就活コラム

2019/03/11

インターン後の「お礼メール」を送るタイミングはいつ?書き方や例文を大公開!

インターンが終わったら、お世話になった企業の方へお礼メールを送るのがマナーです。これ、いつ送るべきかご存知ですか?
実は、翌日までに送るのが最適です。意外とすぐに送らなければいけませんね。
しかし、そうは言われても、

「どのように書けば良いか分からない」
と思う人がほとんどだと思います。
そこで今回は、
・お礼メールを送る理由、タイミング
・書き方のコツおよび注意点
・お礼メールの例文
の順番で解説していきます。
読めばすぐに書けるようになるので、最後まで確認してみてください。

そもそもお礼メッセージはなぜ送るの?

そもそもなぜ、お礼メッセージを送らなければいけないのでしょうか?
企業からすると、インターンには費用や労力といった負担がかかります。わざわざ自分たち学生のために負ってくれているわけで、それに対する感謝をしなければなりません。
もちろん企業側が感謝のメールを要求することはありませんが、受け取れば「この学生は礼儀をわきまえている」と判断します。とはいえ、こうしたお礼メールもビジネスでのルールに従ったものでなければならず、学生気分で書いてしまうと逆効果の場合も
いずれにせよ、インターンの実施期間に関係なく、感謝のメールは出しましょう。送らなくてもわからないだろうと思いがちですが、意外にも企業側も参加者のことは把握しているものです。
かといって難しく考える必要はありません。気持ちが伝われば十分です。

インターン後のお礼メールは誰にどのタイミングで?

お礼メールを出そうにも、誰にどのタイミング送るべきか悩ましく感じる人もいるはずです。特に、複数の社員にお世話になったら迷うでしょう。
結論からいえば、人事などの採用担当者が所属する部署に出すのが無難です。全員に送ってアピールするのもいいですが、人によって温度差もあるので、わざわざそこまでする必要性は低いですね。
次に、いつ出せばいいか。冒頭で述べたように、インターンが終わった翌日までに送るのが常識的です。さらに望ましいのはインターンを終えた日の夜ですが、会社によっては送別会をしてくれるケースもあるので、そういった場合は翌日の就業時間内に送れば問題ありません。
一方、翌日に出すのを忘れてしまう人もいるはずです。この場合は、気づいたその時点で、すぐにお礼メールを作成して出しましょう。タイミングを逃してしまうのは褒められたことではありませんが、多少の誠意は伝わります。

【インターンのお礼メール】書き方のコツ

では、実際どのような内容でお礼メールを送るのが良いのでしょうか?書き方のコツを説明していきます。

ポイント①感情を込めて感謝の気持ちを伝える

最初に、感謝の気持ちを伝えてください。
企業側は、インターンを開催するために多くの時間と人件費を割いています。ですから、「インターンシップを開催してくださりありがとうございます」のような内容で、会社や社員の方々にお礼の言葉を書きましょう。

ポイント②気づき・学びを書く

次に、インターンを通して得られた気付きや学びを書きます。
インターンシップは、社会人としての考え方やビジネススキル、仕事に関する知識などを、社会に出る前に少しでも身につけてもらいたいと企業側が思い、開催するものです。ですから学生は、「インターンシップで成長できました!」と伝えられる文章を書くのが大切。
「会社の魅力を知ってくれた」と思ってくれるので、何に気づき何を学んだかは具体的な方が良いのです。

ポイント③今後の自分にどう活かせるのかを書く

最後に、インターンから学んだことを今後どのように活かしていくのかを書きましょう。
就職活動における話だけでなく、社会人になるにあたっての内容も書けると、相手に好印象を与えられます。

【インターンのお礼メール】書き方の注意点

次に、お礼メールを書く際の注意点を紹介していきます。相手に失礼のないようにするだけでなく、わかりやすい内容にすることが大切です。

注意点①要件が分かりやすい件名にする

要件がわかりやすい件名にしましょう。
社会人になると、1日に何十件ものメールに目を通さないといけません。
そのため、「インターンのお礼メッセージだ」と一瞬でわかる件名にしておくのが丁寧です。社会人では当たり前のことなので覚えてきましょう。

注意点②宛名は略さない

宛名は略さず書きましょう。誰に対してのお礼なのか伝わらないと、送る意味がありません
宛名には、企業名と部署名はもちろん、担当してくれた方の名前と役職がわかっている場合はそれも書きましょう。名刺をもらっている場合は、名刺に記されている通りに書くのが無難です。

注意点③1日過ぎた場合はお詫びを添える

お礼メッセージを1日でも遅れて送信する場合は、お詫びの言葉を添えましょう。
社会に出たら、少しの過ちや失礼に対してもしっかりと謝罪することが大切です。遅れてしまった理由は述べず、簡潔に謝罪だけしましょう

インターン後に送るお礼メール【例文】

それでは、これまでのまとめとしてお礼メールの例文をご紹介します。

件名:インターンシップのお礼

株式会社△△△△

人事部 人事課

□□□□様

この度、貴社のインターンシップに参加させていただきました、
〇〇大学の××××です。

お世話になったお礼を申し上げたいと思い、ご連絡致しました。

この度は貴社のインターンシップに参加させていただき、
誠にありがとうございました。

今回のインターンシップでは、社会人としての考え方、仕事に取り組む姿勢、
そして貴社が提供するサービスの魅力を再確認いたしました。

目標に対して何が必要か考えてギャップを埋め、
自分の仕事は何を生み出すのか理解することの大切さを学ばさせていただきました。

この経験を糧に、就職活動に邁進していく所存です。

今回このような機会をいただけたこと、
改めて、今回このような機会をいただきありがとうございます。

会社説明会が開催される際には、
再び参加させていただきたいと思っております。

今後ともよろしくお願いいたします。

〇〇大学 ▽▽学部 ▼▼学科

××××

メールアドレス:abcd.hijk@lmn.op.qr

電話番号:01-2345-6789

まとめ

今回の記事では、インターンシップのお礼メールを送る正しい時期とその書き方を紹介しました。
ほとんどの人は普段メールを利用しない人でしょうから、覚えること、気をつけることがたくさんあったと思います。
お礼メッセージのコツと注意点は、社会人になった時にそのまま応用できるので覚えておいてください。