就活コラム

2019/07/12

SPI対策をしよう〜エントリーで足切りされないために〜

就職活動において、適性検査をクリアしなければ、面接の機会を設けてもらえないことがほとんどです。特に大企業では、採用活動の効率上、適性検査で志願者の足切りをしています。つまり、自己アピールや志望理由を考えるだけでなく、適性検査の対策もする必要があるのです。そこで、本稿では適正検査で一般的に用いられるSPIの対策について述べていきます。

適正検査の種類

適性検査には代表的なSPIの他にも様々な種類があります。

TAP…大学レベルの問題がでる

SCOA…回答の速さを求められる

玉手箱…WEB受験で最もポピュラー

CAB…IT系でよく使用される

GAB…最も難しいと言われる

TG-WEB…外資系企業でよく利用される

SPIと玉手箱対策をしておけば、約80%の企業の適性検査がカバーできると一般的には言われています。
しかし、それぞれのテストで出題される問題や回答方法が異なっているため、志望する企業に合わせて準備をする必要があることを念頭におきましょう。

SPIとは

それでは、今回ご紹介するSPIとはどんな適性検査なのでしょうか。

SPIはリクルートが提供している、Synthetic Personality Inventory(総合適性検査)の略称です。

SPIの2つの特徴として、

➀制限時間があること

➁正答率で難易度が変わること

が挙げられます。

一問ごとに制限時間が設けられ、タイムリミットが過ぎれば強制的に次の問題に切り替わります。
そして、正答率が低いと、より配点の高い問題、つまり難しい問題が出題されてしまいます。

なので、SPIでは、じっくりと考えることよりも、テキパキと問題を素早く、そして正しくこなしていくことが大切だと言われています。

受験方法

SPIの受験方法は主に3つあります。

➀テストセンター
【方法】リクルートが設置したテストセンターに出向き、パソコンで受験をする方法です。
センターは札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡に常設されていて、繁忙期のみその他の県にも設置されます。
受験前にテストセンターのホームページから予約を行い、指定の時間に受験をします。

【所要時間】能力検査35分と性格検査30分です。

【ポイント】テストセンターでの受験の場合、SPIの結果が使いまわせることがポイントです。
なので、どこかに通過したSPIの結果を使い回せば、選考に残る可能性が高くなります。逆に、結果が芳しくないと思えば再度受験することが可能です。

➁ペーパーテスティング
【方法】企業や企業に指定された会場で他の受験者と一斉に紙ベース、マーク式のテストを解くものです。

【所要時間】能力検査70分と性格検査40分です。

【ポイント】筆記用具をお忘れなく

➂Webテスティング
【方法】一番主流の受験方法です。インターネット環境が安定している場所ならどこでも受験可能です。

【所要時間】能力検査35分と性格検査30分です。

【ポイント】友人に手伝ってもらうことや替え玉受験が可能です。しかし、自分の実力よりもとてもいい結果が出てしまうと怪しまれてしまうのでお勧めしません。また、スマホでの受験はできないので注意してください。

性格検査の対策

はっきり言って性格検査は対策のしようがありません。大切なのは正直に答える心構えのみです。
企業が求める人物像に近づけて答えようとすることもできますが、嘘を見破るライスケールの存在に注意しましょう。

ライスケールとは、複数の回答の一貫性を示す指標です。つまり、嘘なく回答しているかを判断されます。

例として「一人でじっくりと取り組むことが好き」という質問に「当てはまる」と回答した後に、「チームワークで結果を発揮できる」という質問にも「はい」と回答してしまうと、回答内容に矛盾が生じ、「嘘をついている」「自分のことをよくわかっていない」とライスケールに判断されてしまう恐れがあります。

このように性格検査では、回答の一貫性が重要です。

また、採用だけではなく、入社後の配属先に関わるケースもあるので、自分のためにも素直に回答することをお勧めします。

能力検査について

さて、ここからが本題です。

能力検査の科目は以下の4つがあり、企業が学生に求める能力に応じて、これらよりいくつかの科目が出題されます。

①言語

②非言語

③英語

④構造的把握力

[①言語]…国語力を見るための科目で、以下の8種類が出題されます。

二語の関係、語句の意味、語句の用法、分の並び替え、

空欄補充、熟語の成り立ち、文節の並び替え、長文読解

[②非言語]…問題は30種類ほどあります。基本的には中学3年生までの数学の知識で解ける問題です。
文系の皆さんはほとんど忘れている方も多いと思います。しかし、基本的な問題ばかりなので、中学レベルの数学の復習をすれば慣れてくるでしょう。

[③英語]…外資系や海外との取引が多い大企業などが英語を出題する傾向にあります。
語彙、文法、英訳、長文読解などの主にリーディング力を問われ、センター入試を経験した人ならばそんなに難しくはないと言われています。しかし、大学入学後長い間英語に触れていない人たちは対策をお勧めします。特に多くの人のネックになるのがこれら4つの中でも長文読解です。
長文読解は最後に出題されることが多いので、時間配分を考慮し、長文に多くの時間がかけられるようにすることで、他の受験者と点数の差を作る事ができます。

[④構造的把握力]…構造的把握力とは、物事の大枠や本質を掴む力と言われています。
数学の展開図のようなものをイメージする人も多くいますが、それは非言語で出題されます。
具体的には、「文章問題の仕分け」と「文の仕分け」の2種類が出題されます。「文章問題の仕分け」では、与えられた選択肢から文章の構造が似ている文章を選ぶもので、「文の仕分け」は、複数の文の中から似ているものごとにグルーピングするものです。

と言ってもわかりづらいので、実際に例題を見てみましょう。

「文章問題の仕分け」例題

次の ア ~ エ の中から, 問題の構造が似ているもの を 2 つ選べ.
【ア】 はるおくんは 150 円, あきおくんは 70 円持っています. 2 人合わせていくら持っていますか.
【イ】 70 円のお菓子を買うのに 150 円出したら, おつりはいくらですか.
【ウ】 はるおくんは分速 150 m, あきおくんは分速 70 m で, ある地点を同時に出発して一直線に同じ方向に進みます. 出発してから 10 分後に 2 人はどれだけ離れていますか.
【エ】 なつこさんは 20 歳, ふゆこさんは 19 歳です. 2 人の年齢の和は何歳ですか.

[解答]

アとエ

[解説]

アは、150+70 エは、20+19 と同じく「a+b型」だからで、このように実際に問題を解くものではなく、問題を解くプロセスを考慮して解答します。

「分の仕分け」例題

指示: ア ~ オ は, 2 つのことがらの関係についての記述である. その 関係性の違い によって, P と Q の 2 グループに分けなさい.
【ア】 ちゃんと勉強すれば, 満点とれるよ.
【イ】 私が鳥なら, あなたのもとへ飛んでゆく.
【ウ】 1 ヶ月たったら, 忘れちゃう.
【エ】 俺が死んだら, 遺産は全部くれてやる.
【オ】 どんな願いも叶うなら, 3 歳くらいから人生やり直す.

[解答]

「条件 (~のとき) / 結果」 : ア, ウ, エ ⋯ Q
【ア】「ちゃんと勉強したとき / 満点とれるよ」
【ウ】「1 ヶ月たったとき / 忘れちゃう」
【エ】「俺が死んだとき / 遺産は全部くれてやる」

「仮定 (もし~なら) / 結論」 : イ, オ ⋯ P
【イ】 「もし私が鳥なら / あなたのもとへ飛んでゆく」
【オ】 「もしどんな願いも叶うなら / 3 歳くらいから人生やり直す」

引用はこちら

4つの科目の中で、構造的把握力は多くの人にとって一番やり慣れない問題ですので、きちんと対策しておくことをお勧めします。

能力検査の対策

能力検査は、あなたの努力次第でいくらでも伸ばす事が可能です。
では、どのように対策をするのが良いのか4つのポイントごとに解説していこうと思います。

1.志望する企業の出題する問題、受験方法を把握する
もし、今の段階で行きたい企業があるならば、前年度までにどのような適性検査が実施されたのか情報を集めましょう。
上でも述べたとおり、「そもそもSPIなのか」「どの科目が出題されたのか」「受験方法はなにか」この3つをポイントに情報を集めましょう。

現時点で進路を絞っていない人は全ての科目を全般的にできるように均等に目を通しましょう。

2.一度問題を解いて苦手を把握する
まずは一度、SPIを解いてみましょう。この時、本番のように時間も測れると理想的ですね。自分の得意不得意の科目、さらに科目の中でもどんな問題に弱いのか知っておくと、これからの勉強が効率的です。

3.苦手な問題をきちんと理解する
苦手な問題を時間をかけてきちんと理解する事が大切です。解答の解説だけで理解できなければ、中学の教科書に戻ってみたり、周りの友人に教えてもらいましょう。

4.あとは徹底的に問題集をやりこなす
問題集をなんどもやりこなす事で、SPIという試験に慣れるほか、時間内に完了させるための自分のリズムができてきます。上でも言いましたが、SPIは時間との勝負です。素早く的確に解答する練習を行いましょう。

伝えたいこと

自分が難関大学出身でないと、倍率の高い企業はエントリーしても無理と諦めてしまう人が多いです。また、学歴フィルターというものが足切り材料として存在していることも否定できません。
しかしながら、学歴に自信がなくても、SPIである程度の得点を取れるようにしておくことで、エントリー段階で足切りされるリスクを低くすることができます。

人より準備をした人が勝つのが就活です。早いうちからコツコツとSPI対策をすることをお勧めします。

準備をしたら力試しをしてみましょう。模擬試験を受けることで足りない部分が分かり、効率的に進められますよ!→SMART SPI-G