就活コラム

2019/06/25

インターンに参加したい!!参加前に準備することって?

「インターン始めてみたいけど、どこから手を付けたらいいのかわからない!」そんな思いを持った人は多くいるのではないでしょうか?
近年インターンの数も短期長期関わらず増加しており、学生にとってはインターンに挑戦するチャンスも増えてきています。そこで、インターンを始めようとは思っているが、ちょっと不安だなと思う人に向けて、インターンを始める前に準備しておきたいことについてご紹介します。

インターンに参加する目的設定をする

インターンに参加するうえで、まずは道具や知識よりも心の準備を整えましょう。
インターン参加を目指すうえで最初に必要になってくることは、インターンにおける目標や目的を明確にすることです。インターンは、実際に企業の社員と一緒に働く職業体験の機会であると同時に、自己成長をすることのできる機会でもあります。ですから、なんとなくな思いでインターンに参加するのではなく自身が参加するインターンからどのような学びを得たいのかどのような長所を伸ばしたいのかどんな苦手を克服したいのかなど、目的や目標を明確に描くようにしましょう。そうすることで採用される段階でも、より自身の目的を明確に伝えることができます。またなぜ自社なのかを企業の担当者に理解してもらうことで採用されやすくなるでしょうし、実際に働くようになってからも、時間を無駄にせず価値ある時間を過ごすことができるのではないでしょうか。

(参考記事:インターンに参加する目的を明確にしよう!

インターンプログラムの情報収集

目的を設定した後は、どのような経験が目的達成につながるのかを考えてインターン先の企業を探しましょう。
同じ「インターン」という表現でもその中身(プログラム)は企業によって様々です。インターンプログラムが綿密に組まれているところでは、決まった仕事や役割が振られるので、暇な時間や何もせずただぼーっとしている時間はなく、採用以前の段階から思い描いていた経験を得られる可能性が高いでしょう。もちろん、プログラム内容が決まっている場合はほとんどその内容しか機会を与えられることはないとも言えるので多様な経験であったり、インターン中のステップアップがしづらいことも考えられます。

一方でインターンプログラムがあまり組まれていない企業もあります。そのような企業ではインターン生をアルバイトのように扱い、単純労働の繰り返しをさせられてしまう場合も考えられます。そのような、求めている機会が提供されないところにいては限られた時間がもったいないので事前の調査が重要になります。もちろん、プログラムが綿密に組まれていないからこそ、個人の「やりたいこと」が尊重されたり通用したりすることもあるので一概にダメとは言えません。
つまるところ、自身の目的に対して企業の用意しているインターンプログラムが対応しているのかを見極め、応募するようにしましょう。

企業についての情報収集

インターンに参加するためにも自分に最適な企業を探しだし、採用してもらうことが重要です。そのためにも、就活と同じようにとは言わないまでも企業の情報収集を徹底しましょう。距離やネームバリューだけで企業を選んでしまうとイメージとずれてしまい時間の無駄遣いをしてしまったり、的外れな話をして面接で落とされる可能性もあります。興味を持った企業については、展開している事業について把握したり、特に成果を残している事業は何かを調べるたりすることで今の企業の注力していることがわかり「今うち、その事業止めてるんだよね…。」なんて自体になることを防ぐことができるでしょう。

また、企業のIR情報も把握しておくとその企業の業績の成長率や安定度合も知ることができるのでチェックしてみましょう。

ちょっとしたことだけど大事な準備

交通機関を把握しておく

インターンの面接に向かうための交通機関を事前にリサーチしておきましょう。多くの場合は日頃の通学とは異なる時間帯やルートを通るでしょう。電車の込み具合や遅延しやすいのか、乗り換えの距離はどれくらいなのかなど事前に把握しておくことが必要です。油断していると、うっかり乗り換えに間に合わなかったり遅延に巻き込まれたりして面接に間に合わなくなってしまう可能性があります。面接の相手は社会人として働いている貴重な時間を割いてくれています。採用されるためだけでなく、相手への誠意も含めて遅刻しないようにも、事前に交通機関を把握しルートをチェックしておきましょう。

自己紹介を考えておく

社員の方からすると、インターン生は数多く出会う学生の中の一人です。少しでも強く印象を持ってもらうためにも、事前に自己紹介を考えておきましょう。学校名や名前、意気込みなど簡単なもので良いのでハキハキと相手に伝えられるような挨拶の準備をしておきましょう。

質問を作っておく

面接に挑むにあたって質問を事前にいくつか用意しておきましょう。質問を用意していく目的は大きく分けて2つです。1つは企業から本当に関心のある学生だと思ってもらうためです。少しでも興味を持っていると思ってもらうためにも質問を積極的にしていきたいですね。ですが、いざ面接となったときや社員の方と話すとなると緊張してうまく質問が浮かばないことも考えられます。そのようなときでも質問をしていくために事前に話されそうそうなことに対して質問を用意しておきましょう。2つめは聞き逃しを防ぐためです。インターン参加にあたっての条件は様々なサイトにも載っていますが、同じ企業でもインターンのプログラムによって求めるコミット量や賃金が異なることはあります。また、大学生活を過ごす中で部活やサークルの活動、海外旅行などでどうしても1週間丸ごと働けないときもあるでしょう。そのようなときに休むことは可能なのかなど、事前に聞いておくべき情報をメモしておき、面接の際に聞くようにしましょう。そうすることで、採用後もお互い期待のずれなく働くことができます。

身だしなみ、持ち物チェック

インターンを始める前からはもちろん、インターンを始めてからも実際に必要な身だしなみについて解説していきます。

髪型

【男性編】
男女問わずではありますが、清潔感がまず何より大事です。髪を長くのばしたりぼさぼさしておくのではなく、短めにカットし襟足やもみあげの長さにも気を配りましょう。また、髪の毛をセットすることも忘れないようにしましょう。がちがちにセットする必要はありませんが、最低限の身だしなみとして髪の毛を整えているとわかるようにワックスやジェルなどで髪の毛をセットするようにしましょう。

例えば前髪を上げ、おでこを出すことによって相手に対して明るい印象を与えるようにしてもいいですね。また、業界や企業によって許容の範囲は異なりますが、髪の毛の色はもちろん黒か暗めの色にしておきましょう。
【女性編】
女性の場合も男性と動揺で清潔感を大事にしましょう。また、髪を伸ばしている場合はまとめるようにしましょう。その際、ポニーテールにしておくなどオシャレよりも清潔感を重視した髪型にするようにしましょう。前髪についても、目にかかったりぱっつんにしておくのではなくきちんとセットしておく方が望ましいでしょう。

髪の色については、一般的に男性よりも明るさが許容される傾向にありますが、華美な色はNGですので暗めにしておく方が安心でしょう。

男女問わずとも清潔感のある髪型、色を意識する様にしましょう。

服装

インターンの面接時の服装はスーツまたはビジネスカジュアルにしましょう。スーツでもジャケットの色は黒や紺、濃いグレーなどがいいでしょう。成人式や大学の入学式用で買ったスーツがストライプが入っているものや華美な色のスーツであれば、就活に備えて買い替えるのも一つではないでしょうか。

また、ビジネスカジュアルにしても襟がついたものにする、靴は革製にしておくなど気を使いましょう。ベンチャー企業では社員の方がラフな格好で働いている場合もありますが、面接機会など初めて会う機会ですのでフォーマルな服が望ましいですね。きっちりした格好もできるという印象を与えるようにしましょう。

また、女性はアクセサリーにも注意です。着用禁止という企業はあまり多くないでしょうが、身に着けるアクセサリーはできるだけ小さく目立たないものに限定しましょう。

持ち物

・カバン
カバンは自立することができる黒を中心に華美ではないものを選ぶようにしましょう。また、サイズもA4の資料を折り曲げずに入れることができるものを選ぶようにしましょう。企業から配布される資料のサイズはA4のことが多いので、折り曲げずにしまえるようなサイズのものを選んでおきましょう。
・筆記用具/ノート
面接の際にはノートとペンは必須です。社員の方が話す内容などを必ずメモするようにしておきましょう。また、事前に考えていることを忘れずに伝えるために事前にメモをして持っていってもいいでしょう。
・ハンカチ
ハンカチないしハンドタオルは必須で持っていきましょう。面接中に汗をぬぐう、お手洗いの後に手をふく、うっかりティッシュを切らしたときの代替にと用途は様々で便利なものですので必ず持っていきましょう。
・印鑑
もしかしたら面接したその場で印鑑を押すときが来るかもしれません。面接後の移行をスムーズにするためにも印鑑を常に一つ持っておくと便利でしょう。
・腕時計
ビジネスアイテムとして必須アイテムの一つです。時間をチェックするためだけでなく、ビジネスマナーとしても身に着けておくことが大切です。今どきスマホがあれば時間はわかるし…と思うかもしれませんが、あくまで自分はみられる側です。まずは相手の基準に合わせましょう。
・汗拭きシート/制汗剤
身だしなみを整えるのに便利なグッズです。夏の暑い時期は駅からオフィスまでの移動で汗をかくことも多いでしょう。そこで汗拭きシートや制汗剤を用いてすっきりした見た目で面接やインターンに臨むようにしましょう。汗拭きシートなどはタオルで拭うよりもすっきりして効果的ですね。
・替えのストッキング(女性のみ)
こちらは女性のみに該当しますが、ストッキングの予備を持っていきましょう。ちょっとしたことで伝線してしまうので、身だしなみを整えておくためにも一つ予備を持っておくといいでしょう。

身だしなみや持ち物についてポイントを記載してきましたが、より詳細な情報が知りたいという方はこちらの記事をチェックしてみてください!

まとめ

いかがでしたか?インターンを始めるにあたっての準備は、インターンという経験の成功の可否を大きく左右します。事前準備や当日の準備を入念にしてインターンの機会へと取り組んでいきましょう。