就活コラム

2019/09/03

就活でゼミについて聞かれる人へ!何を話せばいいのか教えます!

就活をしている中でESや履歴書でよく問われる「ゼミ」について。何を書いたらいいのかわからないし、一体採用側はこの欄を見て何を知りたいの?なんて思いますよね。
そこで、今回はゼミでの活動を企業に伝える際に、どこに注意するといいのか、そもそも企業は何を知りたいのかについて解説していきます。

企業がゼミでの活動を通して知りたいこと

何でゼミなんかについて聞いてくるのだろう、業務内容と全然関係ないのに…、なんて思うことはありませんか?
企業がゼミについて聞いてくるということは、必ずそこからあなたについて得たい情報があるということです!
そこで、まずは企業があなたのゼミでの活動を通してどのようなことを知りたいのかについてまとめました。

頑張ることができるのか

大学生活の中で色々なことを勉強したとしても、その勉強した内容をそのまま社会で活用するのかというと残念ながらそうではありません。社会に出て企業に入社してからも勉強は続いていきます。
そこで大事になってくるものが、「頑張る力」です。
入社後わからないことやできないことが多く発生するでしょう。新入社員なのでそれは当たり前です。しかし、そのような状況の中で投げ出したり諦めたりせずに頑張ることができるのかが大事なのです。
では、どのように頑張るのか、口だけではなく実績はどうなのかが問われるときに採用側はゼミを参考にするのです。
ゼミでの活動でも部活動でも何事にも、こいつなら頑張ることができる!ということを伝えることが重要なのです。
ゼミでの活動は決して楽ではなかったのではないですか?何かしらの発表や大会があり、そこに向けて日頃から研究や勉強をしてきたと思います。途中で挫折したことがあったとしても、どのように最後まで頑張ることができたのかを思い出しましょう。
就活では頑張ったという事実を伝えることが非常に重要です!

困難に対してどのように取り組んできたのか

上に書いたように、ゼミでは頑張ったという事実を伝えることが重要です。では、どのように話すと伝わるのでしょうか?
大事なことは、相手にも伝わるよう具体的に「どのように頑張ったのか」を説明することです。
分からないことがあったときや、煮詰まってしまったときにどのように対処してきましたか?図書館で先行研究の資料を探してみる、専門書を読み込む、教授に直接質問しに行く、など、どのような行動をとったのかを伝えるようにしましょう。
そのような、困難に対し主体的に取り組むことは社会に出ても必要になっていきます。分からないことがある時や困った際に、自力で色々な情報を集め解決していく。どうしても解決できない場合には知識がある人に聞く。決して受け身ではなく、積極的に困難を解決することはどの企業に就職しても重要です。
就活で上手に伝えるためにも、頑張ったという事実を話せるようにしておきましょう。

ゼミを通して学んだことは何か

ゼミの活動といっても、そんなに難しそうな内容をしたわけではないし…専門性を深めたわけでもないし…などと不安になる必要はありません!
ゼミで学ぶことは、専門的な学問だけではないからです。
グループワークをするゼミであれば、協力してきた経験からくるチームで活動する力や助け合いの経験。グループでなくても論理的思考力や仮説を持つことなど様々なことを学んできたのではないでしょうか。
ただ単にゼミの授業に出席することや議論の場にいるのではなく、その中で何を学びどのように行動に反映していったのかを伝えることが大事になってきます。
ですから、ゼミにおいてリーダーシップを発揮して全体をまとめていたことや、ムードメーカーとして空気づくりに貢献していたことでも就活においては十分アピールになります。
序盤にも述べたように必ずしも大学で学んだ学問が社会で活かされるとは限りません。ですが、ただ学問を学ぶのではなく学んでいく中でどのような力が自信に身についていったのかを知ることで就活で話せる内容は大きく増えてくるでしょう。

相手に伝える力

ゼミでの具体的な研究内容を話すうえで見られていることは「伝える力」です。
就活の面接相手は社会人の先輩であり人事やその企業の業種のプロではありますが、あなたが研究してきた内容については全くの素人であることがほとんどでしょう。ですから、研究内容をそのまま説明してもなかなか理解してもらうことは難しいです。
それでも就活の際に、企業からゼミでの研究内容について聞いてくるのはなぜでしょうか?
それは、あなたの伝える力を知るためです。専門的な内容や前提知識の異なる相手に対して分かりやすく理解してもらうように説明することは社会に出ても非常に重要です。
営業の際に話すことや、社内でのプレゼンテーションに限らず、他の部署に何かお願いをするときでも、何事にも相手にわかりやすく伝えることは非常に重要なのです。
そこで、就活における採用面接やESでは相手がどのようなことを知りたいのか、ゼミの研究内容でどのような内容が最も印象を与えられるのかを考慮したうえで、分かりやすく伝える。このことができると、企業側にも「この子は論理的にかつ分かりやすく説明がでいる子だ」という印象を与えるだけではなく、内容についても印象を与えることで覚えてもらうことができるでしょう。
これから面接やESを書いていく人は、今一度ゼミの研究内容を復習し、専門的な単語を使っていないかや、専門的な内容を誰でもわかるように話すことはできるのかを見直して、就活に向けて準備していきましょう。

残した成果について

成果については人それぞれですが、結果が出たのであれば出し惜しみせずに伝えましょう。
これまで書いてきたとは、誰しもが努力をすることで話すことができるような内容でした。勿論、努力したことを相手にわかりやすく伝え、自分自身を見てもらうことも大切です。
それに加えて、もしその努力が成果に結びついたのなら堂々と就活の際にはアピールすべきです!
成果は誰にでも伝えることができる、努力の結果です。頑張ることは勿論大事ですが、その頑張りが実を結んだことや効率的な取り組みをしたことを伝えるためにも胸を張って面接官に話しましょう!

ゼミでの研究内容と業種が一致する場合

これまでは、ゼミの研究内容よりもゼミという活動を通して企業が就活生について何を知りたいのかについて記載してきました。
次に、理系の場合に多くみられる、研究内容が企業の業種と直結する場合について解説していきます。

これまでの研究内容を具体的に伝える

専門性を持った人材を企業が採用したい場合は、これまでに何を学んできたのかは非常に気になる情報です。
このような場合には、大学生活やゼミの中で具体的にどのような分野や専門内容について研究してきたのか、またどのような成果を残してきたのかについてわかりやすく伝えるようにしましょう。
あなたがどのような分野に対して興味関心を持ち、どれほど取り組んできたのか、どれだけ成長してきたのかは入社後の成長を考慮するうえでも重要な情報となり、採用にも関わってくると考えられるので重要なポイントの一つです。

これからの展望を考える

企業にとっては就活をしているあなたをあまり即戦力としては見ていません。しかし、どのように成長して戦力となっていくのかはとても気にしています。
そこで、ゼミで学んだ内容を踏まえて今後どのような成長を遂げていきたいのかについても話せるようにしておきましょう!
ゼミでどこまで学ぶことができているのか、そして企業に入社した際にはどのような成長を遂げ企業に貢献していくのかを伝えることで大きなアピールとなるでしょう。

大学生活の頑張りは裏切らない!

これまで伝えてきたように、企業はゼミでの活動を通して就活生の様々な能力や経験を聞こうとしています。
大学のネームバリューや研究内容に臆するのではなく、あなたがゼミという活動を通して何を学びどう変化したのかを今一度見直しましょう!
そして胸を張って企業に自身の学びを伝えきりましょう!