就活コラム

2019/09/12

なんでTOEICって就職で大事なの?スコアを伸ばして一発逆転!

「TOEICの点足りないからES出せないや…」「英語話せないからグローバル企業はやめようか…」

昨今の就職活動において、TOEICスコアの提出が求められることが増えてきました。ある一定のスコアを持っていないとエントリーの資格がなかったり、足切りされてしまったりすることも懸念されます。またグローバルな時代のビジネスを渡り歩くには、英語でコミュニケーションできることは重宝され、そしてそれが当たり前になる時代が来ます。今回は、TOEICと就職についてお話ししたいと思います。

なんで英語?

日本企業への就職で英語力が必要な理由として以下の2つが考えられます。

マーケットを海外に広げる必要があること

日本は少子化問題を抱えており、人口は減少傾向にあります。つまり、日本企業が生き残っていくためには、海外にマーケットを広げて顧客数を確保していく必要があります。

日本人以外の社員と一緒に働く必要があること

日本国内も国際化しており、在留外国人は平成30年6月現在で263万人もいます。(法務省ウェブサイト
労働力不足を補うために、政府は外国人労働者の受け入れに積極的なこともあり、在留外国人数は増していくことが予想されます。
つまり、日本語を母語としない人口が増えるとともに、共通語としての英語の重要さが増しています。

英語力が重視される業界

なかでも、英語力が重視される業界の5つを紹介します。

メーカー…資源の少ない日本は、海外から資源や材料を輸入する必要があります。そして、人件費削減のため海外に工場を持ち、英語力が求められます。
商社…海外との取引が多く、海外出張や赴任が多くある商社では、ビジネス英語を使いこなす必要があります。
物流…海外の港、商社とメーカーとの取引において英語を使わなければなりません。
航空…パイロットと管制官のやり取りは全て英語、また国際便のCAにはお客様に対しての英会話力が必要です。
旅行…現地のホテルや航空会社との取引、またはアテンドとして英語を使います。

この5つの業界では英語力が必要で、TOEICスコアを重視する企業も多くあります。
また、これらに当てはまらない業界でも、英語力は重宝される傾向にあります。

どうしてTOEIC?

TOEFLやIELTSなど数ある英語能力試験の中でも、次のような理由でTOEICは選ばれています。

ビジネス英語に特化している

TOEFLやIELTSは海外の大学生活における英語力が問われます。
それに対して、TOEICは、ビジネスに関するものが多く出題されます。
例えば、TOEICの頻出問題の中には、取引先とのメールを読解するものがあります。
つまり、TOEICの英語は実際のビジネスの現場で出会う英語と似ているので、TOEICスコアが高ければ現場で英語のコミュニケーションが取れる即戦力が期待出来ます。

受験人口が多いので指標化されやすい

他の試験よりも比較的安価に受験でき、4技能のうち、リーディングとリスニングの2セクションしかないので、受験時間も短いです。
つまり、他の試験と比べて手軽さがあり、それが受験人口の多さに繋がる要因になっています。

受験人口が多いので、他の就活生との比較や、「〇〇点以上」と指標化しやすくなっています。

就職に求められるTOEICスコアとは?

では、具体的にどれだけのスコアを企業は求めているのでしょうか。

履歴書にかけるTOEICの最低点である600点以上を求めている企業をまとめました。

空港や多くの国際的な企業に就職するためには、提示されているTOEICスコアを満たさなければなりません。

表を見ると、大企業ほど高いスコアを求める傾向にあります。大学生のTOEIC平均スコアは560点程度と言われているので、ほとんどの人は就職活動のためにTOEICの勉強をし直す必要があります。

いつTOEICを勉強するの?

TOEICのスコアの有効期限は2年以内だと言われていますが、実際にこれは違います。
しかし、スコアの証明書の再発行の期限は、スコア取得から2年間なので、もし証明書を紛失すればスコアを証明できるものがなくなってしまうので気をつけましょう。

つまり、何年前のスコアを企業に提出しても良いので、できるだけ早くから試験にチャレンジしておくことをおすすめします。
(企業によっては「〇〇年以内に取得のスコア」と制約がある場合もあるので気をつけてください。)

また、就活直前でもスコアを持っていない人もご安心ください。
TOEICは月に1度のペースで試験が受けられます。また、試験会場も各都道府県にあります。申し込みは試験日の1ヶ月前まで受け付けているので3月のES提出前までにスコア取得しておきましょう。

TOEICスコアで就活を無双しよう!

TOEICのスコアは、努力をした分だけ伸びる傾向にあります。なぜなら、出題がパターン化されているので、慣れが肝だからです。
学歴に自信がなかったり、サークルや部活にも所属していない…そんな学生が一発逆転できるのがTOEICです。
自己分析で見つけた自分のいいところと、TOEICスコアを合わせることで、グローバルに才能が発揮できることがアピール出来ます。
就職で他の学生を一歩リードするためにも、TOEICを頑張ってみませんか?

関連記事

就活における留学経験のメリットとデメリット
就活の際ESはいつから提出するの?~業界別に提出時期を確認しよう~