就活コラム

2019/10/09

就活コンサルタントは胡散臭いのか!?正しい見分け方をご紹介

「就活を良い形で終わらせたい!」就活生ならこう思って当然です。そこで、ネットでいろいろ検索すると、「就活コンサルタントに相談すると良い」なんて書かれていることがあります。

しかし、コンサルタントに胡散臭いというイメージを持っている人もいるではないでしょうか。実際、コンサル会社に新卒入社したばかり人でも、コンサルタントだと名乗って立派にアドバイスをしようとすることがあります。

とはいえ、非常に優秀な就活コンサルタントがいるのも、事実です。そこで、良い就活コンサルタントとそうでない人の見分け方をご紹介します。

就活コンサルタントが胡散臭いと言われる理由


まず、なぜ就活コンサルタントが胡散臭いと言われるのか、その原因を探っていきましょう。主に3つの理由が考えられます。

実務経験がなさそう

就活の相談に行ったとき「こんにちは!」と扉を開けて出てきた人が学生とほとんど同じほどの年齢で、明らかに頼りなさそう…というケースだと、偉そうなことを言われれても胡散臭いと感じてしまうのではないでしょうか。

年齢がすべてではありませんが、実務経験がある人の意見が聞きたいものです。だいたいの就活コンサルタントは初対面のとき、自己紹介をしてくれます。そのときに実務経験があるのかという視点で話を聞くと良いでしょう。

マウントを取ってくる

胡散臭いコンサルタントにありがちなのが、必要以上にマウントを取ってくるということ。自分の知識不足を隠すために「自分は偉いんだぞ!」という雰囲気を出して、虚勢を張っています。実力が伴っていないことはなんとなく感じるので、胡散臭いと感じるでしょう。

優秀なコンサルタントは、知識が少ない相手の目線に合わせて、伝わる言葉で優しく話かけてくれます。やたら専門用語ばかりを使うような人は本当の意味でプロだとはいえないでしょう。

自分の意見が正しいとゴリ押しする

信頼できないコンサルタントは、自分の言うことが正しいから、就活生の意見は間違っているとゴリ押ししてきます。強く意見を押し通す就活コンサルタントは、自分に課せられたノルマを達成しようと躍起になっているのかもしれません。利己的な姿勢に胡散臭さを感じます。

まずは、就活生の意見をすべて聞き受け入れようというスタンスがあるのかが大切です。主張が多い人は敬遠されがちでしょう。

胡散臭い?できる就活コンサルタントの見分け方

ネガティブな情報からご紹介しましたが、もちろん優秀な就活コンサルタントは多くいます。良い人との出会いがあると、あなたの就活を軌道に乗せることができるので、できる就活コンサルタントの見分け方をご紹介します。

あなたの強みを探してくれる

良い就活コンサルタントは何よりもあなたの強みを引き出して、適性を見抜いてくれます。実力や経験値のある就活コンサルタントは多くの学生を見ているので、「あの学生に似たタイプだな!」と、頭の中でパターン化して考えているといいます。
「もしかして、自宅でもこつこつ勉強できるタイプの方ではないですか?」「接客業は苦手で、一人作業が得意ではありませんか?」など、的を射た意見を言ってくれたら、信頼できます。
また、就活コンサルタントの意見があまり要領を得ていなかったとしても、対話や問いかけを通して、自分の強みを一緒に探ってくれる人であれば、頼りにしてみると良いでしょう。

業界について専門知識がある

就活コンサルタントに業界についての深い専門知識があるかどうかは話して分かるものです。

「食品メーカー業界に興味があるのですが、大手というとどこを思い浮かべますか?」「ベンチャー企業で〇〇という会社があるのですが、ご存知ですか?」などの、回答するために知識を必要とする質問を1つ、2つしてみても良いでしょう。あまりにも試すようなことばかりをしていると失礼に当たりますが、1つくらいの質問だと許してもらえるでしょう。

さらに実態に即したアドバイスをくれるかが重要なポイントだといえます。「去年のインターンに参加した就活生から聞いたのですが」といったリアルな声を反映させてくれる就活コンサルタントは頼りになります。就活生や人事のリアルな声を把握した上で就活を行えば、内定獲得の確度も高まるでしょう。

親身になりつつも時には厳しい意見を言ってくれる

しっかりした就活コンサルタントは本当にあなたのことを思ってアドバイスをしてくれます。そのため、時には少し厳しい指摘を受けるかもしれません。指摘されたらショックを受けますが、結果的にあなたにとってプラスになることを知ってください。
心地良いことばかりを言う就活コンサルタントより信頼できるでしょう。

就活コンサルタントも人なので、相性というものがあります。
評判の良い就活エージェントでも、たまたま自分の担当になった就活コンサルタントの方と馬が合わないということも往往にしてあり得ます。
複数社のサービスを使い、内定まで親身に寄り添ってくれる就活コンサルタントの方を見つけるのも、就活を進めていく上では重要です。

おすすめの就活エージェント3選

胡散臭い就活コンサルタントの特徴から、信頼できる就活コンサルタントの特徴まで紹介しましたが、それを踏まえてSeed’s LOUNGE編集部がおすすめする就活エージェントを紹介します。

面談が丁寧なことで評判のJobSpring

JobSpringは、所属する就活コンサルタントの方が、個々人の特徴や志望する企業に合わせて、対策を練ってくれることで評判の高いエージェントです。そのため、各企業・業界の採用基準等に詳しい就活コンサルタントの方が多く所属しています。
学生にとっては初めての就活であることがほとんどですが、就活コンサルタントは毎年就活と向き合っています。動向や傾向などを熟知している人は有益な情報を提供してくれるでしょう。
▶︎JobSpringについて解説した記事はコチラ
JobSpringってどんな就職エージェント?サービスや評判などを徹底解説

学生からの口コミが1番良いキャリアチケット

キャリアチケットは、年間1万人もの就活支援をしており、その点で就活生1人1人の強みを導き出すのが得意といえるでしょう。事実、就活生からの人気も高く、最近は面談予約がとりづらくなってきているといった口コミもあります。
自身と同じ立場の就活生からの人気があるという点で信用できそうですよね。
▶︎キャリアチケットについて解説した記事はコチラ
キャリアチケットとは?評判・実績・相談できることをご紹介

就活生と同じ目線に立ってくれるキャリアトリップ

キャリアトリップは、就活コンサルタントに胡散臭いイメージを抱いている方にこそおすすめです。というのも、キャリアトリップは、上から目線や、就活生の希望を聞き出さず意見を押し付ける就活コンサルタントが多いことに問題意識を持ち、立ち上がったエージェントだからです。上記の2つの就活エージェントに比べて歴史は浅く、口コミを聞くことはまだ少ないですが、いまのところ悪い評判を聞いたことがないエージェントでもあります。
▶︎キャリアトリップについて解説した記事はコチラ
キャリアトリップ(Career Trip)とは?口コミ・評判や特徴を徹底解説

親身になってくれるエージェントを使おう


就活コンサルタントを胡散臭いと感じる就活生もいるようですが、「本当に良い就活コンサルタントと出会ったのか?」と尋ねたいです。

親身になって相談に乗ってくれるエージェントを見つけると、自分では気付かなかった強みや適性を知るきっかけを与えてくれます。

何よりも就活生自身の主体的な姿勢が大切ですが、サポートしてくれる就活のプロがいてくれたほうが安心できますよね。今回ご紹介した見分け方を参考にして良い就活コンサルタントと出会ってください。