就活コラム

2019/05/15

やりたいことの見つけ方

就職活動をしていて多くの就活生が悩むのが『将来やりたいこと』です。

一概には言えませんが、誰もが一度は将来の夢を考えたことがあると思います。しかし、いざ自分が人生を大きく左右する就活の時期になるとその夢を自分のやりたいこととして継続させられる人は多くないでしょう。

誰もが現実との兼ね合い、例えば給与や福利厚生などを意識し、悩みます。けれども、この『やりたいこと』を悩みながらも就職活動中にある程度考え抜いた人とそうでない人では選考時での説得力に大きな違いが出てきます。

また晴れて内定を勝ち取ったあと、実際に新社会人として働き始めてからの指標にもなってきます。様々な不安を抱えているかもしれませんが、本来自分の将来を考えることは楽しいことです。小学生、中学生など、自分の将来を思い描いていた頃に一度立ち返り、楽しみながら『やりたいこと』を見つけましょう。

ここでは『やりたいこと』を考えていく上で手助けとなる4つの要素をご紹介します。

世の中を知ろう

まず始めにすべきことは、“世の中”を知ることからです。

“世の中”についてなんてすでに知っているという人もいるかもしれません。しかし実際に働いている人と関わる機会というのはどれくらいありますか?また、実際の仕事の場に入って業務を経験したことがありますか?

このように、ほとんどの人が“世の中”を想像できる程度の経験しか持っていません。

その穴を埋める一つの方法として注目されているのがインターンです。実際に就職する前に各企業の業務の一部を経験し、学生と社会とのギャップを埋めるのが目的です。

しかし沢山のインターンに参加し社会を経験するのは、忙しい学生にとって現実的ではありません。

そんな忙しい学生さんが手軽に企業を知る方法として有効なのは、社会人と話す機会を持つことです。年代は幾つでも構いません。とにかく話す機会を作ることが大切です。

SNSを利用しネット上で会話をしてみたり、社会人がいる場(飲み屋等)に友達と行ってみたりなど手段は様々にあります。

もう一つ簡単にできるものとして、仕事に密着したテレビ番組等を視聴することです。実際の仕事の場ではどのようなことが起き、どのようなプロセスでそれに対処するのか。そのスピード感や流れを見ておくことである程度は社会についての理解を深められます。

『やりたいこと』探しの第一歩は、漠然としている“世の中”を知ることから始まります。その“世の中”において、自分はどのようなところで、どのような人に対して、どのような方法で、どんな影響を与えたいかを考えます。

一度に全てをこなすのは難しいかもしれません。ですが興味のある分野をもう少し詳しく調べる等、試行錯誤しながら社会を深掘りしていくとよりスムーズに『やりたいこと』を発見することができます。

自分自身について考えよう

“世の中”をざっくり理解したら、次はその中で動く自分自身について考えていきます。俗にいう「自己分析」を徹底的に行うのです。

自己分析で必要となるのは、行動・判断の源になる自身の欲求について知る事と自分自身の強みを知る事です。この2点を知ることで、自分がどこで誰に、どうやって、どんな影響を与えられる、もしくは与えたいのかをより深く考えることができるようになります。

人はそれぞれ何かしらの欲求を抱えています。この欲求が違えば、同じ場面に即した際の動き方が大きく異なります。

例えば失敗した時の行動ひとつ取ってもそうです。誰にも負けたくないという負けず嫌いの人は人一倍悔しがり、二度と同じことを繰り返すまいと血の滲むような努力をするでしょう。逆に好奇心旺盛な人は、原因を究明することで次に生かそうという発想の方が強く出るためそこまで悔しがらないかもしれません。

このように、欲求によって人は行動の仕方が変化していきます。この違いが『やりたいこと』を考えていく際のヒントになります。

負けず嫌いの人は、なにかの分野において一番になりたい、誰も考えたことのないサービスを作りたいとなるかもしません。好奇心旺盛な人は、自分の知識を活かしつつ誰かの役に立ちたい、常に発見に満ちたことに関わっていたいと思うかもしれません。

欲求は十人十色です。自分は過去の出来事に対してどう感じ行動したのかを考えることで知ることができます。

自分の強みは、自分一人で考えているだけではなかなか知ることはできません。他者との違いの中で長所は発見できます。他の人から「そんなに良く頑張れるね」などと言われるけれど自分のなかでは当たり前のことでそんなに頑張っていないと思うことこそあなたの得意とすることです。

言い換えると人より少ない努力量で人より成果の出やすいもののことです。それを意識した上で『やりたいこと』を考えると、こんなことが得意だから、こんなことで役に立てるなら、と自分を中心として、“世の中”との付き合いかたを考えることができるようになります。

ここで紹介した自己分析の方法をこれから「会う」、「話す」、「知り合う」社会人で行ってみるのも良いでしょう。そうすることで、この人はこんな欲求や強みを持っていてこんなことをやりたいと思っているんだと、より具体的に社会の流れを読むことが可能になります。

自己分析のやり方はこちら→もう悩まない『自己分析』

興味を持ったことのリストを作ろう

日々の中で自分自身が興味を持ったことをリストにしてみましょう。これは自分が“世の中”のどういうものに惹かれるのかを知るために役立ちます。

生活していると、毎日いろいろな情報に触れると思います。携帯電話で目についた事、本で読んだこと、テレビで観たこと、友人と話した事。どんな事でもいいのでとにかく書いていきましょう。

加えて、それに対して自分がどのように感じたのかを書けるようになるとなおさら良いでしょう。自分がどんなものに好奇心を刺激され、それは何故なのかというデータを沢山集めるとふとそれらに共通点があることに気づきます。それを足がかりとして、一つ目、二つ目に紹介したことと絡めていくと、より明確に『やりたいこと』を発見していくことができます。

頭の中でリストを作るのではなく、紙に実際に書くことで考えがより広がりやすくなります。ペンと紙をポケットに忍ばせて日常を観察すると良いでしょう。

憧れの人を見つけよう

憧れの人を見つけるということは、言い換えると、自分もこうなりたい!という目標とする人を見つけるということです。これは、ここで紹介する中で最も難しいことかもしれません。しかし仮に発見することができれば、『やりたいこと』探しの近道になります。

この人のようになりたいと思うことは、もうすでに立派な『やりたいこと』です。ここで紹介をしてきた段階を踏んでいる最中で見つかることもあるかもしれません。

もしそんな幸運に恵まれたなら臆せずコンタクトを取ると良いでしょう。なかなか忙しくて会えない人もいるかもしれませんが、メッセージなら返してくれるかもしれません。もしかしたらさらに『やりたいこと』を明確にするヒントをくれるかもしれません。

世の中と自分との関係を考えよう

『やりたいこと』は、世の中を知り、自分を知り、また他者を知ることで自ずと見えてきます。

すんなりと答えが出ない人もいるかもしれません。けれども大丈夫です。ここで紹介した要素について考えた上でもまだ悩んでしまう人は、情報がまだ足りていないだけです。ある程度どんなことをしたいのか方針を決めて、社会に飛び込んだのちに固めていっても全然問題はありません。

自分の将来を決めることは、本来であれば楽しいことのはずです。気楽に、そして柔軟に世の中と自分との関係を考えていきましょう。