会人になりたいか」という質問には、今回ご紹介した回答例を参考に、就活サービスを使い倒し、社会人からの評価を得るのが得策だと思います。

また、学校の先輩やOB・OG訪問した先輩に話を伺ってみても良いですね。伝わる良い回答の仕方はありますが、全ての人に適用できる正解はありません。自分の中に正解があるはずなので、ぜひ見つけ出してください。