就活コラム

2019/06/12

「インターンを探すうえで大事なこと」

依然と比べて、ネット記事や就活サイトなどでも目にする機会が増えたインターン。言葉は知っているけれど、インターンって何なのだろう?有給インターンなんて目にするが、アルバイトとは何が違うのだろう?インターン始める前ってどういう心構えいるんだろう。そうした疑問について、解説していきます。

インターンとアルバイトの違い

では、インターンとはどんなものなのでしょうか。有給で働くもの?成長できる機会?などなど色々な意見はあると思いますが、そのすべてが正解です。何しろ、インターンに明確な定義は設けられていません。つまり、企業がインターンと掲載すればその機会はインターンとなりますし、企業がアルバイト募集という形で掲載すればその機会はアルバイトとなります。

 試しに以下の表から合致するところを〇、合致しないところには×を付けてみてください。

項目 アルバイト インターン
短期 長期
時給や日給といった金銭が発生する。
成長機会となる。
時間的拘束がきつくない。
裁量権のあるタスクを任せられる。
就活に有利である。
学業との両立に支障がない。

 

いかがだったでしょうか?それぞれに自信をもって〇/×を付けることができましたか?迷うところも多かったのではないでしょうか?

バイトにだってインターンにだってお金は発生します。バイトだって成長機会になりますし、インターンで週〇日コミットメントするのかも会社によってまちまちではないでしょうか。

 

つまりは、皆さんが今後インターンに参加しようと思う際に大事になるのは「インターンに参加することではなく「参加するインターンに何を求めるのか」と目的を持つことです。

 

~インターンの機会はなぜ増加したのか?~

なぜインターンの機会は増加してきているのでしょうか。そこには社会の流行と企業の思惑が隠されています。

社会の流行というのは、そもそも今の時代の流れがインターン数の増加に追い風になっています。以前は「海外」や「留学」がよく謳われていましたが、「インターン」はあまり広まっていませんでした。ところが、海外では盛んにインターンはおこなわれているという話が広まると、それに追随するように日本でも2000年代から少しずつ流行していきました。すると、周りがしているのに自分がしていないのは嫌だと思うところが日本人です。そうして今ではインターンという文字は当たり前に目にするようになっていきました。しかし現状としては、海外の真似事として取り入れたため”インターン”とは名ばかりの労働も多く存在しています。(詳しくは次項へ!)

また、企業の思惑もインターン数が増加している背景の一つです。企業にとってはインターンというのは、業界を認知してもらうためや会社の風土を学生に知ってもらうこと等が主な目的として運営されています。しかし、企業にとってインターンはそれだけでなく貴重な広報手段としてインターンを採用しているところも多くあります。多くの場合、学生が企業の存在を知るきっかけは就活サイトやネット、テレビなどの広告です。しかしこれらの広告媒体は就活を始めないと目にすることがなかったり、多額の費用を払う必要があるなど「企業から学生にアプローチ」するために多くのコストがかかります。一方で、インターンという名で仲介サイトや求人サイトに載せることで就活生など限られた層ではなく、より多くの「学生から企業にアプローチ」が来るようになっています。実際1Dayインターンを代表とした学生が気軽に参加できるものは、企業にとってはインターンというツールを使って学生と接点を持つことができるので、広報目的として活用している場合も多くあります。

これらの背景から近年はインターンが企業にとっても学生にとっても身近なものとして数が増加しています。さらに、近年では採用形態の多様化や一括採用の抜け道としてインターンからの新卒採用という手段をとるようになっていったこともインターンの増加の要員として挙げられます。

 

インターンの目的とは?

ひとえにインターンといっても様々な種類があります。1Dayインターンの場合は多くがグループディスカッションを行ったり、企業の説明を受けるなど企業や社会を触れてみるという場合が多くなっています。他にも長期の有給インターンでは長期のコミットメントの代わりに成長を主眼に裁量権を与えられたり、実際に社員のように仕事を任せられる場合もあります。(ここにインターンの種類についての記事のリンク)

 

学生のニーズをインターンは満たすことができるのか

ではインターンに参加する学生は何を求めてインターンに参加しているのでしょうか。もちろん人それぞれではありますが、業界のことを知りたい、社会で働いてみたい、インターンに参加した経歴を付けたいなど様々なことが挙げられます。ここで問題となるのが、果たして各学生のニーズがすべての企業のインターンで満たされるのかという問題です。企業や業界のことを知りたいのに、グループディスカッションや企業の説明を受けるだけでその業界や企業のことを理解できるのでしょうか。例えば、オープンキャンパスや体験授業で思い描いたイメージと今の大学生活は一致していますか。決して1Dayインターンなど短期のインターンが問題というわけではありません。企業の説明を受けたり、初対面の人たちとのグループディスカッションなど就活にもつながるような機会となります。しかし元々求めていた目的は達成されるのかというところが問題です。

一方長期のインターンでも、成長を求めて参加した学生が望んでいた成長機会を得られるとは限りません。前項で述べたように、企業から与えられる仕事は単純業務も多くあるといった単純労働になってしまうケースや、社員からのフィードバック機会が少なくひたすら作業を続けているだけといったケースもあります。しかし、長期で有給となると契約の問題などから心理的に辞めにくいことや、責任だけ増えていくことが考えられます。(長期インターンは有給とは限らず、薄給のケースや無給のケースもあるので、探す際には十分注意しましょう!)

このように、学生が求めるものと企業が提供するものが必ずしも一致するとは限らないことが非常に問題です。ここで大事になることが、自身の目的の明確化とその目的を満たしてくれる企業探しです。目的が漠然としていると、インターンに参加しても「なんとなく満足だけど、何か足りない…」という心境になるのではないでしょうか。短い学生生活だからこそ、自らの時間という資源を最大限配分していくようにしていきましょう。

 

これからインターンに参加しようと考えている人へ

インターンに参加するにあたって何よりも大事なのは上に書いた通り、何を求めて何のためにインターンに参加するのかという目的を明確に持つことです。その目的に対してインターンであれアルバイトであれ最適な機会を選択することが一番大事なのです。どんな経験をしたいのか、どんな成長をしていきたいのか、より自身がどんな機会を得たいのかを明確にしてから、自身のニーズに沿ったインターン探しを始めていきましょう。